在庫管理システム

在庫管理改善支援センターは、在庫管理システムの導入の為に
コンテンツをご用意しました。
失敗せずに自社に合ったシステムを導入する参考にしてください。

在庫管理システム導入で得られる劇的なメリット

システム導入のメリット

見える化

システムを導入すれば、誰でもどこからでも最新の情報を共有
できるので、確認作業を無くすことができます。

在庫管理業務で、最も時間を割かれるのが確認・調整業務です。
電話対応したり、現場に在庫確認に行ったりと、走り回っている
時間が1日の仕事の大部分を占めていませんか?

時間短縮

システムは、一度に、大量の情報を、しかも正確に処理します。
書類の作成、書類探し、伝票チェックなどに時間を取られていませんか?
月末のとりまとめや集計もシステムなら一瞬で終わります。

データの活用

システムに蓄積したデータは会社の財産です。
需要予測による過剰在庫や欠品の防止、適正在庫、顧客への提案、
資金繰りの計算など在庫データを使って未来を見通すことができます。

需要が減っているのに仕入ロットが昔と変わらない、
商品点数の増加以上に、在庫数がどんどん増えている。
原因は、昔から変わらない経験と勘による主観的な判断です。
主観的判断は止めて、事実(在庫データ)に基づいた客観的な判断をしませんか?

在庫管理システムを導入した74%の会社が不満を抱えている

システムを導入した70%が不満
在庫管理システムの不満リスト

しかし、残念ながら在庫管理システムを導入しても、
劇的な改善につながっていません。

むしろ、不満を抱える会社が多いという事実があります。

中部経済新聞に掲載された「中小企業の在庫管理システム利用実態調査」
によると、在庫管理システムを導入した企業のうち74%が不満を抱えています。

つまり、導入したシステムが満足だったと自信を持って
言える会社は、たったの約25%。
わずか4社のうち1社しか成功しないのです。

職業柄、在庫に関する相談をたくさん受けます。
システムの話も良く出てきます。

  • 80%以上の機能を使っていない
  • システムでできないことを仕方なく手作業でやっている
  • 数千万円かけて導入したシステムを使っていない
  • 過去の3回、システム導入に失敗している

それは、導入後に75%以上の会社が不満に思っているというデータからも
明らかです。

システム会社は導入実績をアピールしますが、
導入実績とそのシステムにお客が満足したかどうかは
別問題です。

システム導入の現状

在庫管理改善支援センターは、システム開発会社ではありません。
では、なぜ在庫管理システムの開発に踏み切ったのか?

それは、相談者から聞いた在庫管理システムの現状が
あまりにもひどかったからです。

システム導入失敗事例

多額のお金をかけ、時間をかけ、手間をかけた
にも関わらず失敗する。

この現状を何とかしなければいけない。と真剣に考えました。

成長する在庫管理

成長する在庫管理システム

企画・開発のコンセプトは、
導入した企業が後悔しない本当に役立つシステム

在庫管理システムを導入した企業の約75%が不満を持っています。
この現状を変えるために開発したのが、成長する在庫管理システムです。

在庫管理のことを知り尽くした専門家が企画しました。
現場での使いやすさを第一に考え、直感的で分かりやすく
誰にでも使えます。

在庫管理の教科書(絶対にシステム導入を成功させるためには)

在庫管理の教科書05-システム導入を成功させる

在庫管理の教科書05の詳細を見る

システム導入に関するお問合せ

システムの選定や導入に関するお問い合わせを受け付けています。
お気軽にお問合せください。