在庫管理の生産性向上で経営力アップ!

生産性向上が重要となる理由とは?在庫管理の見直しで経営力アップ!

在庫管理は、製造業や卸売業を営む企業が「業績向上」や「経営コストの削減」を図るうえで、欠かすことのできない業務です。そのため、在庫管理の生産性が低下することで起きうるリスクや、経営悪化の危険性を心配している経営者が多くいます。

ここでは、「在庫管理の生産性低下が与える悪影響」と「在庫管理の生産性向上が重要な理由」について紹介します。

在庫管理の生産性低下が与える悪影響

在庫管理の生産性が落ちることで、経営状態の悪化や不良在庫の抱え込みといった、さまざまなマイナス要因の発生リスクが潜んでいます。

以下では、「在庫管理の生産性低下が与える悪影響」について3つ紹介します。

生産性低下による悪影響1:在庫数が増加してしまう

在庫管理の生産性低下が引き起こす悪影響のひとつに、「在庫数が増加する」危険性が含まれます。たとえば、すでに保管されている在庫数が多い場合、さらに増えた在庫の数に気付かない可能性が高くなります。

在庫数の増加現象が進行するにつれて、実際に必要な適正在庫が保てなくなるといった悪循環に陥ってしまうことも十分に考えられます。適正在庫がわからない方はこちらをご覧ください。

適正在庫を設定する手順・方法

さらに、上述したような悪循環を放置することによって、在庫回転率が低下してキャッシュフローが悪化、経営を圧迫してしまう原因にもなりかねません。このような生産性低下にともなう悪循環を解消させるためにも、在庫管理の生産性向上が重要なポイントとなるのです。

このように在庫管理の生産性を向上させることで、経営への強化が期待できます。

生産性低下による悪影響2:管理コストが増える

「管理コストが増える」といったポイントも、在庫管理の生産性低下による悪影響のひとつだといえます。たとえば、過剰な在庫数を保管している場合、棚卸し業務に費やす時間が長期化してしまう可能性が高くなります。

また、棚卸し業務の長期化により、人件費や倉庫内の光熱費といった管理コストが増加する危険性も潜んでいるのです。さらには、在庫管理の生産性が低下することで、棚卸し作業の長期化のみならず、日常的に必要となるピッキング作業にも多くの時間を費やすことにつながります。

対して、常に一定量の適正在庫を保持している場合、在庫数のチェックに時間を費やすこともなく、短時間で作業を終えることが可能となります。

棚卸し作業の簡素化は、必要最低限の在庫数を保つことによって、スムーズな仕入と販売の流動経路を実現させることが鍵となります。また、棚卸し作業の簡素化が成功することにより、管理コストの削減が可能となるのです。

生産性低下による悪影響3:経年劣化の危険性がある

在庫管理の生産性低下による悪影響のひとつに、「経年劣化の危険性」があげられます。経年劣化とは、年月が経過するにつれて、製品の品質が低下してしまう現象のことを指します。

たとえば、樹脂材や金属製品といった劣化の可能性が少ない物品の場合でも、時間の経過により品質が低下する危険性が潜んでいます。

多くの在庫数を抱えることは、仕入れと販売の流動経路が停止している状態ともいえるため、経年劣化が起こりやすい環境になります。つまり、抱えている在庫数が多いほど、品質の低下速度が早いうえ、商品の売れ行きが悪化する可能性も高くなるのです。

さらには、経年劣化が進行することにより、「商品にキズがある」や「商品が変色している」など、一般消費者からのクレームが多発する恐れも十分に考えられます。

商品に関連したクレームやリコールが多発することで、「トラブル対応時間の長期化」や「多額な対応コストがかかる」など、さまざまなリスクを抱えることにつながります。

そもそも、せっかく販売のために置いていた在庫が経年劣化で売れなくなり
処分することになったら元も子もありません。

在庫管理110番では、「在庫管理の生産性低下による経年劣化の危険性」について悩みを抱える企業様の相談を承っています。経年劣化の回避方法や在庫管理の生産性向上に関する取り組み方について丁寧に説明します。

「在庫商品の経年劣化」という問題に不安感を抱いている企業様は、ぜひ「在庫管理110番」へお問い合わせください。

在庫管理の生産性向上が重要な理由

在庫管理の生産性を高めることによって、会社経営に関連したさまざまなメリットが得られます。

ここでは、「在庫管理の生産性向上が重要な理由」について紹介します。

保管スペースと在庫管理コストが節約できる

在庫管理の生産性向上が重要な理由のひとつに、「保管スペースと在庫管理コストが節約できる」といったポイントがあげられます。過剰な在庫数を保管している場合、在庫管理に必要となる保管スペースが増大するうえ、人件費や倉庫費用などの管理コストが高額化する危険性も十分に考えられます。
ちなみに、在庫の管理コストは在庫金額の10~15%と言われています。
仮に1億円の在庫があれば、管理コストは1000~1500万円にもなります。

このようなリスクを解消させるためには、在庫管理の生産性向上が大切なポイントになります。たとえば、在庫数に制限を設けることで十分な保管スペースが確保できるため、在庫回転率の向上を図ることが可能です。

また、在庫回転率が高まることによって、長期保管が必要となる在庫の数を抑える効果があります。長期的な保管が必要となる在庫数が減少することは、在庫管理費用のコスト削減にもつながります。

商品の需要予想が可能となる

「商品の需要予想が可能となる」といったポイントも、在庫管理の生産性向上が重要な理由のひとつになります。適正な在庫数を保つことで、「売れ筋商品の特定」や「保管在庫の減少率」を把握することができます。このような在庫情報を記録しておくことは、人気商品の先行仕入れにつながるのです。

たとえば、保管在庫の減少率を品目別にチェックすることで、「商品の売れ行き」や「人気商品の種類」などの把握が可能となります。また、これらの商品動向を把握することによって、需要予測や今後の仕入れ予定を立てることができるのです。

保管商品の在庫数や投資金額が向上するほど、需要予測や仕入れ予定が重要視される傾向にあります。過剰な在庫保管による赤字転落を予防するためにも、今後の売れ行きや商品動向を見越したうえで、商品仕入れを実施することが重要なポイントになるといえます。

在庫管理110番では、「在庫管理の生産性向上にともなう商品の需要予想方法」について興味を持っている企業様の相談を承っています。在庫管理の生産性を高める方法や商品の需要予想をするメリットなどを分かりやすく解説します。

在庫管理にともなう生産性向上の重要性について興味のある方はこちらへ

在庫管理にともなう生産性向上の重要性に興味のある方、在庫管理の生産性向上を実践してみたいけど、実際に「何から手を着ければよいのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。