改善パートナーのご紹介

在庫管理改善支援センターは在庫を一つのキーワードとして
あらゆる分野のエキスパートをパートナーとして迎えてます。

在庫管理は仕入れから販売、マーケティング、システム、設備、
物流に至るまでとても幅広い業務領域です。

各分野の専門家の強みを生かし、クライアント様に最小のコストで
最大のメリットをご提供します。

在庫起点経営コンサルタント、高井重明

群馬県出身。1980年大阪外国語大学卒業後、ソニー入社。
海外営業、経営企画、物流、生産部門、グローバルSCMを担当。
以降33年間勤務。製糖会社に勤務後、2016年1月、在庫起点経営コンサルタントとして独立。インド、サウジアラビア、UAE、スイスに15年間の駐在経験と54か国の海外訪問経験を活かし、環境問題(過剰生産)、不正会計リスク軽減のための指南書を上梓。アジア新興市場の現地企業、日本企業に対して普及活動を展開。

詳細はこちら

業務・販売システムの専門家 伊藤年一

在庫管理は100社あれば100通りなので現場に即した経験はとても強い武器です。
代表の伊藤年一氏は、販売管理、在庫管理のソフト開発やそれに伴う
POS(販売時点情報管理)製品を企画開発を行い、現在はそれまで
の経験を生かしITを活用したIT経営コンサルティングを中心に活動
されています。

著書

在庫管理や販売管理分野を始め、あらゆる分野でご活躍されて、
数多くの著書を発表されています。

  • SEがはじめて学ぶ在庫管理 (日本実業出版)
  • ドラッガーの実践!!MOT(技術経営)リーダーマネジメントスキルアップとテンプレート集(新技術開発センター)
  • 種苗販売業における自動認識技術の利活用(「月刊自動認識」寄稿、日本工業出版)
  • 新しいPOSシステムで効果的なIT活用を(「月刊自動認識」寄稿、日本工業出版)

関税・国際税務の専門家 井川森午

千葉県出身。2002年筑波大学国際関係学類卒業後、空気圧機器の世界トップメーカーであるSMC株式会社入社。働きながら中央大学の社会人向けビジネススクールに通い2014年3月にMBA取得。
2018年までの16年間、当該メーカーにて国際税務(特に移転価格)の経験を積み、多国籍企業の法人税節税に貢献(2018年7月に当該メーカーを退社)。

また、国際税務を担当する中で、多くの企業が関税を無駄に払っている現実に直面。この問題を解決する一助として、独学でプログラミングを習得し、HSコードを簡単に検索できるサービス「HS Coder」を公開し、現在運営中。

関税を削減するには、自社で扱う製品や部品のHSコードを把握するのが第一歩。
現在、企業の関税削減のためのコンサルタントを実施中。お気軽にご連絡ください。

国際税務

試作・開発プロセス改善の専門家、山方博文

試作・開発現場に精通した中小企業診断士。
現場の経験が豊富です。
ものづくり補助金も実施しています。

製品開発プロセスの改善

池田公認会計士・税理士事務所 (管理会計

公認会計士である池田氏が代表を務めます。

池田夫妻はご夫婦ともに公認会計士の資格をお持ちで、
中でも管理会計と資金繰りを得意としています。

在庫管理では、経営指標や財務は切っても切り離せない存在です。
管理会計の観点からの財務分析は非常に重要な分野です。

これからの時代は記帳・伝票整理だけをやる会計事務所は
全てAI(人工知能)に置き換わると言われています。

企業経営に本当に役立つ知識と経験を持った会計事務所をお勧めします。

FLOW&Focus consultingのホームページはこちら

パートナー専門家へのご相談

パートナー専門家に相談ができます。
以下の問合せフォームから、
「パートナー専門家へのお問い合わせ・ご相談」をご選択いただき、
お問い合わせ、ご相談内容をお書きください。
些細な事でも構いませんので、遠慮なくご相談ください。

専門家がお答えします