に投稿 コメントを残す

在庫が増えたり減ったりする理由

 

在庫管理アドバイザーの岡本です。

在庫の悩みは古くて新しい問題と言われています。

多分、商売が始まってからずっとある問題じゃないかな?

と思います。

ところで、在庫はなぜ生まれるかご存知ですか?

在庫は、次の式で表すことができます。

在庫=入庫ー出庫・・・(A)

つまり出ていかない入ったものが手元に滞留する

在庫になります。

滞留しなければ在庫になりません。

また、在庫は次のように表すこともできます。

在庫=需要予測-実需要・・・(B)

つまり、在庫は予想と現実が乖離した時に

生まれるものというとらえ方もあります。

 

AとBを組み合わせて考えてみると、

在庫は需要予測に基づいて入庫するから生まれる

という見方ができます。

いずれも入庫が問題になります。

品種が多いとか、どんな注文が来るのかわからない

というのは言い訳にしかなりません。

入庫の問題を解決する方法は、2つしかありません。

  1. 需要予測を止める
  2. 需要予測の精度を上げる

1の場合は、注文が来たら発注を出すという

方法です。

このようなことをやっている業界は、

製造業では、大型の造船、建設業など

身近な例だとオーダーメイドの服を挙げることができます。

数量限定生産品などもこれに挙げられるかもしれません。

2の場合、精度を上げる方法は次の3つです。

  • 過去の実績を分析する
  • 販売先から内示をもらう
  • リードタイムを短くする

 

何もやっていないのであれば、何か手を売ってみる価値はあります。

 

運営サイト:在庫管理110番

在庫、在庫管理、在庫分析に関する情報をたくさん

掲載しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です