第2次申請分(締切日6/13)受付中。※応募多数の場合は募集を打ち切りますのでご注意ください

中部経済新聞に在庫管理アドバイザーの岡本が取材を受けました

弊社が中部経済新聞(地方で唯一の日刊経済新聞)の取材を受けました。

瀬戸内scm中部経済新聞掲載

在庫管理のみを扱っているという専門性と、今注目されているIoT技術を使用した数えない在庫管理を実現するIoT重量計が

目に留まり、取材を受けることとなりました。

初期設定が3STEPで完了!超簡単IoT重量計

IoT重量計

今回、紹介されたIoT重量計の開発元は山形県のメーカーで、開発の企画段階からかかわりました。

特にこだわったのは、初期設定が簡単にできることです。

IoT重量計は一度設置してしまえば、現場に置きっぱなしで、最新の在庫を常に計測できます。

一方で、現場の人はIT機器に不慣れなことも多く、簡単に設定できることが重要と考えました。

多くても3回の操作で初期設定が終えることを目標に、仕様をかため開発しました。

 

IoT重量計の説明資料はこちらからダウンロードできます。
IoT重量計(数えない手間無し在庫管理を実現)
説明資料のダウンロードはこちら

取材の中でも驚かれたのが、弊社が業種を問わず在庫管理の改善支援が可能ということです。

事例としてお話した記事を抜粋します。(一部、文面を補足しました)

ある建設用型枠工事業者の事例では、再利用可能な使用済みの型枠板が、産業廃棄物として大量に主文されていた。

再利用してもらうために使用済みの板を残していたが、雑然と積み上げていたため、職人が使える板を探さず、新品ばかり持ち出すことが原因だった。

そこで、使える板を探しやすいように、使用後の板をよく使うサイズに再加工して、企画別に整頓させた。その結果、

新品購入量を20%削減し、廃棄は社内で償却処分できるようになった。「使用前に新品をカットする作業も減った」とコスト削減とともに業務効率が改善した。

 

弊社が使っている改善の技術は、業種を問わず適用可能です。

在庫管理に少しでもお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

IoT重量計・在庫管理のご相談