知っておきたい!IoTで工場の在庫管理を適正化することができる理由

近年、IoTによるスマート工場化が進んでいます。その理由としては、IoTを導入することで工場の生産性や業務効率を改善し、利益の最大化を期待することができるためです。

その動きは、在庫管理の分野でも例外ではありません。在庫管理ができていないために工場が被る損失は思いの外大きいもの。それら課題をIoTによって軽減することが可能なのです。

ここでは、IoTの工場導入によって在庫管理がどのように変わるのか、また、在庫管理が適正化される効果と理由について解説します。

工場で生じる、在庫管理の問題点

多くの在庫を抱える工場では、適正な在庫管理ができないことによるトラブルが頻発します。ここでは、工場における在庫管理の問題点について解説します。

どのような問題が工場では起きているのか?

工場における在庫には、製品の原材料や素材、中間製造物である仕掛在庫、完成品在庫があります。これら在庫に管理が行き届き、常に適正な在庫量が保てていることが理想ですが、現実はそうならないことがほとんどです。

在庫は、存在しているだけで経費がかかります。余剰在庫や在庫の紛失、煩雑な管理による在庫の散在、発注数と実在個数の誤差など、在庫管理に手間がかかることや保管スペースを圧迫することなどにより、在庫管理が無駄なコストとなっているのです。

これら余剰なコストの原因を追究・改善し、適正な在庫管理を行うことが大切です。

なぜ在庫管理における問題が生じるのか?

在庫管理には、多くの人手が必要です。手間や時間がかかる上、棚卸を定期的に行わないと、すぐに理想在庫と実数の間にズレが生じます。しかし「多忙」や「人手不足」「売り上げ優先」などを理由として、在庫管理が手つかずなどということもよくあります。

そのような現場では、管理も従業員個々の勘に頼るなど煩雑です。実在庫量を把握できている従業員はおらず、何か問題が起こった場合に原因究明することはほとんどできません。そのため、同じ問題を繰り返すことになります。

しかし、そのような在庫管理に対する姿勢は誤りです。早急に認識を変えねばなりません。

なぜなら、在庫管理を怠ると深刻な経営問題を引き起こす可能性があるからです。在庫は会社の資金です。在庫管理ができていないということは、会社のキャッシュフローを管理できていないことと同義なのです。

とはいえ、これまでの認識のまま、自社だけで在庫管理の対策は行うことは安易ではありません。プロの力を活用することで、問題点を素早く解決することができます。「在庫管理改善支援センター」では、貴社の実情にあわせて最適なアドバイスを行うことができます。

工場の在庫管理における問題を解決する方法

工場の在庫管理問題を放置すると、さまざまな問題が表面化します。ここでは、在庫管理不足により引き起こされる問題や、それらを解決する画期的な手法としての「IoT導入」について解説します。

問題を放置するとどうなるのか

在庫管理は会社の存続にも関わる重大な業務です。放置し続けることで、次のようなリスクが増大します。

  • 生産性の低下
    製品製造の過程で「あるはずの部品や素材が実は無かった」ということが発生します。スムーズな製品製造ができなければ、生産性は低下。それどころか、納期に間に合わなくなる可能性が生じます。
  • 品質の低下
    在庫は時間が経てば経つほど湿気や紫外線などの影響で劣化します。また、季節的な製品であれば、“売り時”を逃すことで値引きをしてもまったく売れなくなることが多々あります。
  • キャッシュフローの困窮
    在庫は会社のお金そのものです。会計上は在庫という形でお金が潤沢にあるように見えても、実際は迅速な現金化ができないために利用できない場合も少なくありません。キャッシュフローの見誤りは黒字倒産の引き金にもなり得ます。
  • 従業員の残業や負担が増える
    在庫管理が煩雑であればあるほど、棚卸などの管理業務の負担が増えます。さらには、在庫不足は納期を圧迫し、従業員の長時間労働に繋がります。

在庫管理による業務負担の増加は従業員の離職を招く原因にもなるのです。

工場の在庫管理にIoTを導入する

2015年10月、総務省・経済産業省の協力のもと産官学一体でIoT技術の活用を推進する「IoT推進コンソーシアム」が設立され、工場へのIoT導入の土台が整いました。

現在、IoTの導入により、日本各地で「スマート工場」が実現されています。スマート工場は、設備や機器をインターネットと接続することで、設備間や設備と人との連携を向上させ、効率的な経営を行う工場のことです。

