企業が成長するための在庫管理システム

在庫管理改善支援センターは世の中の在庫管理システムに不満を持っています。

  • シンプルで本当に使えるシステムを!
  • データ本位のシステムではなく、現場本位をシステムを!

この言葉を合言葉に、
在庫管理アドバイザー、在庫管理システム開発歴50年の大ベテラン、
データベースのスペシャリストの3者が集まり、本当に企業に必要な
在庫管理システムを開発中です。

企業が成長する在庫管理システムとは?

在庫管理システム

在庫管理改善支援センターが企画・開発中の在庫管理システムは、
従業員100名以下の中小企業のために開発を行っています。

在庫管理システムの役割は、在庫を扱うことを補完する事です。
つまり、現品管理ができていないとシステムは上手く機能しません。
(工場に高価な機械を導入しても、使用者が扱えなければ意味が無い
のと同じです。)

世の中にある多くの在庫管理システムはこの点を見落としています。
と言いますか、在庫管理システムを開発する会社自体が、実情を知りません。
その結果、多くの会社が在庫管理システムの導入に失敗?します。

在庫管理支援センターはこの状況に危機感を覚え、
現場本位で、現品管理を改善できるシステムを考案しました。
このシステムを使うことで、会社の在庫管理レベルは自然にアップします。

在庫管理システムモニター募集

在庫管理システムの対象者

  • 従業員規模1~100名までの企業
  • 在庫を扱うあらゆる業種(業種を問いません)

在庫管理の原理・原則に従って設計・開発

在庫管理は100社あれば100通りですが、在庫管理の根底にある
原理・原則は、全く同じです。
原理・原則に従って開発したシステムなので、業種を問わずあらゆる
会社で使っていただくことが可能です。

維持コストが安く済みます

使用していたサーバーのOSサポート期間が終了。
新たな機器やOSを導入したところ、利用していた在庫管理システム
対応しておらず大幅なアップデートが必要となり、予想外のコストが発
生したという失敗が起こり得ます。
システムを安定的、継続的に使用していく上で深刻な問題です。

企業が成長するための在庫管理システムは、汎用性の高いシンプルな設計
なので、維持や保守に思わぬ費用が発生する恐れがありません。

企業が成長する在庫管理システムの開発者

今回のシステムを開発するに当たり、在庫管理改善支援センターでは、
在庫管理システム構築のスペシャリストである伊藤年一先生をお招きしました。

在庫管理システムのスペシャリストである伊藤年一先生は、現在の生産管理
システムの主流となっているMRPシステムが日本に持ち込まれた当時から
在庫管理システムの開発に携わっている日本のシステム開発の先駆者です。
現在、在庫管理を行うSEの必読書と言っても過言ではないSEがはじめて学ぶ在庫管理の著者の一人でもあります。

伊藤年一先生のプロフィールはこちら

在庫管理アドバイザーの現場経験と知識、さらに伊藤先生の長年の在庫管理
システムの開発経験を基に企画、開発をした理想的な在庫管理システムです。


バナー_在庫管理システム導入セミナー


バナー_在庫管理システム