在庫管理改善支援センター代表
岡本茂靖(Okamoto Shigeyasu)
(在庫管理アドバイザー)

在庫管理110番は、在庫管理にお悩みの経営者が気軽に相談できる緊急窓口です。

「モノ」が流れているところが事業領域です。

在庫管理と言えば、製造業、小売業、卸売業などを思いつきますが、建設業や医療・介護業などの消耗品などの資材管理も対応可能です。
事業内容について詳しく見る

代表者岡本茂靖

在庫管理改善支援センター、代表者プロフィール

住友重機械系列のメーカーに入社し、作業機械の生産管理を担当。
その後工場の上流工程から下流までの管理業務のほぼ全てに携わる。
顧客によって仕様の異なる多種多様の製品を担当することで鍛えられる。

入社後は、部品調達・製造の要になる生産計画の立案を担当。
その後、国内・国外の仕入先からの資材調達、製品の受注対応、
から、生産工程の進捗管理、製品の生産切り替えを行う設計変更
を担当する。

さらに、改善活動も多数担当。
生産指示をシンプルにする改善(用紙削減率80%)
子会社の業務プロセスの改善、生産管理担当者の教育。
現場の声を反映したシステム改善からマスター管理まで
あらゆる業務を経験する。

経営理念と事業目的

モノを効率よく動かす仕組みで社会をhappy!に

情報化社会と言われていますが、私たちはモノが無いと
生きていけません。私達の生活に必ず必要なモノが効率よく動けば、
私達の社会は必ずhappy!になります。

モノの動きが悪くなると、3つのムダが発生します。

  1. 経済のムダ
    企業に不良在庫・滞留在庫が溜まり、在庫=お金です。
    在庫の滞留は経済の滞留と同じです。
  2. 資源のムダ
    在庫は、何らかの材料資源を使い、そしてエネルギーを使って生産・保管
    しています。
  3. 時間のムダ
    在庫はモノですから「探す、運ぶ、入れ替える」など管理に
    必ず人手がかかります。

私達は3つの無駄を無くすことで、社会をhappy!にします。

私たちのミッション

私達は3つのムダを無くすために在庫管理という分野で、
私達は次の次のミッションを掲げます。

在庫管理を簡単に、価値あるものにする

在庫管理は、大切です!と日々お伝えしている立場ですが、
ハッキリ言って正直面倒です。
ただ、在庫管理は絶対に経営にとってメリットしかありません。

時間をかけずに在庫管理ができること一番の理想です。

そこで、私達は在庫管理ができるだけ簡単に
できる仕組み作りを追求し続けます。

さらに、在庫管理から得られたデータは、会社にとって素晴らしい財産です。
在庫管理のデータが、会社の経営にとって役立つようにします。

透明で価値のある流通の仕組みを作る
オープンなサプライチェーンが、結果的に適正在庫の最短ルートです。

  • 企業間で透明性の高いサプライチェーンの仕組みの構築します。
  • 欲しい人の元に欲しいものが届く、廃棄・滞留の無い流通の仕組みの構築します。

仕組みを使いこなせる企業を増やす
そして、何よりも大切なのがこれです。
どんなに良い仕組みを作っても、それを維持・改善しなければ
どんどん劣化していきます。
私達は、仕組みを作り、それを使いこなせる企業を増やします。

これらのミッションを追求し続けることを通じて、少子高齢化が進行しても
日本が持続的に発展し、日本に住む人がずっと豊かな人生を送れる
社会づくりに貢献します。

私達は企業の土木建設業

私達の仕事を例えるならば、企業の土木建設業です。
天守閣を作るよりも、天守を支える石垣を積み上げるのが私たちの仕事です。

土木建設は、とても地味ですが国家を支える大切なインフラを整備する
仕事です。私たちの在庫管理も会社という国家を支えるためのオペレーションの
しくみ作りという土木事業を行っています。