これにより、在庫管理の分野でも、IoT活用による業務体制の変革が待ち望まれています。在庫管理にIoTを導入することで、たとえば、次のような効果が得られます。

  • 在庫の見える化
    インターネットと繋がったセンサーなどの機器から得られたデータを数値化・グラフ化することで、在庫の個数やピッキング状況などが一目で分かるようになります。
  • コスト削減
    在庫管理の適正化が実現するため、在庫を探す手間や棚卸などの管理工程が省略でき、時間や人件費などのコストを削減することが可能になります。
  • 自働発注
    在庫管理を自動化することで、必要なタイミングで商品を発注する自動発注が実現します。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方向けに、IoT導入の事例や具体的な方法を紹介します。

成功事例から学ぶ在庫管理

ここでは、重量による在庫管理システムとしてIoT重量計(重さによる在庫管理)を導入し、スマート工場化に成功した事例を紹介します。

工場にIoT機器を導入することで、次のような問題が解消しました。

  • 間接資材や予備品、消耗品の管理が人の目視頼り
  • 発注業務の方法が統一されていないため管理が大変
  • 欠品を避けるために常に過剰在庫を抱えている
  • 頻繁な棚卸が大きな負担になっている

IoTの導入は、システムによる在庫の一元管理によって、人為的な管理が原因のミスを防止し、欠品や過剰在庫といった課題が克服します。また、発注業務の自動化により、余計な手間を排除、効率的な作業の実現も可能にします。

しかし、どのようなシステムであっても導入する手順や計画を綿密に考えることが大切です。そのため、プロからの指導やサポートが必要となります。

重さによるIoT在庫管理は「究極の」数えない在庫管理

弊社が特に注目しているIoTは、「重さ」です。
RFIDや画像認識などいかにも「最先端」な技術はたくさんありますが、
準備や設備の面で労力が大きいです。

しかも、対応できる品目の幅に制約があったり、
利用条件が限られていたりとなかなか使い勝手が悪いのが現状です。

一方、重さを使ったIoT在庫管理には以下のような特徴があります。

  • 置くだけで設置完了。余計な設備投資は不要です。
  • 入出庫の時ももうバーコードを読み込んで、数字を打つ必要はありません。
  • 正確な在庫数がミスなくリアルタイムでわかります。
  • 時間のかかる棚卸も一切不要です。

在庫を載せるだけ手間なく、正確な在庫管理ができます。
まさに重さを使ったIoT在庫管理は究極の在庫管理方法です。

  • 重さを使ったIoT在庫管理に興味がある。
  • 実際に導入してみたいという方はお気軽にお問合せください。

また、興味があるけど実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」、
「私の会社でも簡単に導入できるのか?」というご相談でも構いません。


【お試し可能】お気軽にお問合せください

ご相談は在庫管理の専門家まで

IoTを在庫管理に導入することで、工場の業務効率が改善されるばかりか、人材定着率の向上やキャッシュフローの改善など経営レベルでの効果が期待できます。

しかし、IoTはただ導入すれば上手くいくというものではありません。道具は使うことができてはじめて真価を発揮します。そのため、IoTの導入に当たっては現状の分析や目的の明確化、工場の在庫管理に合ったシステムの選択など、多くの事前準備が必要です。

IoTの導入を成功させる最大の近道としては、専門家のサポートを受けることを推奨しています。

在庫管理110番ではあらゆる現場の在庫管理に精通した専門のアドバイザーが、貴社の実情に最適なシステムの導入を支援します。

IoTの在庫管理への活用に興味がある経営者の方、導入してみたいけど「何から手を着ければ良いのかわからない」企業担当者の方は、お気軽に在庫管理110番へお問い合わせください。

在庫管理の教科書や、企業向けセミナーも手掛けるプロが貴社に最適な提案をします。

まとめ

多くの現場で、在庫管理は軽視されがちです。管理が行き届いていないと、業務が煩雑になり、従業員の離職や黒字倒産といった経営問題を引き起こしかねません。

そのための対応策として注目されているのが、IoT機器を導入した在庫管理です。人によるミスを少なくし、一元的に情報を管理・見える化を促進するIoTの力は、工場が抱える多くの課題を解決する突破口となり得ます。

しかし、IoT導入には事前の業務整理が大切です。専門家に相談し、自社に合ったシステムを導入しましょう。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入してみたいけど「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。