ダウンロードのご請求誠に有難うございます

この度は在庫管理票のダウンロード誠に有難うございます。

ご登録頂きましたメールアドレスにメールをお送りしましたので
ご確認くださいませ。

万が一、メールが届いていない場合は迷惑メールフォルダに入っている場合がございますのでそちらもご確認をお願い致します。

それでもメールが届いていない場合はメールアドレスの間違いの可能性がございますので再度ご登録をお願い致します。

私のメルマガでは在庫管理に問題を抱えている方の悩みを解決していきますので、メールマガジンの内容もぜひ楽しみにしていてください。

在庫管理アドバイザー 岡本

在庫管理をイチ早くマスターいただくための方法

在庫管理アドバイザーとして多くの方の在庫管理の悩みをお聞きしてきました。

多くの方が言われることが
在庫管理は教えてくれる人がいない

在庫管理の最大の問題点は、学ぶ場が無い、教えてくれる人がいない
ということです。

図面を書く設計者は先輩がいます。
営業も先輩が教えてくれます。
ノウハウ本もたくさん出版されています。
しかし、なぜか在庫管理だけは実用的なノウハウ本が全くありません。

在庫管理は、経営上最も重要な仕事のひとつにも関わらず、
全く学ぶ機会がありません。

在庫管理を任された人達は、在庫管理を教えてくれる人が社内
におらず、何から手を付けて、何をすればよいか分からず悩んでいる方が
非常に多いことを実感しました。

だから、私は在庫管理の教科書という
実務に即した現場で使える教科書を作成しました。

30日で学べる在庫管理の教科書

約10年間の実務経験を体系化したノウハウ集です。

項目ごとにまとめてあるので読みやすく、在庫管理の実務にすぐに生かせる実践的な内容
になっていて、在庫管理のことをわずか30日でマスターできるようになっています。※マスターする時間には個人差があります

現場改善からエクセルまで、在庫管理の業務全般に必要な
あらゆる情報をまとめた内容になっています。

在庫管理の悩みに関するアンケートを行った結果、
実際に皆様より次のようなお悩みの声が寄せられています。

在庫管理の悩み

営業からは在庫が無いと販売機会が失うから、在庫を持ってほしいと
言われ、会社からは在庫が多すぎるから減らせと言われる・・・

在庫管理担当者は常に板挟み状態で、厳しい立場に立たされています。

新人に読ませたい

在庫管理の教科書は、私が生産管理課に配属された右も左も分からなかった新人時代、知っておけば悩まずに済んだ在庫管理のテクニックを詰め込みました。

もし、あのころに在庫管理の教科書に書いたことを知っていれば・・・
会社員時代にもっと成果を残せたかもしれません、もっと残業を
減らせたかもしれません。

在庫管理の教科書をつくったことで、新人時代の私と同じような
お悩みをお持ちの方がたくさんいらっしゃることを痛感しました。

161001在庫管理の教科書の特徴

在庫管理の教科書に載っているノウハウのほとんどが、
実際の現場で使った実証済みのテクニックです。

現品管理を例に挙げると、
置き場作りのノウハウは、言うことをきちんと聞いてくれない
フィリピンでも成果を上げて、それまで多発していた欠品問題を
解消した実績があります。

データ管理の例でいうと、
エクセルの使い方をマスターして作業時間を1.5時間短縮しました。
これにより、会社では仕事が早いと評価が上がりますし、残業も減ります。
仕事もプライベートも充実します。

開発のこだわり

私は現場を実際に経験したコンサルタントです。

現役時代は、生産現場に何度も足を運び、現場の声に耳を傾け、
現場と共により良い、在庫管理環境作りに励みました。

失敗と工夫、試行錯誤を何度も繰り返しました。
日々の忙しい実務を知っているからこそ、徹底的に
現場主義にこだわって、在庫管理の教科書を作りました。

現場の辛さ、厳しさは身を持って体験しましたので、苦労は本当によくわかります。
現場を経験せず試験を受けるだけでコンサルタントになった先生、
仕様の都合を押し付けるシステム開発会社とは違います。

在庫管理を解説した本の中に難しい式を表した本もありますが、仕事の現場
は生き物です。理論通りに進むことはほとんどないです。
そもそも在庫管理担当者は忙しいので、難しい計算をしている暇はありません。

在庫管理の現場ですぐに使えます。自信をもってお勧めします!!


