在庫管理の簡素化を図るために!生産性向上に関する取り組み方

商品や材料などの在庫を必要とする製造業や卸売業では、安定した収益を確保するために、細やかな「在庫管理」が求められます。
しかし、在庫管理を行う際には、記録・担当者の配置・棚卸しなど、管理には多くの工数や時間が必要になります。

ここでは、「複雑な在庫管理を簡素化する方法」と「生産性向上に関する取り組み方」を紹介します。

在庫管理の生産性向上に伴う3つの取り組み方

在庫管理とは、在庫として支出した資金に期待できる利益額を上乗せしたうえで、
効率的に回収するために必要な在庫を管理するための一連のプロセスを指します。

以下では、「在庫管理の生産性向上に伴う取り組み方」について3つ紹介します。

在庫管理ルールを徹底する

在庫管理の生産性向上に伴う取り組み方のひとつに、
在庫管理ルールを徹底する方法があります。

在庫管理に困っている企業の多くは、

  • 担当者に任せている
  • 個人によってやり方が違う

このような属人化がほぼ確実に常態化しています。

たとえば、在庫が保管倉庫に入庫される時点で、だれが入庫作業をするのか、
何を使うのか、そしてどこにどうやって記録するのか、といったことです。

さらに入庫金額と請求された仕入金額に相違がある場合などでは、
誰がどのように調査を行うのか?
どのように解決するのか?

を決めることなどがあげられます。

管理は個々人に任すではなく、定型的かつ繰り返し頻度の高い
汎用性の高いものなので、横串を通して、誰がやっても同じ状態
にするのが重要です。

定型的になっていない場合は、業務プロセスを書き出したり、
分解したりすることで、まずは現状業務の見える化を行います。

&deco(red,,){頭の中で考えるのではなく、当然わかっていることでも書き出すことがとても大切です。
};

在庫管理のルールは「5W1H」から

ここで業務プロセスを書き出すときに、役立つ視点があります。
それが、5W1Hの観点で整理することです。
在庫管理ルールにおいても5W1Hは基本です。

「5W1H」とは、「Why(なぜ)、What(何を)、Where(どこで)、When(いつ)、Who(誰が)、How(どのように)」の視点で整理し、状況を捉える改善手法として有効な方法のひとつです。

この中でも特に、「誰が」を決めることが重要となります。
※「誰が」は、個人ではなく、部署だったりすることもあります。

「5W1H」の観点でのルールを策定することは、業務フローを整理して、
さらにその先にある在庫管理システムの導入など、効率化の促進を図るうえ
で大切な要素となります。

在庫の保管場所の改善

在庫管理ができていない会社の多くは、
在庫の場所が決まっていないというケースが多いです。

ここで、在庫管理をこれからやろうとする会社にお勧めの保管方法は、
固定ロケーション管理です。

商品の置き場所をあらかじめ決めておくことで、

商品の保管状況を誰でも正確に把握できる方法のことを指します。

適切な固定ロケーション管理を徹底することにより、在庫管理の際

  • 誰でも在庫の取り出しができる
  • ピッキング作業の効率化
  • 出荷の手配ミス防止
  • 出荷手配がスムーズになる
  • 棚卸し作業の効率化を図れる

といった多くのメリットを得られます。
倉庫管理にベテランの倉庫職人は必要ありません。

最適な方法で棚卸しを実施する

最適な方法で棚卸しを実施することも、在庫管理の生産性向上に伴う取り組み方のひとつであるといえます。
棚卸し作業とは、現時点で倉庫に保管されている在庫数を確認し、決算に反映させる大切な業務のことを指します。

多くの企業では、決算時期の直前でもある11月や3月に棚卸し作業を行う傾向
にあります。
また、「棚卸し作業」は、現場にて実際に商品を確認することが前提となるため、手間のかかる作業です。企業によっては、期末時の一大イベントとなっているケースが多くあります。

棚卸し作業時の大きな問題点は、「保管記録上の在庫数」と「棚卸し時に実測した数」の相違です。数の相違がないように、棚卸し作業を円滑に行うためには、
在庫を探すといった作業を極力減らすことが最も大切です。

棚卸作業の前に、整理・整頓を行うことで、いままで早朝から夜中まで、合計2日間
かかっていた作業が、なんと60%以上も削減できたケースがあります。
しかも、システム導入など特別なことは一切していません。

