中小企業が在庫管理システム導入をご検討中の皆様へ

在庫管理システムを導入したい!

と思っている社長や在庫管理担当者は多いのではないでしょうか?
インターネットで調べてみると、いかにも理想的なシステムが
たくさんあるので目移りします。

システムを導入すれば、全てが解決すると思っていませんか?

安易にシステムを導入すると、大切な資金をドブに捨てることに
なるばかりか、会社が傾く原因にもなりかねません。

専用システムとの違いをまとめました。
専用の在庫管理システムとの違い

中小企業に必要なのは、必要最小限の機能を持った
小さな在庫管理システムです。
大きなシステムは、中小企業の手に余り、使いこなす
だけでも大変です。

企業が成長するための在庫管理システム

在庫管理システムを導入する前に企業がやらなければいけない3つのこと
在庫管理システムを導入する前にやるべきこと

安い!と思って導入したソフトに思わぬ費用が掛かる場合があります。
在庫管理ソフトの導入費用

在庫管理システムは世の中にたくさんあります。
ですが、在庫管理システムを比較する前に必ずやっておかなければ
いけないことがあります。

在庫管理改善支援センターのサービス

在庫管理改善支援センターでは、在庫管理システムに関するサービスを
提供しています。
企業に取って本当にためになり、コストを抑えたシステムの導入のお手伝いを
します。

在庫システム導入相談

初めてシステムを導入する企業様におすすめです。

  • システムを導入する前に知っておくべき事
  • システムを導入するまでに決めておくべき事
  • システム運用のシュミレーションとトレーニング

在庫管理システム開発支援

在庫管理システム会社が対象です。
いくら優れたシステムでも現場が使えない、使いづらいものだと
全く意味がありません。
システム開発会社が知らない業務の観点から、ユーザーに最適な
在庫管理システムを構築するお手伝いをします。

在庫管理システムの提供

在庫管理改善支援センターが企画・監修をした在庫管理システムです。

以下の3点が盛り込まれたこれから在庫管理をスタートさせる企業に
理想的なシステムです。

  1. 企業が成長できるシステム
  2. 必要最小限のシステム
  3. 仕事をシステムに振り回されない事

在庫管理システムだけでは解決しない

在庫管理システムの導入で失敗しないために

在庫は実体のある「モノ」です。
つまり、現品の管理が必ず必要です。いくら在庫管理システム
導入しても正しい現品管理を伴わない在庫管理システムの導入
無意味です。
むしろ、意味の無いデータを過信し、より深刻な在庫問題につながり
かねません。

システム開発会社に要注意

在庫管理システムの失敗あるある

残念なことに在庫管理システムを導入した会社が100%満足を
しているかというと、不満に思っていることが多いのが現状です。
あまり表に出てこないのは、仕方なく使っていたり、社長や上司
に言えず、実務担当者が時間を掛けてリカバリーをしているからです。

例えば次のようなことがあります。

  1. 導入が目的になっている
    在庫管理システムの導入は一大プロジェクトになることが多いです。
    最初は様々な意見が飛び交い活発ですが、徐々に疲れてきて一体何のために
    システムを導入するのか見えなくなることがあります。
    機械と同じようにシステムは道具です。導入したところがスタートであり、
    運用できなければ意味がありません。
  2. システムに振り回されている
    在庫管理システムを導入することで、仕事の手順が厳密化
    することが多いです。一部は業務改善にもつながりますが、
    そうでないことも多く、システムを動かすための仕事に振り回される
    ことがあります。
  3. やることが逆に増えた
    システムを動かすための仕事が新たに増えますが、既存の仕事が
    全く減らず、むしろ仕事量だけが倍増することがあります。
  4. 機能の2割程度しか使っていない
    導入当初、豊富な機能を備えた一見何でもできそうなシステムだと
    考えていたが、実際に導入してみると一部の機能しか使えなかったという
    事があります。
  5. 必要な機能が無く使えなかった
    最悪のケースは、業務を動かすために必要な機能が全く無く、システムは
    導入したもののほとんど使っていないということがあります。
  6. 機能の付け足し、付け足しで複雑化
    要望を聞きすぎて、ある特定の担当者しか分からない機能が追加されたり
    して、システムの内容が複雑化し、使いにくくなることがあります。
  7. 仕事が止まる
    仕事を全部システム化してしまうと、システムダウン
    した時に全ての仕事が止まってしまいます。
    システムを導入することでリスク要因が増える可能性があります。
  8. 競争力を失う
    システムに合わせた仕事をすることで、他社との差別化・競争力に
    繋がっていた源泉が失われてしまうことがあります。

システムができること

一般的に在庫管理システムを問わず、システムは
次のようなことができます。

  • 計算が早い
  • 同じ作業を正確にこなす
  • 大量のデータを保存できる
  • データの抽出や再利用が簡単

これがコンピュータを使ったシステム
ができることの全てです。

規則的で早くて正確なのがコンピュータの最大の利点です。
つまり、コンピュータのやること決めてやり、それをやるための
正確な材料を与えれてやればシステムは正常に動きます。

在庫管理システム導入時に会社でやらなければいけないこと

システムは常にルールにのっとった正確な動きをします。
それ以上のことはできません。
そのため、人間がシステムを扱うときも必ずルールに従う
必要があります。

そのために在庫管理システム導入時に会社でやらなければ
いけないことが3つあります。

在庫の流れの把握

仕事の流れ
1つ目は仕事の流れの可視化です。

一般的なシステム会社ができるのは、あなたに言われた
ことを形にすることです。
つまり、あなた自身が会社の流れを理解していることが
大切なのです。
システム会社に丸投げしてもできません。
あなたの会社が作らなければいけません。なぜならシステム会社
は、あなたの会社のことを知らないからです。