在庫管理の教科書は全部で4巻

在庫管理の教科書は、在庫管理を学ぶに当たり必要な
領域を4つに分けました。

  1. 在庫管理の教科書01 在庫管理を知る
  2. 在庫管理の教科書02 現品管理
  3. 在庫管理の教科書03 データ管理
  4. 在庫管理の教科書04 棚卸

会社の状況、学びたい事に応じて選択していただくことができるように
なっています。

皆さんの今の現状の悩みに応じて解決したい部分を解決できる内容になっています。

在庫管理の教科書01はこんな方におすすめ

「在庫管理を知る」という部分のパートでは在庫管理の基礎的な考え方似ついて体系的にまとめています。

次のような課題や悩みをお持ちの方にお勧めです。

  • 在庫管理を始めたいけど、経験者がいないので教育できない
  • 在庫管理の担当を任されたけど、何をすればいいのかわからない
  • 在庫の問題を解決したいけど、何から手を付ければ良いのかわからない
  • どのように在庫を管理していけばよいのか、基本が分からない

在庫管理の教科書02はこんな方におすすめ

現品管理」のパートを知ることで、現場でミスが見直されます。ミスを追求することは非常に大きなコスト削減に繋がります。大きな影響をだす部分になるので是非、会社に取り入れていただきたい部分になります。

次のような悩みや課題を持っている方にお勧めです。

  • 現場でよく在庫がなくなる
  • 外国人スタッフやアルバイトが増えた
  • 在庫探しに時間がかかっている
  • 5Sの基本がわからない
  • 倉庫や現場の環境を整えたい
  • 従業員のミスが多い

在庫管理の教科書03はこんな方におすすめ

「データ管理」のパートを行うことで現場の数値が正確に分かるようになってきます。現状を把握できるようになれば、仕入れや納品計画がスムーズに判断が可能になります。

次のような悩みや課題を持っている方にお勧めです。

  • データ処理に時間がかかっている
  • 在庫管理に必要なエクセルの関数が分からない
  • 在庫分析をやりたいが、方法を知らない
  • エクセルが苦手で困っている
  • データの間違いが多い
  • 在庫管理表を作ったが複雑で分かりづらい

在庫管理の教科書04はこんな方におすすめ

「棚卸」編では、正確かつ素早く棚卸を行い、棚卸の結果を使って
改善にまで結び付けられる事を目的としてます。

次のような悩みや課題を持っている方にお勧めです。

  • データと実数が合わず在庫の差異が多い
  • 棚卸に時間がかかっている
  • 数え間違いや数え忘れが多い
  • 毎回、同じようなミスを繰り返している
  • 棚卸をしても在庫数が正確に数えられない

在庫管理が大幅な経営改善に

在庫管理の教科書は在庫管理担当者ばかりではなく、経営者や中間管理者にも役立つ内容になっています。

  • 経営者
    経営戦略に基づいた在庫管理の方針作りに活用できる。
  • 管理者
    人材育成や従業員指導に使って即戦力を育成する。
  • 担当者
    教科書のノウハウをそのまま仕事に使って評価アップ。

今だけの購入特典をご用意致しました。

在庫管理メールサポート
購入者には45日間、無制限でメールサポートを実施します。
ご質問を自由にお寄せください。
ご購入頂いた教科書を元に自社のコスト削減に役立つお手伝いができればと考えていますので今回、回数無制限のメールサポートを特典としてご用意させていただきました。
在庫管理アドバイザーが全て目を通して直接回答します。
※購入いただいた在庫管理の教科書の範囲内に限ります。

在庫管理の教科書購入はこちら

在庫管理の教科書の購入者からいただいた感想

購入者
在庫管理の教科書Q&A

その他お客様からお寄せいただいたお喜びの声

購入者の声
期待通り以上の内容でした



購入者の声
基本から応用までの内容



購入者の声
とても分かりやすい

様々な業種で役立っています

在庫管理の教科書で、抱えていた問題が解決できたという嬉しい声を
頂いています。在庫管理の教科書を作って良かった!
と感じる瞬間です。

一人でも多くの方が、在庫管理の悩みを解決することを強く願っています。

在庫管理の教科書01「在庫管理を知る」

在庫管理の教科書1巻の詳細

第1巻では在庫管理の基本について学びます。

在庫管理の基本を知りたい方はまずお読みください
在庫管理セミナーに参加したいけどできないという方にもお勧めです。

在庫管理の担当を任されて、
どのように在庫を管理していけばよいのか、基本が分からない
という方にお勧めです。

在庫管理をやっていくうえで必要な考え方や、基本的な管理方法、在庫管理の
進め方について解説しています。この1冊で在庫管理の土台となる基本的な考え方を押さえることができます。