  • 強靭な地盤を作る
    土木建設は、強靭な地盤を作る大切な仕事です。
    どんな立派な建物でも、地盤が軟弱だとトラブルが起こった時
    にあっという間に崩壊します。
    在庫管理は、企業の地盤であるキャッシュと利益を生み出す土台になります。
  • スクラップアンドビルド
    時には、解体や掘削など既存のものを壊さなければいけない時があります。
    在庫管理も同じです。既存の仕組みや習慣を時には壊す必要があります。
    なぜなら、現状の仕組みや習慣が、現状を生み出しているからです。
    現状を変えない限り、改善は見込めません。
  • 長持ちさせる
    土木建設でできたものは、メンテナスをしながら何十年も使われ続けます。
    メンテナンスが不十分だと壊れてしまい大変な事故になります。
    在庫管理も同じです。環境は常に変化します。
    作った仕組みはメンテナンスが必ず必要です。
    私達がメンテナンスのお手伝いをすることもできますが、
    お客様自身がメンテナンスができるようにご支援致します。

私たちの提供する技術

経験とテクノロジーでシンプルな仕組みを作る
でクライアント企業が使いこなせる仕組みを提供します。

ITを中心としたテクノロジーが生産性向上ではクローズアップ
されがちですが、ITは所詮道具です。
どんなに優れた道具でも使いこなせなければ意味がありません。

一方で、経験によって得られた知見はテクノロジーに代えがたい
ものであり、シーンによってはテクノロジーを凌駕する力を発揮します。

経験が力を発揮するのは管理技術です。
管理技術は、汎用的であり普遍的な技術です。

一朝一夕で身に付くものではなく、現場での経験が非常に役に立ちます。

私達は、経験×テクノロジーを程よく組み合わせ、
クライアント企業が使いこなせるシンプルな仕組みを提供します。

空中戦と陸上戦

私達の強みは、空中戦と陸上戦のどちらもできることです。
空中戦とは、ITやウェブツールを徹底的に活用することです。
IT、ウェブを活用すれば効率の良い仕事ができます。

例えば、弊社の運営する在庫管理110番は1日のアクセス数が2000を超えます。
日本中(たまに世界から)、お声掛けいただける環境を整えています。
結果、無駄な時間と広告が不要なので、販促にかかるコストを削減した分だけ、
お客様に良質なサービスを提供できます。

一方で陸上戦とは、泥臭い現場活動のことです。
現場に行かなければわからないこと、現場でなければ気付けないことは
山ほどあります。どれだけ人工知能が発達したとしてもこれは変わらないでしょう。
現場経験は、積み上げしかありません。コツコツと現場で経験を積み、勘を鍛える
ことで他社には真似できない圧倒的な差を生みます。

私たちの働き方

現場を大切にして、自由に働く

  • リモートワーク・・・働く場所は自由
    地元から離れなくてもいいです、朝の憂鬱な通勤も不要です。
    仕事のために住みたい場所から離れたり、家庭の事情の為に、やむなく
    仕事を止める必要はありません。
  • 現場を大切に
    私達は常に現場を大切にします。
    ずっとパソコンの画面に向かっていても良いサービスは提供できません。
    私達は現場に行き、現場で直接クライアントに接し、現場を見て、悩みを体感します。
    現場で得た経験は、何よりも代えがたい財産です。
    現場での経験をコツコツと積み上げは、圧倒的なスキルの差につながると確信しています。

採用情報

週に1回や外注として自由に働きたいなど、多様な働き方を支持します。
採用情報・パートナー募集?

事務所の所在地について

在庫管理改善支援センターの所在地は、名古屋・東京にあります。
事務所の所在地はこちらです

在庫管理に関するご相談・お問い合わせ

在庫管理についてお悩みの経営者様、責任者様
お気軽にご相談ください。
専用フォームから問い合わせができます。
お気軽にお問い合わせください。
(※36時間以内に回答します。)

下記のフォームにお問い合わせ内容をご入力ください。
電話での受付は行っていません。あらかじめご了承ください。

在庫管理についてどんなことでもお答えします

関連情報

関連サイト

出張写真事業を行っています。
会社案内やパンフレット作り、建屋の空撮などのご相談にも応じております。
使える写真館

プライバシーポリシー