働き方改革と在庫管理

在庫管理改善支援センターが提供する在庫管理技術は、
国の政策である働き方改革に大きく貢献できると考えています。

これから日本の人口は急速に減少していきます。
人口推移
出典:総務省

今のままだと、生活水準を維持するのは難しいのは明らかです。
一人あたりの労働生産性を向上させる必要があります。

働き方改革の基本的な考え方です。(首相官邸ホームページから抜粋)
働き方改革

在庫管理は、労働生産性の向上に役立ちます。
特に長時間労働の是正に特に在庫管理は貢献できると
考えています。

在庫管理に悩む会社の相談を受けていて強く感じる
共通の問題点があります。
それは、昔のやり方をずっとそのまま続けているという点です。

昔は少品種大量生産で、仕入れれば売れる作れば売れる
という時代だったので、在庫管理はさほど重視する必要
はありませんでした。

しかし、現在は多品種少量生産。競合も多くモノが売れにくい
時代になりました。

在庫管理を改善すべき理由

それが次のような問題を生んでいます。

  1. 資金繰り悪化
  2. 長時間労働

資金繰りの悪化

在庫金額の増加

上記の統計は、
企業の売上高と、在庫金額が売上高に占める割合を
示したものです。

年々在庫金額の比率が増加していることがわかります。
これは、在庫として固定されるお金が増えているということを
意味しています。つまり、資金繰りの悪化です。

長時間労働

過剰在庫は長時間労働を生みます。
あなたの会社は、在庫の確認をどうやって行っていますか?

現場で在庫数を数えているのであれば、要注意です。
在庫の確認という無駄な作業が発生している証拠です。

在庫管理で問題を解消する

在庫管理を改善すれば、過剰在庫による資金繰りの悪化と無駄な作業の
増加を改善します。

在庫管理改善支援センターは、ITとアナログを組み合わせたシステム
作りを支援し、あなたの会社の生産性の向上に貢献します。

補助金・助成金の活用

国や地方公共団体から生産性向上を支援する。
各種補助金や助成金の制度があります。

たとえば、厚生労働省では次のような制度を
設けています。
労働生産性を向上させた事業所は労働関係助成金が割増されます

このほかにも期間限定のものや地方公共団体や商工会議所が
独自で行っているものなどがあります。

当センターでは、補助金や助成金獲得の支援も
行っています。
補助金・助成金を活用して生産性を向上させたい方は、
ご相談ください。

補助金・助成金を活用したい