「在庫管理」で工場を強して利益率を上げる方法|在庫管理110番



在庫管理で工場を強くする

工場を強くする方法は色々あります。
私が注目したのは在庫です。
過剰在庫や欠品で悩んでいる企業様が多いことに気づきました。
個の悩みを在庫管理で解決すれば、売上を上げることも、今ある
売上から利益を生むことができます。

在庫管理を行うことで、必ず工場は無駄な
ぜい肉が取れて、生産性が高く、資金が潤沢にある
どんなことにも負けない筋肉質の強い工場になります。

利益率の向上

在庫管理で工場を強くして利益を増やす

在庫管理をすることで、在庫管理にかかっている費用を削減することが
できます。在庫は持っているだけで、費用が流出していきます。
その理由は、管理に費用が掛かっているからです。

在庫管理でかかるコストはこちら

在庫に潜む3つの無駄

在庫管理のコストダウンを妨げる無駄な行為はこちら

在庫管理の4大ロスとは

在庫管理を徹底すると、無駄な作業や事務処理が減るので効率が上がります。


売上の向上

在庫管理で工場を強くして売り上げを上げる

無駄な在庫を仕入れなければ、現金が手元に残ります。
在庫は、製品の材料という用途に限られますが、現金の用途には制限がありません。

現金があれば、設備や人員など生産能力を上げたり、新規製品の開発や販売のための投資ができます。証券に変えることで、運用も可能です。

在庫管理で競争力と信用力を高める

在庫は工場の活動を反映する鏡です。
在庫から工場を眺めてみると色々なことが見えてきます。

整然とした工場は、高品質製品を生産している工場で
あるという印象をお客様に持ってもらえるので、信頼性も
高まります。

もちろん、利益と売上があがるので、競争力が上がり
他社に負けない工場になります。

強い企業は必ず在庫管理を徹底している

製造業に限らず在庫管理を徹底している企業は、
とても強いのが特徴です。やり方には賛否両論あ
りますが、どんなことにも負けない強さがあります。

  • トヨタ自動車
    ジャストインタイムによる、必要な在庫量を徹底的に少なくする
    仕組み、カイゼンにより、仕掛品を減らし、製造リードタイムが短縮し、
    生産性を高めている。
  • アップル社
    1995年ころには倒産の危機にあったが、商品点数を減らして、
    在庫回転率を高めるとともに経営資源を集中させることに成功。
    結果的に、iphoneという大ヒット商品を生み出し、時価総額世界
    一の企業に変貌。より詳しい事例紹介はこちら
  • コストコ
    広い店内にも関わらず、商品点数は約3,000点。
    同業種のイオンの商品点数が約30,000点とのことなので、
    その少なさが際立つ。商品を売れ筋のみに絞ることで、余剰在庫を
    抱えない。さらに、大量仕入れができるので、製品を安く販売でき
    るため集客にもつながっている。

在庫管理を愚直にしっかりとやれば、
利益率が高く、必要な投資を素早く行い売上を
どんどんあげていき、顧客からの信用力も厚く、
他社に負けない競争力を得ることができます。

不良在庫を減らし利益が出る会社を作るために

在庫管理は100社あれば100通り。
他社の話を聞いても、「うちの会社とは違う」と
思うのは当然です。

自社に合った在庫管理をやるためには、
基礎的な考え方・知識をしっかりと理解して、
自社に応用する力を身につけなければいけません。

在庫管理110番は「強い工場」作りを
支援するための在庫管理講座を開講しています。

  • 在庫管理セミナー
  • 1DAY集中在庫管理講座

在庫管理とは何か?
という根本に徹底的にこだわった内容で、
参加者からはシンプルで分かりやすいと
好評をいただいています。

在庫管理に学びの場を!

在庫管理改善支援センターは、在庫管理に解決策が見出せず
お悩みの経営者、担当者向けに「学びの場」を2つご用意しました。

在庫管理講座に行く時間が無い方
ご自宅で学びたい方に
在庫管理の教科書のご案内

講師から直接学びたい方に
短期間で学びたい方に
在庫管理セミナー



在庫管理で工場を強くするの関連ページ