在庫管理は何をやるべきか?という全体を知っておけば、
やるべき事が見えますので、無駄なく効率よく在庫管理に取り組めます。

第2巻以降に掲載されている具体的なノウハウを正しく使うためにも
在庫管理の土台を知ることは非常に大切です。

在庫管理の教科書1巻の内容
在庫管理の教科書1巻の内容

第1巻の内容

  1. はじめに
  2. 御社の在庫管理の状況を書きだしてみましょう
  3. 在庫管理を学ぶ方法
  4. 在庫管理ができていないとどうなるのか?
  5. 在庫が引き起こす問題
  6. 在庫は工場の「悪さ」を隠してしまう
  7. 在庫は利益を食いつぶす
  8. 在庫管理をすると何が起こるのか?
  9. 在庫管理は石垣作り
  10. 在庫とは何か
  11. 在庫管理の仕組み作りのポイント
  12. 材料の取り間違いを防止した仕組みの事例
  13. 在庫管理担当者がやるべき3つの仕事
  14. 在庫管理で管理すべき基本項目は7つだけ
  15. ITシステムは在庫問題を解決してくれません
  16. 現品管理在庫を正しく扱う)のポイント
  17. 在庫データ管理のポイント
  18. 在庫の数量管理
  19. 在庫の金額管理
  20. 在庫の日数管理
  21. リードタイム
  22. 在庫管理の手順
  23. 在庫管理は3現主義が全て
  24. 在庫管理はあくまでも付帯作業

内容詳細

A4 34ページ PDFデータ
※分かりやすい図や実例を用いて解説しています。
※印刷して社員教育などにも活用いただいています。
 

在庫管理の教科書購入はこちら



在庫管理の教科書2巻の詳細

第2巻では現品管理について学びます。

現場で在庫が良くなくなる、整理・整頓、3定が分からない方はお読みください

在庫を扱う基本となるのが、現品管理です。
5Sや3定などを中心とした現場の環境作り・運用ルール
作りの基礎になります。

他書には触れられていない人間の心理や行動を利用にも
触れています。環境作りに心理学を応用すれば、よりよい
現場環境作りができるようになります。

現場の環境作りがなかなか進まない方にお勧めです。言葉も習慣も違う海外でも通用するテクニックもあります

特に表示と置き場についてはページを割いて詳しく解説しました。
フィリピンで効果のあった表示についてもここで解説しています。

日本を代表するような大手メーカーにいる管理職クラスでも
キチンと現品管理を理解していません。

現品管理を理解せずして、在庫管理の改善は絶対に不可能です。
現品管理を正しく理解していただくための1冊です。

在庫管理の教科書2巻の内容


在庫管理の教科書

第2巻の内容

  1. はじめに
  2. 現場は多種多様な人がいる
  3. 現品管理に失敗すると何が起こるのか
  4. 現品管理のしくみを構築するポイント
  5. 現品管理で大切なこと
  6. 情物一致
  7. エントロピーは増大する
  8. 製造業の在庫管理はなぜ難しいのか?
  9. 現品管理を試す最適な方法
  10. 在庫を扱うために一番大切な事
  11. 整理を行う(2S)
  12. 不要なものを選定する方法
  13. 赤札作戦
  14. 赤札作戦の当日の進め方
  15. 赤札作りのポイント
  16. なぜ赤札を貼るのか?
  17. 整頓
  18. ハブ置き場(中央倉庫)を作る
  19. 整頓が失敗する理由
  20. 置き場作りのポイント
  21. ロケーション管理
  22. 固定ロケーション管理が難しい場合
  23. 置き場の工夫
  24. 安全な置き場を作る
  25. 表示の重要性
  26. 表示に求められること
  27. ユニバーサルデザインの7つの原則
  28. 表示で大切なのは視認性・機能性・正確性
  29. 表示の視認性と機能性
  30. 表示の際の色の使い方
  31. 表示には正確な情報が必要
  32. 表示の作り方をルール化する
  33. 道路標識は表示のお手本
  34. 置き場マップの作成
  35. 海外で効果のあった表示の作成例
  36. 仮置きをする際の貼り紙の工夫
  37. 5Sとは?
  38. 清掃とは?
  39. 現品管理に必要な項目は4つだけ

