在庫管理実践会

top-在庫管理実践会

在庫管理セミナーを行い分かったことは、在庫管理担当者がいかに
孤独であるか・・・と言うことです。

あなたは下記のようなことを思ったことはありませんか?

  • 前任者は勘でやっていて引き継ぎはあって無いようなもの
  • 上司はただただ、頑張れ、結果を出せと言うだけ。
  • 購買部や単価を下げるため、大量に仕入れる
  • 現場は段取り替えをいやがり効率を上げるため同じ製品をたくさん作る
  • 営業は、とりあえず商品のラインナップと在庫が欲しい

各部署、自分の都合で在庫を増やします。
そのツケは、全て在庫管理担当者へ。

「在庫管理はどうなっているんだ!」

他部署は全く我関せず・・・

購買は買うだけ、製造は作るだけ、営業は売るだけ。

在庫がいくら余ろうが、いくら捨てようが
それは関係無い。
後は全部在庫管理に任せればいい。

この状況悔しくないですか?
私はとても悔しいです。

在庫管理は一人でできるものではありません。
会社全体で達成すべき課題です。

在庫管理担当者が孤独に背負う重責を解消するために、
在庫管理改善支援センターは、真面目に頑張る在庫管理
担当者の為に、在庫管理実践会を立ち上げました。

在庫管理担当者が悩む3つの無いを解消します。

  1. 相談する場が無い
  2. 交流の場が無い
  3. 情報を得る場が無い

相談する場が無い

あなたには、在庫管理で困った時に相談できる相手は
いますか?

在庫管理は、とりあえずやれ!
と指示されて始める方が多いです。

在庫管理について教えてくれる人は会社にいないし、
在庫管理を学ぶ場所は無い。

目の前の問題をどうすればいいのか?
全く分からない状態から始めなければいけません。

在庫管理担当者は、責任を1人で背負い、1人で
悩んでいることが多いです。

在庫管理実践会のメンバーには、直接在庫管理アドバイザーが
相談に乗ります。実際に実務経験があります。
改善の実績もあります。
あなたの立場に立って、問題の解決を全力でサポートします。

交流の場が無い

あなたは、会社の外で同じ仕事をしている人との
交流や情報交換をやっていますか?

営業やマーケティング担当者は外部とのつながりが多く、
他社とのつながりや交流会に参加しする機会が多くあります。

一方で、在庫管理担当者は、社内から出ることはあまりありません。
出張に出かけるといっても、取引先や関連工場などほぼ身内のような
存在が多いでしょう。

また、在庫管理担当者は、どちらかとまじめで物静かな人で誠実な
人が多く、営業のように積極的に交流を持つこともありません。

在庫管理実践会には、実際に現場で頑張っている在庫管理担当者が
入会します。会員同士で自由に交流を持ってもらって構いません。

同業種から学ぶこと、異業種から学ぶこと、
会社内だけだと気づかない、必ず得るものがあります。

情報を得る場が無い

あなたは、在庫管理の情報をどうやって仕入れていますか?

在庫管理は情報を得る場が、他と比べて圧倒的に少ない
のが現状です。

例えば、営業手法、マーケティング、技術は、
日々情報を得る機会にあふれています。

テレビ・本・雑誌・インターネットなどでも最新手法や
成功事例が毎日のように紹介されています。

在庫管理はそもそもセミナーはほとんどやっていません。
私の東京でのセミナーを受けに、わざわざ奈良や福島、鳥取
などから問い合わせや参加のケースさえあります。

在庫管理実践会には情報が集まります。
日本最大の在庫管理に関するデータベースを目指します。

自社の在庫管理に活かし、会社の中での自分の評価を上げましょう。

在庫管理実践会の内容

在庫管理改善支援センターは、在庫管理実践会で会員の皆様に、
次の事を提供します。
在庫管理実践会の内容

無料でメール相談

通常、メール相談は1回当たり、25000円いただいています。
在庫管理実践会の会員のあなたには、無料で提供します。※月間2回まで

メール相談:25000円 → 無料

メール相談による課題解決事例

九州のメーカーに勤めるI様からのご相談でした。
スカイプ相談を実施、メールにてフォローを行い見事に問題を解決しました。

メール相談事例
スカイプ相談翌日のメールです。
問題を3のステップに分けて改善に取り組むことを
アドバイスしました。
その後メールのやりとりで軌道修正を加えつつ、
フォローを行いました。

