商品評価損

商品評価損とは、商品の価値が低下したときに行われる
会計処理です。

棚卸減耗は、物理的な品質の問題の時に使われますが、
商品評価損は、在庫の品質自体には問題はないものの社
会的な価値がなくなった時に行います。

社会的な価値がなくなった時とは、流行が過ぎてしまい
売れる見込みがなくなってしまった場合のことです。

例えば、カレンダーや手帳は、年度が変わってしまうと
いくら新品でももう売れる見込みはありません。

衣類も季節と流行で流行り廃りが激しいので、商品の
価値がすぐになくなります。

このような商品は、在庫一掃と称して値下げを行い
売り尽くしを計るケースが多いのが特徴です。

特に顕著なのは衣類で、決まった時期に一斉にセールを
行い、在庫を処分しています。

商品評価損が起こる原因は、需要予測が実需よりも多い
発注の出し過ぎや製品の作りすぎが原因です。

在庫管理に学びの場を!

在庫管理改善支援センターは、在庫管理に解決策が見出せず
お悩みの経営者、担当者向けに「学びの場」を2つご用意しました。

在庫管理講座に行く時間が無い方
ご自宅で学びたい方に
在庫管理の教科書のご案内

講師から直接学びたい方に
短期間で学びたい方に
在庫管理セミナー



商品評価損と関連するページ