不良在庫を抱えない対策!在庫管理を劇的に改善させる方法

常に一定量の在庫を必要とする事業において「不良在庫を出さないこと」は、経営を維持させるために必要な施策です。万が一、不良在庫を抱えてしまった場合は、想定外のコストが掛かることも視野に入れておかなければなりません。

ここでは、「不良在庫を抱えないための対策方法」と「不良在庫が経営に及ぼす悪影響」について紹介します。

不良在庫を抱えないための3つの対策

在庫の所有が必要な業種の場合、不良在庫を抱えてしまうと経営に大きな影響を与えます。そのような事態に陥らないために、あらかじめ不良在庫を抱えないように対策を練る必要があります。

ここでは、不良在庫を抱えないための3つの対策についてお伝えします。

適正在庫を保つ

不良在庫を抱えないための対策は、「適正在庫を保つ」ことが重要なポイントです。
「適正在庫」とは、「経営戦略に基づいて策定した在庫量」です。

ここで注意したいのは、在庫管理を行うための手段です。
「人の手で在庫管理」を実施した場合、

  • 在庫の確認をするには現場に行かなければならない
  • 在庫数の集計が都度必要
  • 担当者によって在庫管理の方法が違う
  • 実際の在庫数と管理上の在庫数の不一致が起こりやすい

など、特に時間の浪費とミスの起こりやすさの観点からさまざまな
問題点を抱えやすいです。

対して、在庫管理システムを導入した場合、
一つのシステムで在庫を一括で照会・管理できるようになるため

  • 正確な在庫管理の実現
  • 現在庫の状況がリアルタイムで分かる

といったことが実現します。
さらに、在庫データが蓄積されますので、
蓄積したデータから在庫数の推移や需要の動向が分かります。
在庫分析が可能になります。

このような点から、適正在庫を保つためには「人の手で在庫管理を実施する」よりも、「在庫管理システムを活用する方が適している」といえます。

一方で、在庫管理システムの導入には、

  • 新たな設定が必要
  • 導入費用がかかる

などの懸念点も存在します。
しかし、作業効率の改善による生産性の向上や、不良在庫による経営の資金繰りの圧迫を考えると、在庫管理システムの導入のための時間や費用は、必要なコストといえます。

在庫管理110番では、在庫管理システムの導入を検討している
企業様のサポートも承っています。これまでの導入事例や導入するプロセス
についても、わかりやすくお伝えします。
在庫管理システムについて

在庫削減の意識を持つ

在庫削減の意識を持つことも、不良在庫を抱えないための
重要な対策であるといえます。
会社として経営リスクを抑えるためには、不良在庫が会社に与える影響を
認識が必要です。
例えば、不良在庫からは次のような影響が現れます。

  • キャッシュフローの圧迫(資金繰りの悪化)
  • 作業効率の悪化

こうしたことを認識したうえで、在庫を減らす
工夫をしなくてはなりません。

常に在庫を抱えておくことが経営ではありません。
在庫は経営にとって、最大の投資です。
投資をするときは、費用対効果はもちろんのこと、コスト・リスクの
リスクの意識も大切です。
在庫で言えば、

  • 在庫管理にかかるコスト
  • 売れ残るリスク

といったことが挙げられます。
これらを考慮したうえで、在庫削減の意識をもって、
仕入れる在庫量を慎重に調節していくことが重要となってくるのです。

在庫回転日数(在庫回転率)を向上させる

「在庫回転日数」とは、「一定期間にどれほどの在庫が販売(使用・消費)したか」を表す指標です。
在庫回転日数が高い数値であるほど、在庫の消化スピードが速いということになります。そのため、不良在庫を抱えるリスクを軽減・未然に防止するためにも在庫回転日数を向上させる必要性があるのです。

しかし、在庫回転日数の数値を高く設定した場合、商品が品切れになる可能性が高くなります。これらの事態に陥らないためにも、常に在庫の消化スピードに注意を払いながら、仕入れ量・生産量のコントロールを行なっていくことが大切です。

