業態別「重さ」による在庫管理の事例~オフィス・飲食店・宿泊施設~

在庫管理と聞くと、工場や倉庫のような「膨大な在庫を扱う製造フローの業務」というイメージが一般的です。しかし、小規模な会社のオフィスや街の飲食店でも、日々使用する備品の管理を行っている場合も在庫管理といえます。

規模の大きさにかかわらず、在庫管理が通常の業務を圧迫する場面は思いの外多いものです。

ここでは、「オフィス」「飲食店」「宿泊施設」の3つのケースで、IoT重量計を導入することで得られる業務効率改善の具体的シーンやメリットを解説します。

在庫管理IoTシステム「オフィス」の導入イメージ

オフィスが抱える課題や、重量計導入により期待できる効果を解説します。

在庫管理が事務職の負担に

オフィスの備品管理は、主に事務職員が行っていることが多いものです。管理する在庫量はそれほど多くないものの、管理や発注作業が本業を圧迫し、残業の原因になっていることが少なくありません。

なぜなら、管理する備品の種類は多岐に渡り、非常に煩雑だからです。万が一、欠品を起こした場合、他の社員の業務に支障が出ることもあり得ます。

なかでもパンフレットや来客用ドリンクなど、商談や接客に関わる備品は切らさないよう細心の注意が必要です。

重量計で備品を管理することで負担を軽減

そこで、IoT重量計が力を発揮します。比較的量があり重い備品は、重量計での管理に向いています。たとえば、コピー用紙や封筒、ノート、ドリンク、ウォーターサーバーの水などです。

重量計には、自動発注機能が付いているものもあります。自動発注機能を使うことで、在庫数が減少すると、自動で発注がかかるように設定することが可能となります。

これら在庫量の管理と自動発注が実現すると、事務職が備品管理の手間から解放され、生産性の向上が期待できます。さらに残業時間も減るため、人件費の削減にもつながります。

在庫管理110番では、これまで企業様のさまざまな悩みにも柔軟に対応してきました。事例を数多く持っているため、「在庫管理の負担を軽減する」「人件費の削減に努める」など、あらゆる角度からアドバイスを行うことができます。

在庫管理IoTシステム「飲食店」の導入イメージ

ここでは、飲食店がIoT重量計を導入するケースについて解説します。

棚卸や発注業務が大きな負担に

飲食店が抱える在庫管理の大きな課題として、「発注業務が多いこと」が挙げられます。業務の中で、使用される消耗品が多いことが原因です。具体的には、料理に使用する生鮮食材の他、乾物やドリンク、サランラップ、クッキングシート、キッチンペーパー、おしぼり、わりばし、お店のパンフレットなど多岐に渡ります。

このような、大量の消耗品に関する発注業務の負担を減らすことは急務です。なぜなら、慢性的な人手不足が問題となっている飲食店にとって、棚卸や発注業務は大きな負担になっていることが考えられるからです。在庫管理が、従業員の長時間労働へとつながり、強いては離職の原因になっていることも少なくありません。

毎日の棚卸や発注業務が楽になる

IoT重量計は、生鮮食材以外であれば大抵の消耗品を管理することができます。バックヤードや冷凍庫内に設置し、乾物や備品、冷凍食材の管理などを行います。

IoT重量計では、在庫量の情報が接続されたパソコンやタブレットなどに表示されるため、在庫の残量が一目でわかります。そのため、棚卸作業の削減や発注作業の効率化、欠品の予防、欠品による営業中の買い出しなどの手間の削減が達成可能です。これらは結果的に従業員の負担を減らすことにつながります。

在庫管理システム「宿泊施設」の導入イメージ

宿泊施設も、多くの備品を管理する必要がある業態です。ここでは、IoT重量計を導入するケースを解説します。

在庫管理が大きな比重を占める宿泊業

旅館やホテルの場合、アメニティや食品、ドリンク、施設の保守点検用品など、管理すべき品目が多品目にわたります。規模が大きくなればなるほど、量も膨大です。そのため、備品の管理作業が業務全体の中で大きな割合を占めています。

宿泊業界も慢性的な人手不足です。常に人手が足りないため、在庫管理に割くリソースを確保することは容易ではありません。経営戦略においては、いかに在庫管理を効率よく行うかが重要なポイントです。

あらゆる在庫の管理に活躍

宿泊施設の場合、IoT重量計は、バックヤードのアメニティ保管場所の床や棚に設置されることが多いでしょう。その他、レストランやバーのバックヤードに設置し、食材やドリンク、消耗品の管理も行えます。さらに、ブッフェ形式のレストランの場合、各料理の大皿の下に設置し、厨房の端末と接続することで、料理の残量を随時把握することさえ可能です。

バックヤードの在庫を「見える化」することで、宿泊施設全体として棚卸や発注作業の負担が大きく改善されるでしょう。さらに、欠品や過剰在庫も予防でき、適正在庫が実現します。これらは結果的に業務の効率化に貢献し、人手不足の問題に対するひとつの解決策となり得ます。

在庫管理システム導入時には専門家に相談

適切な在庫管理システムは、業態や事業所ごとに異なります。そのため、システム導入の際には、業務の整理や課題を明確にすることが最も大切です。

しかし、在庫管理を専門としない一般の社員が本業と並行してそれらの作業を行うのは大きな負担となります。そこで、自社に最適な在庫管理システムの見極めるために、専門家の力を借りましょう。

瀬戸内scm株式会社は、在庫管理システム導入支援の実績豊富な在庫管理のプロです。在籍の在庫管理アドバイザー自身が在庫管理とシステムの両方に精通しているため、業種や状況を問わず、最適な在庫管理の方法をご提案することが可能です。

在庫管理システムの導入で失敗しないためにも、ぜひ一度当社にご相談ください。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入してみたいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

*まとめ IoT重量計による在庫管理システムは、あらゆる在庫の管理を容易にします。そのため、工場や倉庫だけでなく、多品種の在庫を管理する小規模な事業所や店舗にも最適です。 今回ご紹介したオフィスと飲食店、宿泊施設では、IoT重量計を導入することで、在庫の見える化が達成できて、在庫管理業務の効率化が期待できます。とりわけ在庫管理が一部の従業員の負担になっている場合や、人手不足で業務遂行が困難な場合に威力を発揮します。 小さなオフィスや店舗でも、在庫管理は必要になります。管理を行う作業が大きな負担に感じている場合は、「在庫管理システム」の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。