ロジクラ
ロジクラ

ロジクラは通販事業者、小規模の倉庫などを対象にしたクラウド型の
在庫管理システムです。
2017年のリリース以降、600社を超えるお問い合わせと多数のご利用実績
をもとに、小規模から大企業までご利用が進んでいます。

ロジクラのシステムが他社のシステムと異なる点ですが、
なんといっても入出荷管理や在庫管理がスマホ、PCで
永年無料」でご利用いただける点ではないでしょうか。

ロジクラを無料で試す

■ 3つのポイント

  1. 完全無料で利用可能!
    ロジクラの在庫管理システムは入出荷管理、在庫管理が完全無料で
    ご利用いただけます。
    仕入先や出荷先などの管理はもちろん、いつ、どこで、何の商品を
    入出荷したかをクラウドで記録することができるシステムです。
  2. iPhoneをハンディ代わりに利用して入出荷や、バーコード管理が可能!
    バーコードにiPhoneをかざして数量を入力するだけ!
    物流現場で広くご利用されているハンディターミナルの
    代わりとしてご利用可能です。
  3. iPhoneでスキャンしたデータはPCでもリアルタイムに同期!
    ロジクラではスマホ、PCとクロスデバイスの利用ができるので、
    入出荷現場ではiPhoneを利用して、管理者はPCから在庫データを
    24時間いつでも確認することができます。

主な機能

モノを扱う企業が必ず行う標準的な在庫管理は
ほとんど無料で行えるのが特徴。
さらに入荷や出荷は制限なくご利用可能で、iPhone、PCの
クロスプラットフォーム上で管理をすることができます。

本格利用の方にはWMS機能もご用意

「iPhoneを利用するのは確かに便利だけど、うちは物量が多いからちょっと...」「iPhoneは壊れやすいから心配...」
という方にもご利用いただけるよう、本格倉庫でご利用可能
なWMS機能も搭載しています。

出荷の際のピッキングや検品をiPhoneで行うことができ、
さらにヤマト運輸や佐川急便などの宅配会社の追跡番号も
出荷データと紐づけて管理をすることができます。

有料版の主な機能

有料版のWMS機能は、大手企業などでも利用が進んでいるようで、
実際にロジクラの資料によると棚卸し作業などは平均して50%の
削減ができた事例も。
出荷量や在庫量を気にすることなく、スケーラブルなシステムを
構築できます。

在庫管理だけでなく、備品管理や資産管理にも

ロジクラは無料で様々な機能が用意されているので、
在庫管理だけではなく企業の総務部などの備品管理や資産管理にも利用可能です。

ロジクラの独自調査によると、大企業のうち備品管理を
未だにExcelなどを使って行っている事業者はなんと90%以上になるそう!
場所や企業規模にとらわれず利用できる点が大きなポイントです。

ロジクラが長期的に目指すPaaS思想とは?

公式ホームページによると、ロジクラは長期的に在庫管理など
の物流周りのシステムのプラットフォーム構想(PaaS思想)を目指しているそう。

PaaS(Platform as a Service)とは、ソフトウェアを
構築&稼働させるための仕組みで、従来のオンプレミス環境
ではなくインターネット経由でサービスを提供するのが特徴。

ロジクラはこのPaaSの考え方を用いて、倉庫と通販カートを
API経由で繋げたり、国内に入荷される前段階での船積みデータ
などと連動させてトレーサビリティの強化を図るなど、長期的に
は物流の中の様々なプレイヤーとシステムを強化していく仕組み
を提供していくそう。

また、エンジニアであれば誰にでもロジクラと連携することが
できるように公開APIの仕組みも水面下で準備しているようです。

ロジクラを無料で試す