内容詳細

A4 41ページ PDFデータ
※分かりやすい図や実例を用いて解説しています。
※印刷して社員教育などにも活用いただいています。

在庫管理の教科書購入はこちら

在庫管理の教科書03「データ管理」



在庫管理の教科書3巻の詳細

第3巻ではデータ管理について学びます。

在庫管理に特化したデータ作業・管理の本は他にありません

パソコンやエクセルが苦手で、データ作業に時間がかかっている
人にお勧めです。

在庫管理ではデータを扱う機会がとても多いです。
データ処理は、早く・正確であることが第一。
そして、後からデータが使いやすいように整えておくことが求められます。

  • エクセルが苦手。
  • 在庫管理に必要なエクセルのテクニックを知りたい。
  • データ作業に時間がかかりいつも残業ばかり。
  • データの間違いが多く、手直しばかりしている。
  • 在庫分析をどうやってやればいいのかわからない。

データ管理編では、在庫管理に必要なエクセルのテクニックや関数の
使い方、在庫分析の方法を解説しています。
さらに、間違えにくいデータの作り方や探しやすいデータの保存方法など、
知っておくと事務作業が素早く終わるノウハウをご紹介しています。

在庫管理の教科書3巻の詳細

在庫管理の教科書3巻の内容

第3巻の内容

  1. 在庫データの管理
  2. データベースとは何か
  3. 表の正しい作り方
  4. 具体的なデータの入力方法
  5. データ入力ミスを防ぐ方法
  6. コードの作り方
  7. データの種類
  8. データを2種類に分ける利点
  9. 在庫管理に必要なデータ項目
  10. データを加工する
  11. パソコンとエクセルを在庫管理に生かす
  12. データのブラックボックス化
  13. パソコンデータの整理・整頓
  14. 見つけやすいフォルダの作成方法
  15. 見つけやすいファイルの作成方法
  16. ファイルの名前の付け方のコツ
  17. アルバイトやパートに仕事を任せる方法
  18. エクセルの活用
  19. ショートカットを使いこなす
  20. 利用頻度の高いCtrlキーを使ったショートカット
  21. Shiftキーを使ったショートカット
  22. Altキーを使ったショートカット
  23. ファンクションキーを使ったショートカット
  24. 入力ミスと見落としを減らす方法
  25. 覚えておくととても便利な条件付き書式
  26. オートフィルタ
  27. 条件に合ったデータを抽出する
  28. テキストデータと数値データ共通の抽出
  29. テキストデータ専用の抽出機能
  30. 数値データ専用の抽出機能
  31. オートフィルタと条件付き書式の組み合わせ
  32. 抽出データの活用
  33. エクセルの関数を使う
  34. 四則計算
  35. エクセルの関数でできること
  36. SUM関数(合計を出す)
  37. AVERAGE関数(平均を出す)
  38. SUMIF関数(条件付き合計)
  39. VLOOKUP関数(条件に合ったデータを抽出する)
  40. IF関数(条件によって処理を変える)
  41. 在庫管理に役立つ関数(補足)
  42. 在庫分析
  43. データを視覚化する
  44. 折れ線グラフの作り方
  45. 棒グラフの作り方
  46. 円グラフの作り方
  47. 在庫回転率
  48. 在庫回転日数を求める
  49. 基本統計量分析
  50. 基本統計量の求め方
  51. 平均値と中央値
  52. 外れ値の扱い方
  53. 外れ値に安全在庫を合わせるとどうなるか?
  54. 標準偏差
  55. 最大値と最小値
  56. ABC分析
  57. パレートの法則
  58. ABC分析の手順
  59. 生産管理(部品調達)
  60. 流動数曲線
  61. 流動数曲線の作成方法
  62. まとめ

内容詳細

A4 118ページ PDFデータ
※分かりやすい図・グラフや実例を用いて解説しています。
※印刷して社員教育などにも活用いただいています。

在庫管理の教科書購入はこちら

在庫管理の教科書04「棚卸」

在庫管理の教科書04「棚卸」

第4巻では棚卸について学びます。

棚卸を単なる在庫合わせ、売上原価を決めるために
仕方なくやっていませんか?

