【今期最終】第9次申請分(申請締切日12/22)受付中。

搭載された出庫・棚卸などの機能が100%使い切れる

Excelで苦労している在庫管理担当者様も
在庫管理システムで失敗したことがある経営者さまも必見!

 
在庫管理システムを選ぶポイントは
搭載されている機能を「100%使いきれる」こと!

 

企業に実益をもたらす在庫管理システムの条件は、搭載されている機能を「100%使いきれる」ことです。

投資を無駄にせず、現場に役立つ、貴社に合った在庫管理システムの条件と言い換えてもよいでしょう。

しかし、実際は以下のような条件を重視してしまうことがあります。

 

  • 最新機能が搭載されている
  • 機能性に優れている
  • 導入事例が多い
  • 比較サイト・ランキングサイトに掲載されている

 

実は、これらはすべて誤りです。

実際には、「100%使いきれる」ことが正解であり、正しい在庫管理システムの選び方です。

「100%使いきれる」には、搭載されている機能を余すことなくすべて使えるという意味があります。

 

残念ながら、一般的な在庫管理システムには使わない機能が搭載されているケースが多々あります。一方で、企業が本当に使いたい機能がないこともよくあり、前者後者どちらのケースであっても、使いきれていないのが現状です。

 

ゆえに、在庫管理担当者の不満が生じてしまうわけです。ではなぜ、使いきれない在庫管理システムが出回っているのでしょうか。理由は、システム開発会社のノウハウにあります。システム開発会社の大半は、システムの開発力は優れていますが、在庫管理の実務経験があるわけではありません。

 

開発会社は、需要予測や他システムとのAPI連携などの優れた機能を手がけることはできます。しかし、それが日々の在庫管理の実務で使えるか否かは別問題です。

 

このような背景から現場のフローやルール、やり方に合わず、現場の作業員にとっては操作が難しいシステムが完成してしまうのです。工場や倉庫の在庫管理担当者が「100%使いきれる」在庫管理システムにするためには、3つの条件があります。

  • 初心者でも使いやすい!
  • 必要最低限の機能
  • 導入カスタマイズができる

「初心者でも使いやすい」とは、新人従業員も簡単に使えることを意味します。そのためには、日々の在庫管理業務に必要な最低限の機能が搭載されていれば十分です。

 

もし、QRコード生成や発注点の自動通知など、追加で使いたい機能があれば「カスタマイズができる」ことで、貴社に本当に必要な機能だけ付け足せます(あらかじめ機能が固定されているパッケージシステムでは、自由にカスタマイズができません)。

 

また、企業規模が大きくなり、従業員や営業拠点が増えると、その数に合わせて、在庫管理システムのライセンスを増やさなければなりません。一般的なサブスクリプションサービスは、ライセンス数の上限が定められています。上限を超えて、ユーザー数やパソコンの台数を増やした場合、追加でライセンスの購入が必要です。

 

しかし、「ユーザー数無制限」で使用できる在庫管理システムであれば、ライセンス数の上限はありません。追加ライセンスの購入は不要です。無課金でユーザー数・パソコン台数を増やせます。

 

「初心者でも使いやすい」「カスタマイズができる」「ユーザー数無制限」これら3つの条件を満たす在庫管理システムこそ、工場や倉庫の在庫管理担当者が「100%使いきれる」在庫管理システムです。