在庫管理システムの導入を100%成功させる方法

在庫管理システムの導入を100%成功させる
在庫管理改善支援センターでは、在庫管理システムの販売を記念して、
在庫管理の教科書05「絶対に成功するシステム導入」を執筆しました。

在庫管理だけではなく、商品管理を含む業務系のシステム導入に
役立つ内容となっています。

システムを導入した企業の不満とは?

現状のシステムに不満

実際に相談を受けた中にも、システムで困っている方がいらっしゃいました。
様々な理由がありますが代表的なものとして次の3点があります。

  1. 業務フローに合っていない
  2. 機能が足りない
  3. システムが分かりづらい

不満が起こる原因

なぜ、このような不満が起こるのでしょうか?
それは、システム会社とユーザーの両方にお互いに
関する理解不足という問題があるからです。

  • システム会社:業務の理解不足(実際の業務・システムの運用経験が無い)
  • ユーザー:システムの理解不足(システムがどのようなものかを知らない)

お互いの理解不足が、システムに対するズレを生み、
結果として、問題を抱えたままでシステムが出来上がってしまいます。

損をするのはシステムを導入したユーザー

結局損をするのは、システムを導入したユーザーです。

長期のリース契約を結んでしまうと、役に立たないシステムを泣く泣く使い
続けなければいけません。
そういった会社の中には、不便を補うためにエクセルで別途管理表を作る
などをして対応していることもあります。

これでは、業務効率を上げるために導入したシステムのはずなのに、
システムの為に仕事をしているようなもので、導入した意味が全くありません。

搭載された機能のうち、20%しか使っていないというケースもありました。

在庫管理の教科書05「絶対に成功するシステム導入」の目的

本書は、自社に最良のシステムを手に入れることを
目的として書きました。
ユーザーがシステムを理解し、本当に役立つシステムを構築できる知識が
得られるようになっています。

本書で学ぶこと

在庫管理の教科書05「絶対に成功するシステム導入」では、一貫して次の事を
学び、理解してもらうことに主眼を置いています。

システム導入を成功させる3カ条

この3点を理解すれば、必ずシステムの導入はうまくいきます。
逆に理解しなければ、システムの導入は失敗し、後悔します。

絶対に成功するシステム導入の対象者

本書は特に次のような方(会社)におすすめです。

  • システムの導入を検討している
  • 過去にシステムの導入に失敗した
  • システムの導入で失敗したくない

絶対に成功するシステム導入の内容

SEや開発者向けのシステムの本は多数出版されていますが、ユーザー側から
見たシステム導入の本はほとんどありません。
実際にユーザーとして運用から開発まで携わってきた経験を元に作っています。
知っておきたい順番で、初めての方にも分かりやすくポイントを絞っていますが、
総ページ数55ページ(※単行本換算で70~80ページ)とそこそこのボリューム
です。

主な内容は次の通りです。

  1. システムの導入を100%成功に導く方法
  2. 在庫管理改善支援センターが考えるユーザーに最良のITシステム導入
  3. ITシステムを知る
  4. システムを導入するメリット
  5. システム導入はなぜ失敗するのか?
  6. システムと業務改善の関係
  7. 在庫管理システムのあるべき姿
  8. システムの選定
  9. システムのコスト
  10. 失敗なくシステムの導入を成功させる手順
  11. カスタマイズを実施する
  12. システム化によくある反対意見

在庫管理の教科書05のご購入はこちら