在庫管理のセミナー(東京開催)



3月22日(木)
応募を開始しました
募集締め切り:3月17日


在庫管理入門東京セミナー


ご興味のある方は今回のセミナーをご受講ください

7月15日、10月17日は多数のご応募、誠にありがとうございました。
2017年最初の東京セミナーを、3月22日に開催いたします。

参加者の感想と会場の様子

前回好評だった東京でのセミナーを開催いたします。

名古屋と同じように少人数制セミナー(先着15名限定)となっております。
インターネットの他でも募集をしております。
参加枠が埋まり次第締め切りますので、興味がある方はお早めにご応募
ください。
参加者には2つの特典をご用意しております。

東京セミナー会場の様子

在庫管理セミナー

活気あるセミナーとなりました。

当てはまることはありませんか?

  • 売上が減ったのに在庫が減らない。
  • 滞留在庫が毎年増え続けている。
  • 毎年不良在庫(廃却も含む)が多い。
  • 値下げ販売(スクラップ販売)が多い。
  • 倉庫が足りない。

これらは全て在庫管理の問題です。

在庫管理セミナー受講者からの感想

お客様の声

受講者様からたくさんのお喜びの声をいただいています。
その一部をご紹介いたします。

各種セキュリティ用品販売 男性(東京都)

お悩み:効率が悪い。在庫数量の差異が常に発生している。独立した管理になっている。

基本的な内容から学ぶことができました。現品とデータの整合性(情物一致)をいかに図れるか、優先度、重要度の見極めと余剰在庫不良在庫の処分

オフィス用品製造販売 男性(東京都)

お悩み:売上予測の精度が悪い、計画が立てられない。

かんばん方式等が出ると思っていましたが、予想外でした。忘れていたことを
思いだすことができました。在庫日数の設定・入荷ロットの見直し、先入先出し
徹底を実施します。

電子部品製造 女性(福島県)

お悩み:動かない在庫が数多くある。各担当者がダブって同じ部品を注文する。

リードタイム適正在庫の把握が大事だと思う。在庫管理→売上につながるという実感が無かったのですが、今日はよく分かりました。「まだ大丈夫だろう」という感覚での在庫管理をやめる。

製造業 男性(東京都)

お悩み:倉庫在庫と管理在庫の数量が合わない。担当者しか分からない在庫がある。

バーコード管理を考えていましたが、高度なシステムを取りいれなくても
キチンと手順通りやり記録すれば現状のシステムでもやれそうだと思いました。

精密機器製造販売 男性(東京都)

お悩み:基準が明確でないこと。

基本の大切さを改めて思い知らされました。継続は力なりですね。どうもありがとうございました。シンプルで分かりやすい基準作り、関係者への共有に取り組みます。

在庫管理セミナーはこんな人に受講をお勧めします

在庫管理110番のセミナーには「現状では危ない」、
「現状を変えたい」と思っている非常に意識の高い方が
参加されています。

  • 初代は勢いだけでやってきた、今のままでは危ないと思っている2代目経営者
  • 毎年出ている不良在庫を減らしたい経営幹部
  • 在庫が増える現状を何とかしたいや工場長
  • いきなり生産管理、在庫管理を任されて右も左も分からない担当者
  • 顧問先の在庫が多すぎるが、指摘の仕方が分からない会計士、税理士、社労士

経営者が在庫管理セミナーで得られるもの

一般的に在庫が増える会社は次のような
負のスパイラルに陥っています。
売上が減っているのに在庫が減らず、余剰在庫不良在庫
キャッシュフローが悪化し、資金繰りに影響が出ます。



過剰在庫の負のスパイラル

この原因は、会社にとっての在庫の適正量が見えていない
ために起こることです。

欠品への不安から材料をどんどん仕入れます。
さらに見込みでどんどん生産をするので、製品在庫も
どんどん増えます。
製品を生産すると、材料はどんどん減るので、さらに
材料を仕入れる・・・

この繰り返しです。

今回の在庫管理セミナーのテーマは「適正在庫化のためのポイント」
です。

昔は作れば売れる時代「少量品種大量生産」型が主流でした。
現在は、「多品種少量生産」型が主流です。

しかし工場では昔の習慣が捨てきれず、見込みの「大量生産」
を続けています。これにより工場の在庫は膨らみ続けていくのです。

適正在庫にするために必要なこと

適正在庫は製造業にとって永遠の課題です。
簡単ではありません。

しかし、解決する方法はあります。

その糸口になるのが今回の在庫管理セミナーです。
本セミナーを受講して皆様に結果を出していただくことを
願っています。

今回のセミナーでは、次のような事をお伝えします。
(一部抜粋)

  • 在庫問題を放置するとどうなるのか
  • 在庫管理を始めると起こること
  • 適正在庫を目指すための3ステップ
  • 在庫管理の3つのポイント
  • 適正在庫のためにまずやるべきこと
    etc...

なお、東京でのセミナー開催は滅多にありません。
ぜひこの機会をお見過ごしされることなく、ご参加ください。

受講者特典

東京での開催を記念して受講者には2つの特典をご用意しています。

  1. 著書プレゼント
    分かりやすいと大好評の講師の著書「経費15%削減 在庫管理術【基礎知識編】」(定価1,500円)を全員に無料でプレゼントします。
  1. 個別相談
    通常78,000円で提供している個別相談を無料でご提供
    します。ただし、限定10名様までとさせていただきます。

開催概要

はじめての在庫管理セミナーの開催概要は次の通りです。

開催日時

10月17日10:00-12:00 
10時開場、10時15分セミナー開始
※時間厳守でお願いします。

開催場所

大田区産業プラザPiO(F会議室)
東京都大田区南蒲田1丁目20-20

会場への交通アクセス

  • 京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3分
  • JR京浜東北線、東急池上・多摩川線「蒲田」駅より徒歩約13分

お車の場合
駐車可能台数が50台ととても少ないので、公共交通機関での
ご来場をお勧めします。

周辺地図

参加費のお支払いについて

セミナーへの参加費は6000円です。
受講をお申込みいただいた方に順次ご連絡致します。

※事前にお支払いをお願いします。
※お支払の無い場合は、入場をお断りすることがあります。

  • クレジットカード決済(paypal経由)
    ※paypalアカウントは無くてもpaypal上で決済が可能です。
    お申し込み時に決済をお願いします。在庫管理セミナーのお支払
  • 銀行振り込み
    銀行振り込みの場合は、サポート窓口までお問い合わせください。
    お手数ですが、セミナー参加連絡をEメール(ask@shikumika.com)
    にてご連絡をお願いします。
    セミナーの開催事務局にて参加者登録致します。