滞留在庫の適切な削減方法!在庫管理の効率を劇的に向上させる

世の中にはさまざまな業種があるなかで、とくに製造業や卸売業においては、一定の在庫量を保管しておく必要があります。
そんな中、万が一滞留在庫を抱えることになってしまった場合は、経営や事業に影響が出てくる前に、在庫の最適な削減方法を考えなければいけません。

ここでは、「滞留在庫を削減させるメリット」と「滞留在庫の適切な削減方法」について紹介します。

滞留在庫を削減させるメリットについて

滞留在庫を適切な方法で削減させることで、
さまざまなメリットが得られます。

以下では、滞留在庫を削減させる3つのメリット
に重点を置いて解説します。

メリット1:管理コストの削減

滞留在庫を削減させる大きなメリットは、管理コストが削減できることです。

滞留在庫を削減せずに在庫を抱えてしまうと
保管のために必要となる

  • 光熱費用
  • 人件費
  • 倉庫費用

などの様々なコストが発生します。
また、販売できる可能性の低い商品や製品にコストを費やすことによって、経営資金の運用圧迫や資金流動の悪化などを引き起こすリスクがあります。

このような付帯リスクを解消させるためにも、
滞留在庫を適切な方法で削減することが大切です。

在庫管理110番では、各企業様の「滞留在庫の削減」について相談を承っています。企業様からヒヤリングを行ない、滞留在庫の適切な削減方法を提案したうえで、「管理コストの負担額軽減」などをサポートします。

メリット2:融資に関する審査が通しやすい

滞留在庫を削減させると、融資に関する審査が通りやすいといったポイントもメリットのひとつです。
金融機関や融資会社が実施する融資審査では、在庫回転率が高いほど審査に通りやすい傾向にあります。

対して、在庫回転率が低い場合、滞留在庫を抱えている危険性が高いと判断されてしまう可能性が高くなります。危険性が高いと判断をされてしまうと、金融機関や融資会社から問題視されて、融資審査の通過率が悪くなる恐れがあります。

上述のような事態を回避するためにも、滞留在庫を適切な方法で削減させることが必要です。滞留在庫を削減させることができれば、在庫回転率が改善するので、融資審査の通過率の向上が期待できます。

メリット3:キャッシュフローや資金繰りの改善

滞留在庫の削減によって、キャッシュフローや資金繰りの改善のメリットを得ることができます。キャッシュフローとは、一定期間内の資金流動や現金収支のことを指します。

製造業や卸売業を営む企業は、商品を販売することで利益を上げています。つまり、より多くの商品を販売することによって、獲得できる利益額を増大させることが可能となるのです。
滞留在庫があるということは、仕入れをしてもそれが現金化していないという証拠です。

以上のことから、滞留在庫の抱え込みをできる限り解消したうえで、自社商品の販売台数を向上させることは、キャッシュフローや資金繰りの安定と改善につながるといえます。

在庫管理110番では、滞留在庫を削減させることで得られる「キャッシュフローや資金繰りの改善効果」について、相談を承っています。企業様が抱える滞留在庫の特徴や保管状況を踏まえたうえで、貴社にあわせた具体的な削減方法を提案いたします。

滞留在庫の適切な削減方法

滞留在庫を抱え込む企業のなかには、
「適切な削減方法が分からない」といった悩みを
抱える経営者や在庫管理担当者の方が多くいます

ここでは、滞留在庫が経営に与える悪影響を最小限に抑えるための
滞留在庫の適切な削減方法について3つ紹介します。

買取業者に売却する

滞留在庫を削減させる方法のひとつに、買取業者に売却するという方法があります。自社だったら「破棄する以外の処分方法が見当たらない」と判断してしまう物品でも、他社が必要としていて買取可能な商品が含まれているケースが多くあります。

買取業者のホームページでは、買取り可能エリアや買取り可能な商品のジャンルなど、業者が定める買取り条件を確認できます。
買取り条件を確認することで、自社にあった業者を見つけることができるのです。
結果、滞留在庫の早期削減につながることが期待できます。

自社ではどうしようもない・・・と、
滞留在庫の削減方法に迷っている経営者や在庫管理担当者の方は、
買取業者への売却を検討することをおすすめします。

廃棄処分を実施する

滞留在庫のなかには、買取業者でも滞留在庫の買取りできないほど
劣化した品物が含まれているケースがあります。
劣化が激しい品物に関しては、廃棄処分の実施を検討しましょう。

冒頭でお伝えしたように滞留在庫は、倉庫に倉庫に保管しているだけでも、
保管料や人件費などの管理のための経費が、必要以上にかかってしまいます。

賞味期限切れの飲食物や消費期限が過ぎた洗剤など、廃棄する以外に
方法がないものは、正当な手続きを経た後、速やかに廃棄処分を行いましょう。
先延ばしにしたら、その分だけ管理費がかかることを忘れてはいけません。

在庫管理110番の「もったいないマッチング」を利用する

滞留在庫の削減を検討している経営者や在庫管理責任者の方に、
在庫管理110番のもったいないマッチングの利用をおすすめします。
もったいないマッチングとは、滞留在庫を抱える企業様に買取業者を
紹介する画期的なサービスのことを指します。

滞留在庫専門の買取業者によっては、それぞれ異なったポイントがあります。
たとえば、「買取り品目の得意・不得意」や「買取りエリアの限定」などです。

自社商品のジャンルや在庫保管エリアを考慮したうえで、
依頼先となる滞留在庫の買取業者を選ぶことが重要です。

在庫管理110番のもったいないマッチングでは、企業様が抱えている滞留在庫の売却条件を満たした買取業者を選定いたします。また、

  • 一般消費者に販売したくない
  • 同業他社への販売・告知を避けたい
  • 自社製品の販売エリアでは売りたくない

といった、NG販路や希望販路にも対応可能です。
在庫管理110番へ、一度ご相談ください。

滞留在庫の削減について興味のある方はこちらへ

滞留在庫の削減に興味のある方、保管倉庫に眠る滞留在庫の削減実施を検討しているが、実際に何から手を着ければよいのかわからないというときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。