特に中小企業は棚卸が正しく行われておらず、
棚卸に時間がかかっているにもかかわらず、重複して数えたり、
数え漏れが起きたりと、ミスが頻発しています。

棚卸は大変コストのかかる作業です。
下記の条件で棚卸を実施したとします。
(モデルケースは小規模の事業所です)

  • 棚卸をした人数は10人
  • 1人当たりの時間単価が5000円(経費含む)
  • 棚卸にかかった時間は8時間

棚卸にかかるコストは、
10×5000×8=400,000

実は棚卸のコストはこれだけではありません。

さらにその間に売上を上げることができないので、
月間の売上を1000万円、従業員15人とすると、

1000 ÷ 30 ÷ 10/15 =約50万円

棚卸にかかったコストはトータルで約90万円です。

これだけのコストをかけて、ただ単に在庫を合わせる
(しかし、間違いが多く意味が無い)では勿体ないと
思いませんか?

棚卸を早く正確に終わらせ、そして改善につなげるためには
棚卸の方法を正しく知っておく必要があります。

在庫管理の教科書04「棚卸」の内容


在庫管理の教科書04「棚卸」の内容サンプル

第4巻の内容

  1. はじめに(棚卸しとは何か?)
  2. 棚卸しの基礎知識
  3. なぜ棚卸をやるのか?
  4. 棚卸資産とは何か?
  5. 棚卸しの必要な業種と不要な業種
  6. 棚卸しと法律
  7. 棚卸し資産の評価
  8. 棚卸しと決算
  9. 棚卸しと粉飾決算
  10. 棚卸しの目的
  11. 棚卸しの重要性
  12. 棚卸が大変になってしまう理由
  13. 棚卸しの種類
  14. 帳簿棚卸と実地棚卸
  15. 棚卸しの対象
  16. 循環棚卸を成功させるために
  17. 循環棚卸の2つの方法
  18. 循環棚卸の頻度をどう決めるか?
  19. 棚卸しを行う頻度
  20. 棚卸しの種類まとめ
  21. 棚卸しにかかるコスト
  22. 棚卸しの3フェーズ
  23. 棚卸し当日までにやっておくべき事と注意点
  24. 棚卸しの参加者
  25. 早く正確に終わらせるために
  26. 棚卸しの組織体制づくり
  27. 棚卸の各セクションの責任者の役割
  28. 棚卸し原票
  29. 棚卸原票の種類
  30. 棚卸し原票の使い方について
  31. 棚卸済み品を識別する方法
  32. 棚卸作業の正確性をチェックする方法
  33. 整理を行う
  34. 数えるのか、数えないのかを明確に
  35. 在庫計上のタイミング
  36. 棚番、レイアウト図の整備
  37. 仕入先、出荷先への連絡
  38. 預け在庫と預かり在庫
  39. 棚卸しの仕方(標準化)
  40. 在庫計上と在庫非計上
  41. 除外の表示
  42. バーコードの活用
  43. 棚卸し票への記載方法
  44. 棚卸し在庫のカウント方法
  45. 棚卸当日の準備物
  46. 在庫管理システム
  47. 当日のタイムスケジュールを作る
  48. シュミレーションを行う
  49. 棚卸しのルールを決める
  50. 棚卸作業の手順の徹底
  51. 棚卸しマニュアルを作る
  52. 棚卸し原票の配布と回収
  53. 棚卸し原票の書き損じ、未使用品
  54. 棚卸しデータの転記・入力
  55. 3S(整理・整頓・清掃)
  56. 前回の反省と課題、それらの対策の共有
  57. 棚卸し中にやるべきことと注意点
  58. 棚卸作業の注意点を説明する(朝礼)
  59. 公認会計士の立会
  60. 外部業者の立ち入りについて
  61. 在庫の移動、生産
  62. 棚から下して開封
  63. 棚卸の組織と報告体制
  64. 担当エリア
  65. カウントの方法
  66. 品質のチェック
  67. 進捗管理
  68. 外部にある在庫の棚卸し
  69. 棚卸原票の管理
  70. 帳簿在庫との突合せ
  71. 棚卸し当日に起こりやすいミス
  72. ダブルチェック
  73. ダブルチェックを行う基準
  74. 一斉棚卸の注意点
  75. 循環棚卸の注意点
  76. 棚卸し中に記録しておくと役立つ事
  77. 棚卸し後にやるべきこと
  78. 棚卸結果報告会
  79. 棚卸差異分析
  80. 棚卸差異調査
  81. 棚卸差異の原因の見極め
  82. 棚卸調査の着目点
  83. 棚卸のオペレーションについて
  84. 棚卸しを改善するために
  85. 棚卸しとシステム
  86. 棚卸にITシステムを導入するメリット
  87. 棚卸しとバーコード
  88. バーコードを導入するメリット
  89. バーコードを導入するための条件
  90. バーコードを利用するための準備
  91. バーコードを読み取る方法の選び方
  92. スマートフォンやタブレットを読み取り機として代用する方法
  93. 決算書で業界の特徴を読み解く
  94. 棚卸しフォーマット

