モノとネットをつないだIoTで「在庫管理が上手く行くのは何故か?」

在庫管理をしていると、数々のトラブルに巻き込まれることがあります。
たとえば、過剰在庫、納期、製造業だと生産の遅れ、工場稼働率の低下など。
倉庫や製造現場だけではなく、コスト増大や生産性の低下など経営問題に発展する可能性もあります。

適正な在庫管理を行い、前述のような問題を解消するために
注目されているのが、モノをインターネット化させるIoTです。
ここでは、IoTを導入する効果について説明します。

モノをインターネット化するIoTとは

IoTとはInternet of Thingsの略で、モノをインターネット化する仕組みです。
企業では製造現場や工場、倉庫などで浸透しはじめています。

IoTの仕組みや活用する場面を解説します。

IoTでインターネット化させるモノとは

IoTとは、無線通信技術やインターネット回線を通して、モノのデータを収集する技術です。IoTは、農業・製造・サービス・物流・小売など、業種や業態を問わず、多くの企業で導入されています。

IoTの技術でインターネット化できるモノには、
大きく分けて2種類あります。

  1. 製品のIoT
  2. 工場のIoT

製品のIoT

家電や自動車、医療機器、住宅機器など、製造物をインターネットと繋ぐことです。
たとえば、IoT化されたエアコンでは、電源のオンオフや、温度設定の管理がスマートフォンによって操作可能になります。
在庫管理だと、材料や製品の管理がここに当たります。

工場のIoT

工場の設備や機器をインターネットと繋ぐことです。
生産に関わるあらゆるデータをリアルタイムに取得し、蓄積することができるため、
部品加工や自動化など、生産過程の改善や効率化に役立ちます。
在庫管理だと、工夫すれば仕掛品・中間製品の管理に役立てることができます。

モノがインターネットにつながれば何を実現できるのか

企業がIoTを導入することで、モノの操作やデータ収集、データの連携が可能になります。その結果、以下のような業務改善や効率化が実現します。

  • 在庫状況の管理
    商品や資材、部品の在庫をインターネットで一元的に管理することすることができます。そのため、誤出荷を防止して、棚卸などの手間が必要な作業を無くすことが可能になります。
  • センサーによる業務効率化
    工場や倉庫、にセンサーを配置することで、センサーがビーコンを読み取り、在庫の場所やピッキングの状況、移動状況、出荷状況などをリアルタイムで把握できるようになります。

また、店舗にセンサーを設置すると、お客の動線管理や防犯に役立てることができます。

しかし、導入するだけで効率が図れるとは限りません。IoTをより有効活用するためには、事前に業務の整理を行うことが必要となります。

IoTの導入を検討する際には、在庫管理コンサルタントなど、
専門家への相談をおすすめしています。

IoT導入による効果とは

IoTを導入した企業は、具体的にどのような効果を得られるのでしょうか。
現場レベルと経営レベルにわけて、2つの視点で説明します。

現場レベルでの効果

  1. 適正在庫
    多くの企業が頭を悩ませる在庫管理の問題は、在庫が過剰、または過少になることです。IoTを導入することで在庫管理が容易になり、常に在庫数を最適な状態に保つことが可能になります。

  2. 時間短縮
    在庫数の把握や棚卸には、膨大な時間と人員が割かれます。しかしIoTの導入により一元的に在庫管理を行うことで、必要であった手間を減らすことができます。

  3. 業務改善
    IoTの導入により工場や倉庫内におけるオペレーションが改善されることで、多くの人員が必要でなくなるため、最適な人員配置にスリムアップすることができます。

  4. 品質向上
    製品の品質異常を検知・予測する精度が高まるため、顧客の手元に不良品が行き渡ることを予防することが可能です。

経営レベルでの効果

  1. コスト削減
    手作業での在庫管理や発注業務を大きく減らすことができるため、人件費の節約になります。
  2. 生産性の向上
    IoTによって製造工程の見える化ができるようになります。そのため、生産性の悪い工程をピックアップして、改善することが可能です。
  3. 利益率アップ
    無駄な在庫を抱えることで発生していたロスを、削減。それにより、利益率の高い経営が実現します。

    人手不足解消
    慢性的な人手不足に悩む企業では、IoT化によって少ない人員で業務を行えるようになります。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTを導入することで、現場レベルでも経営レベルでも業務効率を改善し、
さまざまな課題を解決できます。

ここでは、IoTを導入する上での注意点や気を付けたいことを解説します。

ご相談は専門家まで

IoTの活用に当たっては、事前にどの業務にシステムを導入し、どのように活かしたいのかを計画することが大切です。そのためには、専門家へ相談することが最も確実でしょう。

「IoTを導入してみたいけど、 実際に何から手を着ければ良いのかわからない」という企業の担当者様は、まずは在庫管理110番(https://shikumika.com/)へお問い合わせください。

弊社が貴社の業務を整理して、IoTを効果的に使うためのポイントをご提案致します。

業務改善の分野で実務経験10年以上の経験豊富な専門家が、貴社の困りごとを解決へと導きます。

IoTを導入するために注意したいこと

IoT導入の前に注意しておきたいことは、解決したい課題や問題を明確にすることです。

なぜなら、IoTの活かし方は企業によってそれぞれ違うからです。

また、運用面でも取り決めも重要です。どのような運用を行うのか、業務上のルールからセキュリティ対策、ゴール設定までを徹底させたうえで、IoTを導入しましょう。
課題発見や運用面のルール整備が難しい場合は、専門家に相談するのがおすすめです。

IoTの効果を発揮できるかは企業次第

モノをインターネット化させることで、どのように在庫管理ができるのか、詳しく説明をしてきました。とくに重視をしたのは、IoTを導入することによる効果です。

倉庫や製造現場だけではなく企業経営の問題を解消できる可能性が、IoTには秘められています。しかし、IoTの導入には、課題のピックアップや運用のルール整備など、事前準備が必要です。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入してみたいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

在庫管理へのIoT活用の関連記事