効率的な在庫管理を実現!成功事例から学ぶ「IoT」ソリューション

日常生活だけではなく、ビジネスシーンでも導入され始めているIoT技術。利便性が高いだけではありません。業務の効率化や生産性の向上、コスト削減など、経営における課題のソリューションとして期待を集めています。

工場・事業所・倉庫における在庫管理では、どのように活用されているのでしょうか。成功事例を紹介しながら、在庫管理のIoT活用術について解説します。

成功事例を知ることで、失敗を避けながら、すぐにでも現場で実践できる方法を学んでいきましょう。

在庫管理におけるIoTの役割

IoTは、「小売り」や「医療」「農業」「サービス」など、あらゆるビジネス分野で活用されています。

製造・物流業界の工場や倉庫では、IoTはどのような役割があるのでしょうか。とくに在庫管理におけるIoTの役割について説明します。

IoTの仕組み

IoTとは、モノの情報をリアルタイムで把握することができる技術です。Internet of Thingsの略で、モノのインターネット化と呼ばれています。

エアコンや冷蔵庫などの家電や建物、自動車、電子機器、機材など従来はインターネットに接続されなかったモノでも、無線通信やWi-Fiによってデータを収集して、クラウドに送ることができるようになりました。

ビジネスシーンでは農業や小売、物流、製造、医療、介護など幅広い分野で、活かされています。

IoTによる在庫管理とは

工場や倉庫の在庫管理でも、IoTの技術は使われています。IoTによって、商品や資材の在庫をモレなくリアルタイムで把握・管理することが可能です。

在庫管理ではセンサーによって重さを計測して、クラウドと連携させる技術がよく用いられます。過剰在庫や在庫不足が生じた場合でも、重量データによって適正在庫を割り出して、トラブルを解消することが可能です。

物流・製造の現場において入荷業務から出荷業務、商品検索、ロケ検索、在庫移動までIoT技術が機能します。

解決すべき在庫管理の問題とは

在庫管理において、よく起きる問題があります。また、在庫管理をうまくできない企業は、無駄なコストや手間をかけてしまうことが多くあります。

実際、どのようなトラブルが生まれやすく、原因となっていることは何であるのかを説明します。

在庫管理でこのような悩みを抱えていませんか?

物流や製造の倉庫・工場の現場で、よく発生する在庫管理の問題を紹介しましょう。

  1. 過剰在庫
    余分な商品在庫を抱えてしまい、いつまでも減らないケースです。
  2. 不良在庫・滞留在庫
    売上につながる見込みがなく、価値のない在庫を抱えているケースです。ほかの在庫にも悪影響を与えます。
  3. 適正な在庫数がわからない
    需給のバランス、顧客のニーズから正しい在庫数を割り出すことができないケースです。
  4. データではなく勘に頼った在庫管理
    在庫数の管理や発注、製造を担当者の勘だけに頼っているケースです。

いずれの問題であっても、なにがトラブルとなっているのか明確にすることが重要です。「適正在庫がわからない」もしくは、「過剰在庫を減らしたい」など、解決すべきことを整理した上で、原因を追究していきましょう。

在庫管理がうまくいかない理由

在庫管理がうまくいかない理由について、原因別に説明します。

  1. ルール化されていない
    在庫管理を、誰がいつ行ってもできるようにルール化していない企業は少なくありません。マニュアル化されていないので、担当者によって差が生じやすくなります。
  2. 人手に頼っている
    システムを導入しておらず、人手で在庫管理を行ってしまうと、ミスが起こりやすくなります。
  3. 棚卸の頻度が少ない。
    在庫が合わず棚卸差異が生じると、欠品や過剰在庫が発生しやすくなります。
    ただし、在庫が合っていれば棚卸の頻度は少なくても構いません。
  4. 在庫管理システムを使いこなせない
    在庫管理システムを導入していても、担当者が使いこなせていないとうまくいきません。どんなに高価で高機能なシステムを導入しても同じです。
    導入時期に起こりやすい問題です。

成功事例から学ぶIoTの在庫管理

IoTによる在庫管理で、起こりやすい問題と原因について説明しました。

トラブルを発生させないためにも成功事例を紹介しながら、うまく活用できる方法を探っていきます。

IoTによる在庫管理の成功事例

  1. 有限会社ゑびや
    三重県伊勢市で伊勢ゑびや大食堂、ゑびや商店を営む、創業100年の老舗企業です。

    土産物店や和食堂、屋台などの商業施設を運営する同社では、ある店舗のほぼすべての在庫管理と自動発注にIoTを導入。廃棄ロスや在庫管理にかかる手間を省くことに成功しました。
  2. ヤンマーホールディングス株式会社
    農業機械・施設で知られるリーディングカンパニーです。同社ではIoTを、農機の故障予知を先読みに導入しました。先読み情報を基に適正な生産計画を策定し、交換部品をあらかじめ生産・在庫補充しておくことで、交換するタイミングを最適化することに成功したのです。

IoTを在庫管理において導入する方法

2社の成功事例をあげましたが、実際にはソリューションを成功させる鍵となるのは人です。IoTに頼るだけでは、うまくいきません。IoTを活用するための導入、運用のための仕組み作りがきわめて大切です。

そのため、スムーズに導入できることを期待する場合は、IoTに長けた専門家に任せてみることをおすすめします。

在庫管理の業務プロセス改善で実績を出している在庫管理110番では、企業の困りごとの相談を承っています。

個別相談が気軽に行うことができるため、アフターフォローにおいても手厚いサポートで対応します。改善の分野で実務経験10年以上の経験豊富な専門家が、貴社の悩みごとを解決へ導きます。

重さによるIoT在庫管理は「究極の」数えない在庫管理

弊社が特に注目しているIoTは、「重さ」です。
RFIDや画像認識などいかにも「最先端」な技術はたくさんありますが、
準備や設備の面で労力が大きいです。

しかも、対応できる品目の幅に制約があったり、
利用条件が限られていたりとなかなか使い勝手が悪いのが現状です。

一方、重さを使ったIoT在庫管理には以下のような特徴があります。

  • 置くだけで設置完了。余計な設備投資は不要です。
  • 入出庫の時ももうバーコードを読み込んで、数字を打つ必要はありません。
  • 正確な在庫数がミスなくリアルタイムでわかります。
  • 時間のかかる棚卸も一切不要です。

在庫を載せるだけ手間なく、正確な在庫管理ができます。
まさに重さを使ったIoT在庫管理は究極の在庫管理方法です。

  • 重さを使ったIoT在庫管理に興味がある。
  • 実際に導入してみたいという方はお気軽にお問合せください。

また、興味があるけど実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」、
「私の会社でも簡単に導入できるのか?」というご相談でも構いません。


【お試し可能】お気軽にお問合せください

IoTの導入を成功させるために

在庫管理において起こりやすい問題を取り上げながら、IoTを導入して成功した実例を紹介してきました。IoT任せにするのではなく、専門家のサポートを受けながら、現場に導入していくことが重要です。

しかし、多くの企業は「何から手を着ければよいかわからない」といった悩みを抱えています。そのような場合は、在庫管理110番へお問合せください。専門家が迅速に、対応します。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入したいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

在庫管理へのIoT活用の関連記事