内容詳細

A4 41ページ PDFデータ
※分かりやすい図や実例を用いて解説しています。
※印刷して社員教育などにも活用いただいています。

特別特典

実務に必要となる各種資料を特典としてご用意しています。
より円滑に棚卸しを行なっていただけるようになります。

棚卸し計画表など全13種類のテンプレートがございますので
あなたの作業を最小限に抑えてミスの少ない棚卸しが可能になります。

在庫管理の教科書購入はこちら


購入者の感想

購入者から在庫管理の教科書を購入した理由や感想を
頂きました。

購入者の声
実務に直結する内容だったから購入しました
実務に直結した知識を得て、資料も制作できそうです。


購入者の声
すぐに実践して効果が出た
とても分かりやすく基本から応用まであり、目から鱗の方法や考え方が学べた。
在庫が減り、スペースが増え、とても管理しやすくなりました。

購入者の声
図表・グラフを使って丁寧に解説してあるため、具体的で分かりやすい。
流動数曲線管理を工場に展開し、生産進捗・生産能力の把握ができるようになった。

購入者の声
期待通り(以上!)の内容だった。
現状抱えている問題点が解決した。


コンサルと同じ価値

在庫管理の教科書には、私が実際にコンサルティングを行う時の
ノウハウを惜しまず公開しています。

コンサルティング費用は月額150,000円。

コツさえをつかめば、在庫管理の教科書だけで自社の改善が実現できます。
さらに、新人教育や研修などにもずっと使えるのでとてもお買い得です。

在庫管理の教科書は本屋にはありません

出版をするという話もありましたが、在庫管理の教科書
あえて出版をしない方法を取りました。

在庫管理の教科書は出版せず、ホームページのみで販売します。

庫管理の教科書を本屋に置かない理由

出版物は一度に大量に印刷します。

たとえ、
内容にミスがあっても、改善の余地があっても、
改訂版が出ない限り、3年、5年とずっと販売され続けます。

改訂版が出されるのはずっと後になってしまいます。

在庫管理の教科書は実務ですぐに使うことを目的にしています。
何年も先まで改訂版が出ないと、実務に生かすことができません。

在庫管理の教科書は、すぐに実務で役立てていただくために、
内容の改善は出来る限り素早く行いたいと思いました。

皆様の声を取りいれ、

最新の事例を取りいれ、

より分かりやすく、常に最新の状態を維持し、

改善点を迅速に改訂し、実務により役立てていただきたいからです。

出版という手段では、どうしても改訂が遅くなってしまうので、
迅速な対応ができません。

在庫管理メールサポート
購入者には45日間、無制限でメールサポートを実施します。
ご質問を自由にお寄せください。
在庫管理アドバイザーが全て目を通して直接回答します。
※購入いただいた在庫管理の教科書の範囲内に限ります。

お買い得セット

第1巻(在庫管理を知る)、第2巻(現品管理)、第3巻(データ管理)をまとめたお買い得セットをご用意しました。それぞれを1冊ずつ買うよりもお得な価格になっています。

こちらを全て学んで頂くことで在庫管理の基礎から現場の改善方法、データを活用してコスト削減する方法を学んでいただけます。
一度基礎を学び、在庫管理の基盤を作り上げることでコスト削減や経営判断もスムーズに行うことが出来ます。

在庫管理の教科書購入はこちら