不良在庫が経営に及ぼす悪影響

日々、在庫管理業務に携わっている担当者や責任者のなかには、在庫は潤沢にあった方がよいと考え、不良在庫を抱える危険性を十分に理解していない人もいます。

ここでは、不良在庫が経営に及ぼす悪影響について詳しく解説します。

社内の生産性の低下

不良在庫が経営に及ぼす悪影響のひとつが社内業務効率の低下です。
不良在庫を抱えることによって、不良在庫の処分手続きや財務処理など、
不良在庫がなければ必要の無い業務に追われてしまい、社内の通常業務がおろそかになってしまう可能性が高くなってしまうのです。

不良在庫の処分をしないという選択肢もありますが、
不良在庫を抱えることは、社内の見通しを悪くする危険性を高めるリスクがあります。
「管理体制のルール化」や「不良在庫が発生した原因の究明」は、在庫管理の体制が見渡せなければ行うことはできません。

そのため、物理的に在庫がない会社と比べて、不良在庫を抱えている会社は管理ルールがなかったり曖昧、そして不良在庫が発生した原因の究明を行う体制が整っていないため、不良在庫の減らすための改善することは難しい傾向にあるといえます。

多額のコスト(管理・保管)が発生する

在庫はモノですから、モノの保管には、場所と管理が必要です。
当然ですが、モノが増えれば増えるほど広い場所が必要ですし、管理も必要です。

不良在庫を抱えることになった場合、多額のコストを負担していることを
認識しなければいけません。

またありがちですが、「うちは自社の倉庫と土地があるから大丈夫!」
という考えは間違いです。
たとえば、倉庫を運用するうえでの維持費、賃料、水道光熱費、固定資産税などの建物自体にかかる各種費用や商品に付保する「保険料」といったようなコストがかかってきます。

また、「倉庫作業員の雇用」など、倉庫を管理するために必要となる人件費も負担しなければなりません。
盗難防止のために、防犯カメラや警備員の配置など安全対策のコストも必要になる場合もあります。
もちろん、自社倉庫ではなく3PLなどを活用して、委託先の倉庫に在庫を保管している場合も多額の保管料が発生します。

このようなことから、不良在庫は、自社倉庫・委託倉庫関係なく「倉庫運用コスト」を増大させてしまう危険性が高いといえます。

キャッシュフローの悪化

商品を仕入れるためには、仕入先に「商品代金」を支払います。しかし、商品が売れなければ利益を得ることができないうえ、仕入れのために支払った「商品代金」の回収も見込めなくなります。

さらに、残った商品が不良在庫となってしまった場合は、キャッシュフローが悪化して「会社の資金繰りが困難になる」危険性も伴います。

あなたの会社では、不良在庫に対して

  • まだ売れるかもしれない
  • いつか処分しよう
    と思いながら、対応のタイミングを逃していませんか?

不良在庫を放置したままにしておくと、残った商品は
さらに劣化してしまい手が付けられない状態になってしまいます。

市場価値がつくときに処分しなければ、そのまま本当のゴミになって
しまいます。

不良在庫を処分したい

とはいえ、不良在庫の販売先を自社で見つけるのは大変。業者に引き取ってもらっても、どこに流されるのかわからない、同業他社には知られたくない。
といったような事情で、不良在庫の処分が一向にすすまないという現実も
あるのではないでしょうか?

このような問題を回避するために、在庫管理110番では「不良在庫の対策」について、相談を承っています。不良在庫の処分を検討されている企業様は、在庫管理110番のもったいないマッチングの利用をぜひご検討ください。
もったいないマッチングは、あなたの代わりに販路を見つけます。もちろん、販路制限や希望売価にも応じます。
安心・安全・手間なく不良在庫を処分しませんか?

まずは、社内にある不良在庫を一掃して、スタート地点に立つことが
必要です。