さらに、作業時間を短縮する方法は、在庫管理システムの導入です。
棚路卸作業は、棚卸数を手書きで書いた紙をパソコンに転記する
という時間のかかる作業が発生します。

棚卸作業でそのまま入力できる在庫管理システムを導入すれば、
棚卸数を手書きで書いた紙をパソコンに転記して、集計する作業を省けます。
さらに、品番や品名の転記ミスも防げます。
また、バーコードやQRコードによる読み取りも加えれば、品番入力は
絶対に間違えなくなります。
ミスがなくなり、作業効率もよくなるので劇的な生産性向上が見込めます。

在庫管理110番では、棚卸を含めた在庫管理システムの導入を検討している
企業様の相談を承っています。
在庫管理の実務とシステムに詳しい在庫管理アドバイザーが
システムの導入事例や御社のレベルに合うように丁寧に説明いたします。
「在庫管理システムの導入」を検討している企業様は、ぜひ「在庫管理110番」へお問い合わせください。

在庫管理システムで在庫管理の生産性向上を図る

在庫管理を円滑に行うためには、在庫管理システムを
うまく活用することが一番大きなポイントです。

ここでは、在庫管理システムで在庫管理の生産性向上を
図る方法についてお伝えします。

在庫管理システムの基礎知識

在庫管理システムとは、会社にある在庫の入庫から出庫、そしてリアルタイムの在庫数の把握までの管理を行うことができる画期的な方法です。

在庫管理システムは、「商品の入庫から出庫までの管理」以外にも、
利用の仕方によっては商品の需要予測や生産進捗の管理とった「販売・生産工程」
の一部を補うことも可能です。

そのため、「在庫管理システム」の導入利点としては、既存の販売管理システムや
生産管理システムとも連携できます。しかし、導入する際には、すでに利用しているまたは使用したい「販売管理」や「生産管理」などのシステムと連携できるかを事前に確認を行うことが必要です。

さらに、業種によっては、

  • 貨物配送・在庫管理などを主要機能とする物流管理システム」
  • 入出庫管理・商品検品」などの倉庫業務を主要機能とする倉庫管理システム」
    など、導入先の業種に特化したシステムも開発されています。

ただ、どのシステムも起点はモノ=在庫です。
販売管理システムは、モノがなければ販売できません。
生産管理システムは、モノがなければ生産できません。
倉庫管理システムは、モノがなければ運べません。

在庫をシステムできっちり管理することで、全てがうまくいきます。

以上のことから、在庫管理システムを導入する際は、
自社の事業内容に適合した在庫管理システムを選択しましょう。

在庫管理110番では、在庫管理システムの導入を検討している企業様のサポートを承っています。企業様の事業内容に最適な在庫管理システムを提案いたします。

在庫管理システムを導入するメリット

在庫管理システムの導入は、さまざまなメリットにつながります。

在庫管理業務の効率化を図れる

RFIDタグやハンディターミナルなどのITツールと在庫管理システムを
連携して導入することで、在庫管理業務の効率化を図ることが可能となります。

これらのツールの導入はとても強力で、従来の作業が60~80%削減できた
という劇的な生産性向上につながる可能性があります。
ただし、取り扱う品目などのよって、適切なITツールを選ばなければ
いけません。

在庫管理業務に伴う人為的ミスの削減を実現

在庫管理業務での人為的ミスの削減を実現させることで、
現場作業の標準化と効率化を見込むことができます。

システムを入れることの有用性で見落としがちなのが、
特に標準化です。
手書きの帳票やエクセルだとと、個人で
情報を付け加えたり、フォーマットを勝手に
カスタマイズします。

これをシステムに置き換えると、個人の勝手な
都合によって情報を付け加えたり、カスタマイズできなく
なります。

方法が統一され、入力情報が決まるため、
情報のバケツリレーによる情報の歪みや
確認の手間がなくなり、効率がアップします。

最新の在庫の現状をリアルタイムで管理

在庫管理システムを導入された企業が
結果的に一番メリットだった!として挙げていることです。

最新の在庫をリアルタイムで確認できるようになると、
現場を含め、在庫を気にするという習慣が根付いてきます。

結果的に、在庫管理をこれまで以上に丁寧に行う文化が生まれます。

さらに、営業先でいちいち本社に在庫を問い合わせることなく、その場で
確認、お客様にスピーディーに提案できるようになったり、
現時点での売れ筋商品の詳細を、簡単に把握することができるため
企業戦略の構築や商品宣伝などに関するアクションに大きく貢献することができます。

在庫管理をしっかりと行えば、コスト削減や効率化を超えるメリットが
得られるのも魅力です。

在庫管理の生産性向上に伴う取り組みについて興味のある方はこちらへ

在庫管理の生産性向上に伴う取り組みについて興味のある方、「生産性向上を図るための取り組み方」を実践してみたいけど、実際に「何から手を着ければよいのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。