システムは一連の仕事の処理を流れをフローチャートのような
形でプログラム化して実行します。
流れ図

在庫の流れを知っていて、その上で流れ図などの形で紙の上に
見える化して落とし込めなければいけません。

情物一致

一般的な事務的なシステムは、パソコンに日報を打つ、売り上げを入力する
など、その場の「情報の処理」だけで全てが完結します。
しかし、在庫管理の場合は、システムの処理と、実際の現物の動きが異なります。
在庫を動かした時データを処理しなくても在庫は動きますし、その逆に在庫を動かさず、データだけ動かすこともできます。
在庫管理システムに置いては、情物一致が原則でありとても大切です。

基準を作りルールを守る

システムは、正確な作業をします。裏を返せば、正確な処理を人間にも
求めます。例えば情物一致を実戦するためには、##在庫を動かした時に必ず
在庫移動入力をする##というルールを作り、それを守ることが大切です。
整頓のように使ったものを元に戻すというルールを守らなければ、データ上の
在庫の場所と会社にある在庫の場所が一致しません。

在庫管理システム導入時に考慮すべき事

在庫管理システムを導入する時にやらなければいけないこと
の他に、考慮しておかなければいけないことが2つあります。

  • 中小企業と大企業の違い
    大企業と違い、中小企業はまだまだこれから成長の余地があります。
    また柔軟な対応を求められますので、成長に耐えられかつ柔軟なシステム
    が必要です。
  • 社長と従業員の違い
    社長と従業員がシステムに求めるものは違います。
    社長は主に金額や業績に関わることを求めますし、従業員は仕事の効率化、
    自分の仕事を楽にしたいということを考えます。
    社長の意向ばかりを取りいれると、実際に操作する従業員の負担になり、
    業務がおろそかになることもありますし、逆に従業員の意見ばかりを取り
    いれると、特定の従業員や部門の負担だけが減り、返って全体の効率を
    落としかねません。

中小企業の良いところは、社長と従業員の距離が近い事です。
必ず膝を突き合わせて、システム導入の目的をまとめましょう。

基本的な考え方として、全体最適化を目指します
日本人は部分最適は得意ですが、全体最適は苦手と言われています。
意識をして取り組みましょう。

在庫管理システムのたった一つの目的

システムには様々なことが求められますが、
在庫管理システムに限っていうと、その目的はとてもシンプルです。

それは、

何が、いくつ、どこにあるのか

ということです。

実は多くの会社ではこれさえわかれば、70-80%の
問題が解決します。

システム会社は魅力的に見える機能を大量に搭載した
システムを進めてきますが、本来必ず必要な機能はこの1点のみです。

在庫管理改善支援センターの提唱する在庫管理システム

在庫管理改善支援センターでは、
使い切れる在庫管理システムというコンセプトで
セミオーダーの在庫管理システムを開発します。

基本的な考え方として、中長期的に競争力を高めたり売上に
つながるべきものでなければいけないと考えています。

システムの特徴は次の通りです。

  1. 必要最小限
  2. 低コスト
  3. システムに依存しない
  4. 誰でも操作ができる
  5. 成長に合わせて機能をアドオン

在庫管理専業で、実務を知っているからこそ
無駄なコストを掛けず、お客様の使いやすい必要な
ソフトをご提供できます。

サポートを手厚く

在庫管理システムに失敗している会社を見ると、
身の丈に合わない数千万円するような高額のシステムだったり、
システムを導入してもうまく運用できていないケースがほとんどです。

この原因は次の2点に集約されます。

  • 仕事の流れの理解不足
  • 情物一致ができていない

そこで、在庫管理改善支援センターでは、この2点のサポートに
重点を置き、導入したシステムを運用でき、かつコスト削減・売上
貢献につながる在庫管理改善をご提供します。

在庫管理システムのスペシャリスト

在庫管理改善支援センターでは、中小企業にしっかりとした在庫管理を
提供するために強力なサポーターである伊藤年一氏と提携致しました。

伊藤氏は様々な業種に対して数多くの在庫管理システムの開発経験が
非常に豊富です。
また、SEがはじめて学ぶ在庫管理の執筆に参画しており、在庫管理システム開発を行うSEの師ともいえる存在です。

伊藤年一氏のプロフィール

在庫管理システム開発のお問合せ

在庫管理アドバイザーが監修し、無駄の無い
実務で使える小さなシステムを開発します。

まずはご相談ください。

お電話によるお問合せ

電話番号:090-4468-9045
外出していることが多いので、携帯電話が便利です。
業務中は、クライアント様との仕事に集中するために
電源を切っていることも多いので、メッセージを残し
ていただけると助かります。

スマートフォン

スマートフォンは以下のボタンをクリックすると直接電話ができます。
スマホで問い合わせる
パソコンの場合は警告表示が出ます。ご注意ください。
警告表示が出た場合は、「何もしない」を選択してください。

メールフォーム

在庫管理に学びの場を!

在庫管理改善支援センターは、在庫管理に解決策が見出せず
お悩みの経営者、担当者向けに「学びの場」を2つご用意しました。

在庫管理講座に行く時間が無い方
ご自宅で学びたい方に
在庫管理の教科書のご案内

講師から直接学びたい方に
短期間で学びたい方に
在庫管理セミナー



関連ページ