条件付き書式の活用方法

条件付き書式を使えば、グラフを使わなくても
データの状況が一目で分かったり、見落としを防止することが
できます。

私のお勧めの使い方は、在庫管理表との組み合わせです。

例えば、次のような表があったとします。
条件付き書式の使い方

在庫がマイナスの日付があるのが分かります。
表をしっかり見ればわかりますが、データが多いと見落として
しまう可能性もあります。

そこで、条件付き書式を使って、在庫がマイナスになっている
データを目立たせます。
条件付き書式の使い方

これでデータが多くても一目見ただけで、どこがマイナスに
なるのかが分かるので見落とす危険も無くなります。

条件付き書式の設定方法

条件付き書式の設定は、赤で囲んだところでできます。

条件付き書式の使い方

設定する項目がずらっと並んでます。

設定項目は2つです。

  • ルールの種類と選択
  • ルールの内容を編集してください

条件付き書式の使い方

まずは、ルールの種類と選択です。
今回は「指定の値を含むセルだけを書式設定」を
選びます。

そして、ルールの内容は、次のように設定します。

  1. セルの値を選択
  2. 次の値より小さいを選択
  3. 0を入力

条件付き書式の使い方

これは、条件付き書式を設定したセルの値が0より小さい場合、書式を適用するというものです。

今回の場合は、0より小さなセルを赤色で塗りつぶします。

入力を終えたら書式をクリックして、
条件に当てはまったセルをどのように表示するかを
決めます。

条件付き書式の使い方
設定を終えました。

OKを押すと、設定した条件付き書式が適用されます。

条件付き書式の使い方

これで見落としすることも無くなります。

同じようなやり方で、0ではなく、安全在庫を設定することで、
安全在庫の在庫量を下回っていたら、書式を適用するといったような
使い方もできるので、発注点発注にも活用できます。

日付と組み合わせれば、○○日経過をしていれば、赤、○○日以下なら青などの
設定も可能です。

簡易的なグラフを作る機能も備えています。
在庫量の多さもこれでだいたい分かります。
条件付き書式の使い方

条件付き書式を上手く活用すれば、どんなにデータが多くても
一目でだいたい分かるようになります。

とてもお勧めなのでぜひご活用してみてください。

在庫管理に学びの場を!

在庫管理改善支援センターは、在庫管理に解決策が見出せず
お悩みの経営者、担当者向けに「学びの場」を2つご用意しました。

在庫管理講座に行く時間が無い方
ご自宅で学びたい方に
在庫管理の教科書のご案内

講師から直接学びたい方に
短期間で学びたい方に
在庫管理セミナー



条件付き書式の活用方法の関連ページ