ビールゲーム体験者の感想

ビールゲーム体験

ビールゲームは日常業務で起こる制約条件がありません。
つまり、普段の業務でうまくいかない理由(言い訳)ができないということです。

ビールゲームは、
在庫管理で本当に大切な事を身をもって体験できます。

体験者は、急激な在庫の増加と、極端な欠品が発生することを知ります。
ゲームを始める前は、「そんなこと、起こる訳はないだろう」と思っている
事が、実際に起こるのでとてもビックリします。

例えば、次のようなことが学べます。

  • 適正在庫にするためにまずやるべき事
  • 自分自身でできる欠品と過剰在庫を防ぐ方法
  • サプライチェーンを意識する重要性
  • 自分の決定がどんな影響を与えるか?

社内、自部門の事だけではなく、会社全体ひいては、販売先・仕入れ
先の事も考えられるようになるきっかけ作りができます。

ビールゲーム体験者の声

  • 在庫がなぜ過剰在庫や欠品になる根本がわかったような気がする。
  • コミュニケーション、上流側の供給能力の把握が必要だと思った。
  • 消費者の動向ニーズを知る必要がある。事前に欠品連絡や注文数の情報が欲しい。
  • リードタイムを考えて、その都度発注を適切に行えば、欠品または過剰在庫を多くなることを防げる。
  • 最初に過剰在庫になってしまい、発注を抑えた結果、欠品が発生したので、急に発注数を下げない工夫が必要だった。
  • 流通の中で情報を共有する仕組みが必要だと思った。
    注文数をリアルタイムで上流側に伝えることが必要だと思った。
  • 可能なら事前に発注の予想値を教えてあげることができれば、もっと相手も予想して注文してもらえるはず。
  • 消費者の発注の大体の動向をデータで収集。小売が十分な在庫を持っていれば、他の流通は、在庫が少なくてもいいと思った。
  • 流通を一つ省くだけで、在庫の多さがかなり変わることに気づいた。
  • 発注数の検討資料を用意すべきだと思った。
  • 普段できていないが、在庫状況を見ながら発注数を決めることがいかに大切か実感できた。
  • 一時の大きな流れに左右されない。発注先が対応できず、納品が少なかったので、さらに焦って発注をしてしまった。結果在庫が急激に増えてしまった。
  • 発注数と納入数の分析をすべきだと思った。
  • 欠品の連絡が欲しい。また、いつ頃回復するのか見込みがあると余分な発注を出さずに済み、過剰在庫にならないと思った。
  • 欠品が続くと焦る。焦って発注を出してしまい、欠品になってしまった。
  • 発注予定を知らせてほしい。もし、予定がなければ、傾向でも計画数でも予測でも何でも良い。情報を基に傾向をつかみたい。情報が無いと何もできない。
  • 過剰在庫を止めるために発注数0としたことがあったが、結果的に工場の過剰在庫を招いてしまった。もっと少量で安定した発注をすべきだった。
  • どんな些細な事でもいいので、情報が欲しい。欠品を防げたと思う。
  • 欠品が途中多くなったので、さらに多く発注したら、最終在庫がとんでもないことになった。

ビールゲームに興味がある