中小企業に必要な在庫管理システムとは?

在庫管理システムは安いと言われているパッケージソフトでも少なくとも
100万円かかります。中小企業にとっては痛い出費です。
残念なことに、搭載された機能の2割以下しか使われていません。
さらに残念なことに、必要な機能が搭載されていないため、追加でカスタマイズ
を頼んだり、費用がねん出できない企業は、導入したシステムを使わないことすら
あります。

これは、システム会社が「理論」と「理想」で作った仕組みであり、
実際の現場を知らないことが原因で起こります。

在庫管理改善支援センターは、次のような理念で
在庫管理アドバイザー監修の下で、在庫管理システムを構築します。

  1. 現場を補強するシステム
  2. 必要最小限の機能
  3. システムに依存しないシステムを作る
  4. 誰でも使えるシステム
  5. 成長に耐えるシステム

必要最小限の機能

現場を知る在庫管理アドバイザーが監修しているので、
「在庫管理の要点」を押さえています。

在庫管理で必ずやっておくべきことだけを盛り込んで
いるので、現場に必要以上の負担を掛けません。

システムに依存しないシステム

システムに依存した状態とは、システムがダウンすると
在庫の入出庫が止まったり現場が全く機能しなくなる状態です。

資金力がある大企業なら耐えられますが、中小企業にとっては
死活問題です。
仮にシステムがつながらなくなったとしても現場が回るシステム
と運用方法を提供します。

誰でも使えるシステム

大企業は、システム操作に専用の担当者を付けることが
できます。しかし、中小企業はそんな人材の余裕はありません。
だれでも扱え、そして教育の時間も短くて済むシステムを構築します。

成長に耐えるシステム

成熟した大企業と違い、中小企業は成長途上です。
つまり、状態がダイナミックに日々変化します。

ガッチリしたシステムを導入すると、システムに行動範囲
が狭められてしまいます。

企業がシステムの制約を受けて、成長を阻まれてしまっては
何のために導入したのか意味が分からず、本末転倒です。

成長に合わせた柔軟さを兼ね備えた耐久性のあるシステムを
構築します。

在庫管理システムの構築

在庫管理改善支援センターが構築する
在庫管理システム関する詳細はこちらをご覧ください。

在庫管理改善支援センターの在庫管理システムについて?

在庫管理に学びの場を!

在庫管理改善支援センターは、在庫管理に解決策が見出せず
お悩みの経営者、担当者向けに「学びの場」を2つご用意しました。

在庫管理講座に行く時間が無い方
ご自宅で学びたい方に
在庫管理の教科書のご案内

講師から直接学びたい方に
短期間で学びたい方に
在庫管理セミナー