在庫管理システムを導入する前にやるべきこと

在庫管理システムはあくまでも道具です。
作業を代わりにやってくれるわけではありません。
道具を扱う人の基礎的スキルや準備が必ず必要です。

会社が在庫管理システムを導入する前にやっておかなければいけない
ことが3つあります。

  1. 情物一致
  2. データの扱いを学ぶ
  3. 在庫の流れを把握する

情物一致

在庫管理システムで失敗しないために

在庫管理は、現品を扱う現品管理とデータを扱うデータ管理の2つ
から成り立っています。
在庫管理システムが担うことができるのは、データ管理の部分です。
在庫を使ったにも関わらず、在庫管理システムに「出庫」と入力しなければ
実数とデータ数は一致せず、情物不一致になります。
在庫管理システムに入力だけして、在庫自体が動いていなければ、
情物不一致になります。

在庫管理システムを導入する前にまず情物一致ができる環境を整える必要が
あります。

在庫の流れを把握する

仕事の流れ
仕事の流れの可視化です。

システムにできることは、在庫のデータの流れをプログラムで表し、
それを処理する事です。
システムが勝手に構築してくれるわけではありません。

つまり、あなた自身が会社の流れを理解していることが
大切なのです。
システム会社に丸投げしてもできません。
あなたの会社が作らなければいけません。なぜならシステム会社
は、あなたの会社のことを知らないからです。

システムは一連の仕事の処理を流れをフローチャートのような
形でプログラム化して実行します。
流れ図

在庫の流れを知っていて、その上で流れ図などの形で紙の上に
見える化して落とし込めなければいけません。

データの扱いを学ぶ

在庫管理システムは、データ管理を担うと言いましたが、システムができるの
はあくまでもデータの記録と照会、そして抽出です。

収集したデータの活用は「人」がやらなければいけません。
エクセルを使ったデータの加工や分析ができるようになっておかなければ
いけません。

システムを導入する前にやっておくメリット

システムを導入する前に3つの事をやっておくメリット
をお伝えします。

上記の事をやっておけば、
自社に必要な機能、不要な機能の選別ができます。

また、システム会社に適切に自社が欲しいシステムを
正しく伝えることができます。

結果的に、追加カスタマイズや導入したソフトを
使わなくなったという無駄を省くことができます。

企業が成長する在庫管理システム

システムの導入をして後悔している会社は、上記の3つをやっていなかったが
ために「こんなはずじゃなかった」と思います。

在庫管理改善支援センターの在庫管理システムは、上記の3つをやる前に導入
できる在庫管理システムです。

残念ながら一般的なシステム会社にはこのようなシステムは作れません。
在庫管理システムに後悔する理由


バナー_在庫管理システム導入セミナー


バナー_在庫管理システム