在庫管理の生産性向上と資金繰りの改善

企業の資金繰りや、キャッシュフローに最も大きく影響する在庫管理。常に、一定量の在庫を保管する必要がある卸売業や製造業の経営者や在庫管理責任者は、在庫管理の生産性を向上させるためのポイントを把握しておかなければなりません。

ここでは、在庫管理の「生産性が低下する原因」と「生産性を向上させるポイント」について紹介します。

在庫管理の生産性が低下する原因

在庫管理の生産性が低下すると、資金繰りやキャッシュフローの悪化へとつながり、経営状態がひっ迫する危険性があります。

このような状態にならないようにするためには、在庫管理の生産性が低下する原因について理解しておくことが必要です。

原因1:過剰在庫の抱え込み

在庫管理の生産性が低下する原因として、過剰在庫の抱え込みが大きく関わってきます。過剰在庫とは、販売できる見込みのない在庫のことを指します。

多量の過剰在庫を所有する場合、倉庫に保管しているだけで保管料や管理費用などの固定コストを負担しなければなりません。

過剰在庫には、どのような費用がかかっているのか、こちらで解説しています。

過剰在庫とは

また、多量の過剰在庫を保管することは、倉庫スペースの圧迫につながります。
倉庫スペースが圧迫されることにより、利益を生み出すことが可能な在庫を保管する場所がなくなってしまうのです。

スペースが無くなるので在庫の入れ替え作業で無駄な作業が発生したり、通路への仮置きも増えるので、移動の邪魔にもなります。作業性が落ち、生産性が低下します。

利益を生み出すことが可能な在庫を保管できなくなることは、十分な利益を確保することが困難になるうえ、資金繰りやキャッシュフローを悪化させてしまう原因にもなりかねません。

以上の理由から、在庫管理の生産性低下を解消させるためにも、過剰在庫の早期処分を実施することが重要です。

在庫管理110番の「もったいないマッチング」は、過剰在庫を抱える企業様に買取業者を紹介するサービスとなります。サービスにおいては、企業様が保管している過剰在庫の買取条件を満たした業者を選定します。

原因2:在庫管理ルールが整備されていない

在庫管理ルールの整備が行き届いていないと、在庫管理が属人化して、在庫管理の生産性低下につながります。在庫管理の生産性低下に悩んでいる経営者や在庫管理責任者の多くは、以下のような問題を抱えています。

  • 特定の担当者のみが在庫の保管状況を把握している
  • 複数の担当者のなかで在庫管理の方法や手段の共有が徹底されていない

このような問題点を放置することにより、人それぞれのやり方、置き方が横行します。
そして、どこに何があるのかわからないという状態になってしまいます。
在庫を探しまわる、在庫の紛失ということが日常化して、在庫管理の生産性を著しく低下させてしまう恐れがあるのです。
在庫管理は、特定の担当者だけではなく、関連する人全員で共有すべきです。
在庫管理ルールを整備することは、在庫管理の生産性を向上させるうえで、
なくてはならない重要な要素となります。

在庫管理の生産性低下を改善させるためにも、特定の人ではなく誰でもできる
統一された在庫管理ルールを早急に定めることが必要です。

在庫管理の生産性を向上させるポイント

在庫管理の生産性を向上させることは、資金繰り・キャッシュフローの改善や業績の安定化につながります。

ここでは、在庫管理の生産性を向上させるポイントについて解説します。

ポイント1:過剰在庫の削減

在庫管理の生産性向上を図るためにも、過剰在庫の削減を実施することが重要となります。前述の「原因1:過剰在庫の抱え込み」で解説したとおり、過剰在庫は、在庫管理の生産性低下にまつわる原因のひとつです。

そのため、適切な方法で過剰在庫を削減させることが、在庫管理の生産性向上には必要不可欠となります。また、過剰在庫の削減を実施したうえで、在庫管理の生産性向上を図ることにより、資金繰りやキャッシュフローを改善させることが可能となります。

過剰在庫は時間を経てばたつほど、処分が難しくなります。
過剰在庫の削減を行う場合、まずは過剰在庫の存在を早い段階で認知することが大切です。たとえば、商品の売れ行き動向や在庫の出入り状況などのポイントを重点的に把握しておくことで、過剰在庫の早期発見が実現可能となります。

在庫管理の生産性向上を図るためにも、過剰在庫の発生状況を把握したうえで、適切な方法での在庫削減を心がけましょう。

ポイント2:在庫管理システムの導入

在庫管理システムを導入することで、在庫管理の生産性向上を図ることができます。在庫管理システムとは、商品の入庫や出庫、保管などの管理を円滑に行うことができる管理手段のことを指します。

在庫管理システムを導入することにより、在庫管理にかかわる工程のすべてシステム化を図ることが可能です。また、在庫管理の工程をシステム化することで、在庫保管状況の共有の簡素化や在庫管理に携わる人員の削減などのメリットを得ることができます。

在庫管理状況の共有の簡素化や、在庫管理に携わる人員の削減を実現させることは、在庫管理の生産性向上にもつながります。在庫管理システムは、「商品の入庫や出庫、保管などの管理」以外にも、商品の需要予測の管理や生産工程の進捗状況の把握などを補うことができるのです。

在庫管理は企業活動の土台です。在庫管理システムを導入することにより、販売管理や生産管理などの専用システムとも連携を図ることが実現可能になります。とはいえ、在庫管理システムと販売管理や生産管理などの専用システムの間には、互換性や相性が大きく関係してきます。

また、自社の業務・運用にあったシステムを選択しなければいけません。
そのため、導入予定の在庫管理システムとすでに導入済みの販売管理システムや生産管理システム間の互換性や相性をあらかじめ調べておくことが重要です。

「在庫管理110番」では、在庫管理システムの導入について相談を承っています。
数千~数百万円大がかりなシステムでなくても、ポイントさえ押さえれば十分低コスト
で在庫管理システムは導入・構築できます。

システム導入に関する具体的なアドバイスや過去の導入事例を詳しく解説したうえで、企業様の事業内容にもっとも適合した「在庫管理システム」を提案します。

在庫管理システムの導入事例はこちらで紹介しています。

山中建設様の導入事例

在庫管理の生産性を向上させるポイントに興味のある方はこちらへ

在庫管理の生産性を向上させるポイントについて興味のある方、在庫管理の生産性を向上させたいと考えているけれど、実際に「何から手を着ければよいのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。