若井 吉樹(わかい よしき)
株式会社しくみカイゼン研究所(代表取締役)

これまで100社以上の改善・改革に関わり成果を上げてきた
しくみカイゼンコンサルタント。

改善というと、とかく在庫削減、コスト削減とコストカットのイメージが強いが、
改善の成果を販売につなげ、売上をつくり、利益をつくる、儲かるしくみづくり
を目指すコンサルタント。

前職NEC時代に工場の生産管理システムの導入に数多く携わるが、経営数字につながる改革につながらない情報システムの取り組みに限界を感じ、現場改善の世界に足を踏み入れる。

2000年からのNECの経営改革の際、トヨタ生産方式の導入に従事し、
3年間で3000億円の在庫削減を達成。

改善活動で得たノウハウや経験をもとに、社外の顧客の現場改善支援に
携わり数多くの成果を上げ、日経情報ストラテジーにその改善事例が掲載される。

NEC時代の顧客の大半は大企業であったが、中小企業にも自分の得た経験をもとに、「中小企業に儲かるしくみづくりを伝えたい」という強い信念のもと、
株式会社しくみカイゼン研究所を設立。

主な著書

全て実務者向けです。