適正在庫診断

適正在庫を知りたくて、ネットで色々と検索していませんか?
残念ながら適正在庫を明確に計算するのは基本的に不可能です。

御社だけで悩んでいても答えは一生出ません。
会社としてどれだけの在庫を持つのが適正なのかを診断します。

適正在庫を決める条件は次の3つです。

  • 時間
  • 変動
  • 経営戦略

安全在庫の公式を使って近似的に理論的に求めることも
可能ですが、現場ではほぼ使えません。(実務で経験済み)

システム会社や理論中心の学者やコンサルタントは、正規分布
じゃないほうがおかしい。データが足りない。
というかもしれませんが、現場は実験室ではありません。
いつもイレギュラーなことが起こるので理論通りに動かないのです。

適正在庫の診断に必要な情報

直近の決算情報の中から、

  1. 売上
  2. 売上原価
  3. 期首棚卸高
  4. 期末棚卸高

直近24か月間の1か月単位の

  1. 売上
  2. 売上原価
    ※24か月間が難しい場合は、12か月間でもかまいません。

提供いただけるとより良い情報

  1. 棚卸し差異(帳簿と実査の差異率)
  2. 仕入れ品の調達リードタイム(発注から納品までに掛かる日数)
  3. 生産リードタイム(生産開始から、製品完了までにかかる日数)
  4. 納品リードタイム(出荷してからお客様の手元に届くまでにかかる日数)

診断フォーマット

診断フォーマットをご用意しました。
以下のボタンから、フォーマットをダウンロードしていただき、
必要な情報を記載して送付してください。

お問合せ方法

お電話によるお問合せ