在庫管理はデータ通信で効率化!経営課題をIoTで解決する方法

工場や倉庫では、部品・素材の誤発注や棚卸し数の誤差など、在庫管理におけるトラブルは日々、生じるものです。

適切な在庫管理をするためにIoTによるソリューションが、注目を集めています。IoTでは通信機能を活かして、効率的な在庫管理ができるようになります。

マニュアル・手作業ではなく通信という手段を使って、どのように在庫管理ができるようになるでしょうか。IoTで経営課題を解決する方法について説明していきます。

生産管理・在庫管理担当者が知っておくべきIoTとは

日常生活からビジネスの現場まで、IoTの技術が活用される時代へとなりつつあります。

IoTは、工場・倉庫などメーカー・物流における現場でも欠かせない技術です。生産管理・在庫管理担当者が知っておくべきIoTの基本な知識について説明します。

IoTの基礎知識

IoTとはInternet of Thingsの略であり、「モノのインターネット化」と呼ばれています。身の回りにある家電からエアコンや照明、自動車、ウェアラブルデバイスまで、あらゆるモノに通信機能を持たせて、インターネットに接続をする技術です。

ビジネスシーンでは、例えば工場設備で用いられています。工場内にセンサーを設置して、インターネットを経由して遠隔から工場内の状況や位置を、リアルタイムに把握することが可能です。

機材の制御や操作・計測、そして輸送の自動化などが、人手と手間がかかることでも効率的にできるようになります。これからの時代になくてはならない技術だといえるでしょう。

なぜIoTは在庫管理で必要なのか

IoTが在庫管理で必要なのは、なぜなのでしょうか。

在庫管理におけるメリットが大きいからです。在庫情報を、一括でリアルタイムに把握することが最大のポイントだといえます。

具体的には以下のような情報を収集することが可能です。

  • 実在庫数の適切な把握
  • 在庫の保管場所
  • ピッキング状況
  • 移動状況
  • 出荷状況

現代は適切な在庫管理をすることが、難しい時代となりました。消費者による消費行動が多様化しつつあるからです。同一商品を大量生産し続けるような時代ではありません。ニーズの変化に応じて、在庫を管理できなければ、過剰な在庫を抱えるリスクが発生します。

リスクを回避するためには、的確な在庫管理のコストを抑えながら行わなければなりません。最新技術であるIoTによって、在庫管理をシステム化できるようになります。

IoTと通信機能の関係性

モノがインターネットへつながるためには、通信機能が必要です。どのような仕組みで、通信機能を持たせることができるのか、通信手段について説明します。

IoTの通信手段

モノをインターネットに接続させるのは、通信機器です。WiFi・無線LANや3G、5G、LTEなどの無線方式を用います。通信には、IPパケットと呼ばれるデータ形式を使用します。

データを通信するのは、各種センサーが搭載されたICタグです。センサーが光や温度、重力、音を感知して、モノの状態を知ることができます。

センサーの無線化について

センサーを種類別に紹介します。

  1. 温度センサー
    温度を計測して、電気信号に変換します。機械のオーバーヒートに用いられます。
  2. 光センサー
    光の強さや断続を検知します。可視光から赤外線・紫外線など目に見えない光までを測定します。
  3. 超音波センサー
    超音波の反射を利用して、距離を測定するセンサーです。光の反射を利用して近距離を測定する距離センサーもあります。
  4. マットセンサー
    商品・部材の下に、センサーを敷くことで残量を自動計測します。データに基づいて適切なタイミングで自動発注することが可能です。

ほかにも赤外線センサー、振動センサー、気圧センサーなど多岐にわたります。

IoTによる在庫管理で経営課題を解決

モノの情報を通信化させることは、どんな問題のソリューションとなるのでしょうか。IoTによる在庫管理で、経営課題を解決する方法について解説します。

IoTで解決できること

IoTによって在庫管理に関わるミスやトラブル、手間を大幅に削減することができます。具体的には棚卸の数が合わない棚卸差異や、在庫不足・過剰在庫に陥る問題を解消してくれます。

商品・資材・部品の在庫をリアルタイムに管理することで、適正な在庫を維持し続けることが可能です。

例えば、日立製作所では生産工場で部品の過剰在庫を2カ月以上も抱えていました。IoTによって設計変更が影響していたことが、たった30分で判明。無駄なコストを削減することができました。

IoTを在庫管理において導入する方法

在庫管理における問題のソリューションとなるIoTですが、導入をしても決して順調に機能するわけではありません。現場に浸透するまでに、操作や管理などでトラブルが生じやすいためです。

IoT導入に失敗しないためには、適切なアドバイスが行える専門業者に相談してみることもひとつの方法です。業務プロセスで実績を出している在庫管理110番が、企業の困りごとの相談を承っています。

気軽に個別相談を申し込んでいただくことができて、アフターフォローにおいても手厚いサポートを行っています。改善の分野で実務経験10年以上の経験豊富な専門家が、企業の悩みを解決へ導きます。

在庫管理のトラブルを解消するために

適正な在庫管理をデータ通信によって実現するIoTについて解説しました。棚卸や在庫数、発注などでトラブルを抱えて、コストが膨らんでいる企業は、IoTの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入したいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

在庫管理へのIoT活用の関連記事