在庫のロケーション管理

ロケーションとは、在庫を置く場所の事です。
棚の管理で説明したように棚番号を決めると
その工場のロケーションが決まります。

ロケーションを決めることで、
在庫の置き場が決まりますし、
置き場を訪ねたときに、「旋盤の近く」と
いう表現ではなく、「C10-1にあります」と
いう風にこたえられるようになるため、場所が
明確になります。

現場の在庫のロケーション管理には、
次の2つがあります。

  • 固定ロケーション
  • フリーロケーション

固定ロケーション

固定ロケーションとは、在庫1種類ずつに対して
置き場が決まっている在庫管理です。

固定ロケーションにすると、入庫した在庫は、
すぐに所定の場所に搬送され、格納されます。

在庫ひとつひとつの置き場が明確になっているので、
迷うことはありません。

在庫に割り当てられた置き場と違った場所に
置くことは許されません。

デメリットは、在庫が無い「空室の棚」ができること
です。
動きの少ない少量の在庫にも必ず棚番号を割り当てし
なければいけません。

すると、「空いた棚」がたくさんできてしまい、
スペースの無駄になることがあります。

フリーロケーション

フリーロケーションは、各在庫に棚番が割り当てられて
いません。
つまり、入庫したときに初めて置き場が決まります。
こうすれば、空いた棚に在庫が格納されるので、空きスペース
は生まれなくなります。

フリーロケーションは、入庫の時に置き場が決まるため、
置いた場所を記録し、全員に情報をシェアしなければいけません。

もし、置いた場所を記録せず、誰にも置き場を伝えていないと、
たちまち、「在庫が無い!」と探し回ることになります。

フリーロケーションをきちんと運用するためには、在庫システムの
導入が欠かせません。
いちいち、紙にメモをして、置き場を貼り出しておいてもすぐにわ
分からなくなってしまいます。

入庫場所を記録しなければいけないので、在庫を取り扱う人の
仕事も増えます。

記録を忘れてしまうと、在庫は簡単に紛失してしまいます。

固定ロケーション管理が向く在庫

固定ロケーションはアナログでもできる方法で中小企業には
向いた方法だと思います。

固定ロケーション管理に向く在庫は、いつも流れていて日常的に
使っている在庫です。

少量しか流れない在庫は、固定ロケーションにすると空きスペース
が増え、返って倉庫代が高くついてしまいます。

フリーロケーション管理が向く在庫

フリーロケーションは、少量しか流れない在庫や
入れ替わりの激しい在庫に向いた在庫管理方法です。

アマゾンは、膨大な在庫を抱えているため、保管効率の良い
フリーロケーション管理を行っています。

ロケーション管理を組み合わせる

中小企業でもフリーロケーションを適用することが
可能です。
その方法は、一部のエリアだけをフリーロケーションと
する方法です。

例えば、工程ごとにフリーロケーション管理スペースを
作っておき、入庫した在庫はとりあえずそこに置くことも
できます。

少量品のみフリーロケーションとして、在庫管理するのも
ひとつの方法です。

ロケーションの階層

ロケーションには次のような階層があります。
ロケーション

  1. 会社レベル・・・会社全体の在庫
  2. 支店レベル・・・各拠点(工場や営業所など)にある在庫が分かる
  3. 倉庫レベル・・・拠点内にある保管場所(建屋単位)で在庫が分かる
  4. ゾーンレベル・・・倉庫の中の区画(エリアやブロック)
  5. 列レベル・・・棚が並んだひとつのラインレベル
  6. 連レベル・・・列の中のひとつひとつの棚
  7. 段レベル・・・置き場の高さ方向の在庫が分かる
  8. 間口レベル・・・段の中の商品別の仕切り

ロケ―ション管理(拠点レベル)

建物レベルのロケーション管理

各拠点や建屋ごとのロケーション管理です。
このレベルでのロケーション管理ができていないと、
在庫を探すのに時間がかかったり、紛失の危険性も高くなります。

ロケーション管理(建物レベル)

建物レベルのロケーション管理

各拠点にある建物(主に倉庫)レベルでのロケーション管理です。
このレベルで管理ができていれば、在庫探しにかかる時間も少なくて
済みます。

ただ、熟練者では無いと棚が見つけられずに倉庫内を
探し回る可能性があります。

ロケーション管理(棚レベル)

建物レベルのロケーション管理

各倉庫にある棚レベルでの管理です。
このレベルまでの管理ができていればほぼ間違える心配は
ありません。
ただし、左右違いや材質違いなどの類似品等がある場合は取り違える
かもしれません。

間口レベルの番地付けは、左から1、2、3と数えるのか右から数える
野かといったルールを決めて置かないと間口の番号設定がバラバラに
なるので注意が必要です。

ロケーションの細分化のメリットとデメリット

細かく区切れば区切るほど、ピッキングで迷うこと、探す
事が無くなります。
一方で、ロケーションの管理や更新が細かくなるため、より複雑になります。さらに、細かく細分化した固定ロケーションの場合は、
逆に在庫置場の硬直化を招くかもしれません。
中小企業の場合は、まず倉庫レベルのロケ―ション管理を実施して、そこから細かくしていくのが良いでしょう。

中小企業に求めるレベル

中小企業は、「連レベル」のロケーション管理でまずは十分でしょう。
ロケーション管理のための準備とともに表示3定を進めましょう。

自分で学ぶ

在庫管理改善支援センターでは、あなたご自身で在庫管理の基本
学べるようい在庫管理の教科書というオリジナル教材を作りました。

在庫管理の教科書は、次の全4巻です。

  1. 在庫管理を知る(在庫管理の概要が学べます)
  2. 現品管理(3Sや整理・整頓が学べます)
  3. データ管理(エクセルやデータ処理が学べます)
  4. 棚卸し(作業を短縮し、在庫精度を高める方法が分かります)

在庫管理に必要な基本を全て詰め込みました。
現場ですぐに使える実践テクニックが満載です。

ロケーション管理は、特に第2巻(現品管理)が詳しいのでお勧めです。

一度話を在庫管理アドバイザーから聞いてみたい

在庫管理改善支援センターでは、定期的にセミナーを開催しています。
実際の事例に基づいた内容で分かりやすいと好評です。

なお、在庫管理セミナーに参加いただいた方には、2つの特典があります。

  1. 経費15%削減在庫管理術【基礎知識編】(書籍)を漏れなくプレゼント
  2. 希望者の方に個別相談を実施しています。

話が聞けて本がもらえて、直接相談もできる。
セミナーは満足度が高いと評価を頂いています。

ある程度継続的に教えてもらいたい

在庫管理担当者は孤独です。
在庫管理改善支援センターは、真面目に頑張る在庫管理
担当者の為に、在庫管理実践会を立ち上げました。

在庫管理担当者が悩む3つの無いを解消します。

  1. 相談する場が無い
  2. 交流の場が無い
  3. 情報を得る場が無い

在庫管理実践会の詳細はこちら
通常は高額な継続サポートを個人限定の低価格で受けられます。

直接相談したい

在庫管理アドバイザーに直接相談ができます。
これでスムーズに改善を進めた人もたくさんいます。
ただし、人気のサービスなので月間4名様までで予約制です。
気になったら、すぐにご連絡をください。




バナー_まずはこちらへ