メール相談事例
さらにアドバイスを追加し、取り組むべき課題を明確にする
ために、視点をお伝えしました。

メール相談事例
漏れているポイントをお伝えしました。
こうすることで、間違ったことをしなくても良いので、
正しい方向で改善が進みます。
効率よく短期間で成果を出すことができるようになります。

メール相談事例
アドバイスした記録や証拠を集めて、上司に相談することを
実践。上司からの協力を得ることができました。
問題の取り組み第1ステップはクリアです。

メール相談事例
他部署や上司の協力が得られると、改善が一気に進みます。
実施の体制が整いした。次にこの仕組みを維持・継続する
ことが最も重要です。
アドバイスしていた維持・継続のための流れ作りを実践
しました。

メール相談事例
仕組みがしっかりと継続され、習慣化することに
成功しました。大切なのは、昔の習慣を改め、新しい
習慣に挑戦し、なじむことです。問題の第2ステップをクリア
しました。

メール相談事例
当初課題として上がっていた問題を解決しました。
そうすると、次の課題が見えてきました。これは悪いこと
ではなく、今まで問題の中に隠れていた新たな問題が
見えた良い兆候です。
一度、成功していますからこの先はもっと改善が加速
すると考えられます。

在庫管理実践会への入会条件

在庫管理実践会へは以下の条件に当てはまる方に限定します。
入会条件は、次の通りです。

  1. 在庫管理アドバイザーが講師を務めるセミナー・研修に参加したことがある
  2. 個別相談を受けたことがある(対面、スカイプ、メール問わず)
  3. メールマガジン登録者
  4. コンサルティング終了の会社の社員

コンサルティング・システム会社の方へ

在庫管理実践会は、会社で在庫管理に実際に取り組む方のためのものです。
情報収集やアドバイスが主となるコンサルティング会社およびシステム会社
の方のご入会は固くお断りします。

協業又は事例提供などの形でご協力いただける場合は、在庫管理担当者の
取り組みにとても役立つので大歓迎です。
顧問として登録させていただきます。

在庫管理実践会に関するご質問やご相談、入会条件に当てはまらないが、
入会を希望する方は、お気軽にお問合せ下さい。 お問合せはこちら

入会料金

在庫管理実践会_料金
ただ今、在庫管理実践会立ち上げキャンペーンで、
先着50名様限定で、月額料金が割引価格になります。
割引価格は退会しない限り、ずっと適用されます。

入会方法

入会のお支払は以下からお申込み下さい。
申込みが完了しましたら、こちらから登録いただいたメールに
ご案内をします。登録完了の時点で全てのサービスを受けるこ
とができるようになります。

※Paypalアカウントが無くても入会できます。
入会後は自動引き落としとなります。

在庫管理実践会の会員限定の入会特典

会員には、次の3つを限定で提供します。

  1. 個別相談を50%割引
  2. 他社事例の提供
  3. 優先案内

個別相談を50%割引で提供

在庫管理実践会_個別相談割引

事例集の提供

いただいた事例がある程度集まった段階で、とりまとめたものを
あなたに事例集として配布致します。
他では絶対に手に入らないリアルな内容が詰まっています。

会員からのご相談やお悩みをシェアし、こちらからの回答も全て
皆様にシェアします。
仮に4人の方が質問をすれば、あなたは間接的に
4つの事例を4つのアドバイスを受け取れることになります。

他社の事例はとても貴重ですし、参考になります。
他では得られない情報です。

※1秘密保持の為に個人情報や製品が特定できるような内容は伏せます
のでご安心ください。
※2単価などの金額が入ったご質問は、情報共有の対象にしません。

優先案内

在庫管理改善支援センターからの限定案内は最優先で
在庫管理実践会の会員であるあなたにお伝えします。

また、在庫管理実践会の会員限定で優良現場の見学会なども
行っていきたいと思っています。

在庫管理実践会からの退会について

退会基準は以下の通りです。

契約は1年更新となります。
以後、更新は1年単位となります。

以下のような場合は強制退会となりますのでご注意ください。

  1. メールの返信が催促しても全く無い
  2. 相談が全く無く、事例の収集に徹している
  3. アドバイス内容を全く実践しない
  4. 相談内容がずっと曖昧である
  5. その他、入会資格に合わないと判明した時

退会となった場合は、再入会が不可となりますので
ご注意ください。

在庫管理実践会に関するお問合せ

同一姓の方がいらっしゃいますのでフルネームでお願いします。
普段ご使用のメールアドレスを登録してください。
業種をご選択ください

在庫管理実践会の入り口