在庫ロス

在庫に関するロスには3つの種類があります。

  1. 機会ロス
  2. 廃却ロス
  3. 棚卸ロス

廃却ロス

機会損失を恐れて、在庫を多くすると起こりやすい
のが廃却ロスです。

仕入れた部品の品質保持期限の過ぎて劣化してしまい、
廃却する時に発生するロスのことをいいます。

廃棄をするということは、部品を仕入れる支払ったお金
を捨てるということになります。

購入費以外にもそれまでの在庫管理の費用や、
仕掛品なら作業費自体も無駄になります。

廃却すること自体にもコストが掛かることを忘れては
いけません。

機会ロス

在庫の欠品により生産が止まることを指します。
欠品は、在庫の管理不足、不良により起こります。

欠品が多いと、生産が順調に進まなくなってしまうので、
作業員のモチベーションが下がってしまいます。
また、生産も遅れるために、出荷が遅れお客様の信頼も
失ってしまいます。

棚卸ロス

棚卸の結果、帳簿上の在庫と工場に実際にある在庫の数
が合わない場合があります。これを棚卸ロスと言います。

棚卸ロスは普段の小さな間違いによってって起こります。

小さな間違いの例は、検品のミス、納入数量のミス、誤品、
記録ミス、破損や不良の報告漏れなどです。

部品を扱う担当者への教育・指導の徹底により、減らすこと
ができます。在庫の扱い方を見直してみるといいかもしれません。

自分で学びたい

在庫管理改善支援センターでは、あなたご自身で在庫管理の基本
学べるようい在庫管理の教科書というオリジナル教材を作りました。

在庫管理の教科書は、次の全4巻です。

  1. 在庫管理を知る(在庫管理の概要が学べます)
  2. 現品管理(3Sや整理・整頓が学べます)
  3. データ管理(エクセルやデータ処理が学べます)
  4. 棚卸し(作業を短縮し、在庫精度を高める方法が分かります)

在庫管理に必要な基本を全て詰め込みました。
現場ですぐに使える実践テクニックが満載です。

在庫管理アドバイザーのセミナーに参加する

在庫管理改善支援センターでは、定期的にセミナーを開催しています。
実際に1000万円を在庫削減した仕組み作りの事例を題材にした分かりやすい内容です。

参加者特典
在庫管理セミナーに参加いただいた方には、2つの特典があります。

  1. 経費15%削減在庫管理術【基礎知識編】(書籍)を漏れなくプレゼント
  2. 希望者の方に個別相談を実施しています。

話が聞けて本がもらえて、直接相談もできる。
セミナーは満足度が高いと評価を頂いています。

ある程度継続的に教えてもらいたい

在庫管理担当者は孤独です。
在庫管理改善支援センターは、真面目に頑張る在庫管理
担当者の為に、在庫管理実践会を立ち上げました。

在庫管理担当者が悩む3つの無いを解消します。

  1. 相談する場が無い
  2. 交流の場が無い
  3. 情報を得る場が無い

在庫管理実践会の詳細はこちら
通常は高額な継続サポートを個人限定の低価格で受けられます。

直接相談したい

在庫管理アドバイザーに直接相談ができます。
これでスムーズに改善を進めた人もたくさんいます。
ただし、人気のサービスなので月間4名様までで予約制です。
気になったら、すぐにご連絡をください。




バナー_まずはこちらへ