発注点

発注点発注
発注点とは、在庫量があらかじめ決められた量を切った時に、
一定量を発注するための基準数のことです。
特に発注点を利用した発注方法発注点発注と言います。

現場で判断しやすいので、発注点発注方式は、しっかりとしたシステム
が必要なMRP方式の発注よりも、中小企業で採用しやすい発注方法です。

例えば、次のように発注点を3個とした場合、
2個を切った時点で、発注を出すということをします。

発注点発注

発注点の計算方法

発注点は以下の計算式で求めることができます。

発注点=1日の平均使用量×(リードタイム+間隔)+安全在庫

発注点を求めるために必要な要素は、次の3つです。

在庫管理の専門家が書いた実務的なノウハウ満載の【教材】在庫管理の教科書について知りたい方はこちらから

1日の平均使用量

発注点を定める在庫の1日当たりの使用数量です。
需要に大きなばらつきがある場合は、平均値が使いづらいので
中央値などを代用することも検討しましょう。

間隔とは、定期発注の時に必要なものです。
例えば、毎週1回発注するのであれば、間隔は7(土日も稼働すると想定)
ということになります。

計算方法は安全在庫を参照してください。

発注点は更新することが大切

市場の変化により需要は変化します。
一度定めた発注点をずっと使い続けることは
できません。
定期的に見直す仕組みも一緒に作っておきましょう。

在庫を減らしたい経営者、在庫を減らせと言われた担当者へ

実践すれば90日以内に改善効果を実感できます。
在庫に悩んでいる方にお勧めです。

在庫管理の教科書

発注点の関連ページ