小さな在庫管理システム

在庫管理支援センターは、小さなシステムを提案します。
小さな在庫管理システムのメリット

在庫管理支援センターの独自の調査では、一般的な在庫管理システム
多くが有効に利用されていないことがわかりました。
中小企業には専用ソフトはあまりなじまず、システム開発会社の
都合の良いシステムになっているケースが多いです。

専用システムのデメリット

  1. 高価である
  2. 多機能
  3. 必要な機能が無い
  4. システム本位
  5. システムに縛られる
  6. 実務とかい離する

高価である

在庫管理や生産管理のシステムは大きく分けて、パッケージソフト
とオーダーメイド開発があります。

オーダーメイド開発はその会社に合わせたシステムを構築
するのですが、1000万円以上することが多く非常に高価です。

パッケージソフトは、機能が決まっているソフトでオーダーメイド
に比べると安いですが、それでも最低100万円以上かかります。

多機能

大部分の会社が導入するパッケージソフトはとても多機能です。
多機能すぎて覚えることも多く、全ての機能を使いこなすことも
大変です。多くの会社では、使用を挫折して本のごくわずかの機能しか
使っていないケースが多いようです。

必要な機能が無い

多機能にも関わらず、必要な機能が無いこともパッケージソフトの
問題点です。
システム開発会社は、「これを機にソフトに合わせて業務を改善して下さい。」
と言いますが、これは業務の本質を理解していない証拠です。

在庫管理は100社あれば、100通りあります。
改善すべきことなのか、そのまま残すべき事なのか?
見極めが必要です。必ずしもシステムに合すことが最善と言えません。

システム本位

既存のパッケージソフトは、「システムに仕事を合わせる」ことを
前提としています。
たとえ不要であってもシステムが要求することは必ずやらなければ
いけません。

システムに縛られる

やるべき事をやらないと、システムがきちんと動きません。
またシステム依存が進むので、システムが言っていることが絶対的な権限
となってしまいます。
システムがダウンすれば、会社全体の機能がストップしてしまいます。

実務とかい離している

システム開発会社はあくまでも情報処理のプロであり、実務の経験は
ありません。
操作方法などの指導はできますが、実際に現場でどのように運用されて
いるのかなど細かいことは把握できていません。
実務の実情を理解せず、理論のみで構築されていることが多いため
実務とかい離した仕組みが出来上がります。

小さなシステムのメリット

  1. 低コスト
  2. 汎用性が高い
  3. 人中心である
  4. アナログを生かす
  5. トラブルが起きにくい
  6. 成長に耐えられる
  7. 仕組みを理解できる
  8. 修正が早くかつ簡単
  9. 自分たちに本当に必要なものがわかる
  10. 専用ソフトをスムーズに導入できる

低コスト

大規模なシステムはメンテナンスや補修に人件費が非常にかかります。
各サブシステムやマスターの関わりも極めて複雑です。
しかし、小さなシステムは必要最小限のシステム構成なので、
シンプルです。メンテナンス等のコストが非常に安くて済みます。

そのおかげで、販売価格にコストを転嫁する必要が無いため安価で
ご提供できます。

汎用性が高い

在庫管理の原理・原則にのっとって作ったとてもシンプルな
在庫管理システムです。大規模かつ専門的になればなるほど、
利用シーンは限定されますが、本システムはあらゆる在庫管理
環境で使えます。

人中心である

在庫管理システムは、在庫管理を知らないシステム開発会社が企画して
作っています。在庫管理改善支援センターの在庫管理システムは、実際に
業務経験のある在庫管理アドバイザーの企画・監修の下で、設計・開発され
たシステムなので、現場に即しています。

アナログを生かす

在庫管理は現品管理が中心です。例えば、バーコードリーダーを使わずに
紙中心のやり取りもこのシステムでは実現可能です。システムの都合ではなく、
運用やルールを活かす現場が動きやすいアナログの仕組みを構築できます。

トラブルが起きにくい

システム化で一番怖いのがシステムトラブルによる業務停止です。
システムに依存している会社は、システムトラブルが起こると何もできなく
なります。デジタル化による新たなリスクです。

在庫管理改善支援センターの在庫管理システムはアナログ的な仕組みを補完
するためのシステムなので、新たなリスクが生まれずたとえシステムダウンして
も全く問題がありません。

成長に耐えられる

企業は必ず成長しますし、周囲の環境も刻々と変化します。
システムは一度作ってしまうとそれが限界で、豊富な機能を持つシステムほど
機能が硬直化しています。在庫管理改善支援センターの在庫管理システムは、
原理原則にのっとったシステムなので、時代を超えて不変です。

仕組みを理解できる

システム導入の失敗の原因の大きな原因のひとつが、システムの仕組みを
理解していないことです。
在庫管理改善支援センターの在庫管理システムは非常にシンプルですが、
在庫管理システムの根幹となる部分を押さえて設計をしています。
システムを理解するにはもってこいです。

  1. 修正が早くかつ簡単
    システムが小さくかつシンプルなので、問題に対処しやすいのが特徴です。
  1. 自分たちに本当に必要なものがわかる
    システムの中には基本機能が欠落しているものすらあります。
    在庫管理改善のプロと在庫管理システム構築のプロが抜け目なく開発
    しています。

在庫管理システムをスムーズに導入できる

企業が成長し、大規模なシステムに乗り換える時に、
在庫管理改善支援センターの在庫管理システムの運用がとても役に立ちます。
無駄なコストを掛けず、スムーズな立ち上げが可能です。

在庫管理システム開発のお問合せ

在庫管理アドバイザーが監修し、無駄の無い
実務で使える小さなシステムを開発します。

まずはご相談ください。

お電話によるお問合せ

電話番号:090-4468-9045
外出していることが多いので、携帯電話が便利です。
業務中は、クライアント様との仕事に集中するために
電源を切っていることも多いので、メッセージを残し
ていただけると助かります。

スマートフォン

スマートフォンは以下のボタンをクリックすると直接電話ができます。
スマホで問い合わせる
パソコンの場合は警告表示が出ます。ご注意ください。
警告表示が出た場合は、「何もしない」を選択してください。

メールフォーム