在庫管理改善の始め方

在庫管理を改善しよう!
と思っても何から手を付けていいのか分からない。

そう思っている方には次のような始め方がお勧めです。

  1. 何が起こっているのかを書き出す
  2. プロセスに分解する
  3. 優先順位をつける
  4. 基準を設ける

何が起こっているのかを書き出す

目で見えるかたちにするということはとても大切です。
自分で分かっていると思っても意外とわかっていないことが
多いのも事実です。

まずは、自分の仕事を書き出してみて下さい。
分かっているつもりでも、自分のやっていることが
客観的に俯瞰できます。

仕事を書き出すということは、自分の仕事を見つめなおす
ということに繋がります。

プロセスに分解する

次に書き出した内容をプロセスに分解してみて下さい。
仕事をやる順序に基づいて時系列で書きます。

例えば、出荷作業であれば。

出荷指示の伝票を受け取る

出荷物を倉庫に取りに行く

出荷物を出荷場所に置く

出荷物を配送業者に引き渡す

配送業者からサインをもらう

出荷完了のチェックを伝票に行う

といった要領です。

プロセスに分解することで、どのように
仕事を進めているのか、どんな作業があるのかが
分かります。

例えば、上記の出荷作業にいつも時間がかかって
いたとします。

その場合、どのプロセスに時間が取られているのか
ということを記載しておきます。

プロセスに分解すると、「出荷作業に問題がある」という漠然とした
問題が、出荷作業の○○というプロセスに問題がある。
という、具体的なものになります。

優先順位をつける

起こっていることを書きだし、プロセスに分解をすると
どこでどんな問題が起こっていて、どれが大きな問題かが
分かります。

そうすれば、何から取り組んで改善していけばよいのか
優先順位を付けることができるようになります。

基準を設ける

改善をするに当たり、大切なのが基準作りです。
基準がなければ、良いのか悪いのかが判断できません。

基準は目に見える形にします。

  • 数値化
  • 具現化

基準を数値化で目に見える形にする

数値化は、金額や数量、時間などに換算して評価をします。
在庫削減であれば、削減する在庫金額を設定します。
数量であれば、在庫の数量目標を決めます。
時間であれば、いままでかかっていた時間を○○分減らす
という目標を設定します。

在庫回転率も良い数値化目標になります。
在庫の適正化を目指すのであれば、在庫回転率を改善指標
にするのがお勧めです。

基準を具現化で目に見える形にする

具現化は具体的なモノを作ったりするときの評価方法です。
棚の表示を作ったり、現場の置き場作りをしたりするのは、
数値化ができない目標ですが、現物の出来上がりを目標に
できます。

設備の導入や作ることが目的ではありません。
改善をするために導入するのです。

具現化で気を付けなければいけないのが、具現化した後に
必ず運用をしているかどうかをチェックすることです。
導入が終わった後にモニターをして実際の効果を確かめましょう。

不良在庫を減らし利益が出る会社を作るために

在庫管理は100社あれば100通り。
他社の話を聞いても、「うちの会社とは違う」と
思うのは当然です。

自社に合った在庫管理をやるためには、
基礎的な考え方・知識をしっかりと理解して、
自社に応用する力を身につけなければいけません。

在庫管理110番は「強い工場」作りを
支援するための在庫管理講座を開講しています。

在庫管理とは何か?
という根本に徹底的にこだわった内容で、
参加者からはシンプルで分かりやすいと
好評をいただいています。

在庫管理に学びの場を!

在庫管理改善支援センターは、在庫管理に解決策が見出せず
お悩みの経営者、担当者向けに「学びの場」を2つご用意しました。

在庫管理講座に行く時間が無い方
ご自宅で学びたい方に
在庫管理の教科書のご案内

講師から直接学びたい方に
短期間で学びたい方に
在庫管理セミナー



在庫管理改善の始め方の関連ページ