IoTのセンサーを導入して在庫管理を劇的に改善する方法とは

在庫管理の分野では、IoTのセンサーの活用が注目を集めています。

工場・倉庫・小売・病院などにおける在庫管理の業務を劇的に効率化させる方法として、導入されているためです。

適切な在庫管理ができていない場合、棚卸しや発注、出荷など、さまざまなシーンでトラブルが発生しやすくなります

非効率的な業務によって生じる課題のソリューションとなるのがIoTのセンサーです。今回は「IoTのセンサーを導入するメリット」「失敗しないためのポイント」を解説します。

今さら聞けないIoTの基礎知識

近年、私たちの日常生活においても身近になってきたIoT。

よく耳にするキーワードとなりましたが、IoTにはどのような技術と実用性があるのでしょうか。在庫管理においての関連性や活かし方を解説します。

IoT=Internet of Thingsとは

IoTとは、Internet of Thingsの略語です。モノのインターネットという意味があります。

これまでインターネットは、コンピュータやスマートフォン、タブレットの機器・端末でのみ通信を行うことができました。さらにIoTでは、世の中にあるさまざまな機器や家電に、通信機能を持たせることができます。

日常生活のシーンにおいては、例えば洗濯乾燥機や掃除機、冷蔵庫にIoTが導入されて、暮らしの利便性を高めています。

ビジネスの現場にも目を移してみましょう。IoTは、業務を円滑に進めるソリューションとして台頭してきています。IoTが商品・機材に取りつけられて、リアルタイムで正確な情報収集が可能になりました。

在庫数を計測するだけでなく、自動発注も可能です。棚卸し・発注・出荷にかかる手間を、大幅に削減させることができます。

在庫管理におけるIoTのセンサーとは

IoTデバイスには、センサーが組み込まれており、光や音、振動、温度、重量など人間が感知できない、意識できない情報を集めています。

センサーのタイプは、目的・用途ごとにあります。振動、光、重量、温度、湿度、圧力、距離など、それぞれがセンサーとしての役割を成すことができます

在庫管理の分野では、重量を計測・監視するセンサーが、頻繫に用いられます。重量を感知することで、在庫数や保管場所・位置、出荷状況、ピッキング状況など、すべての情報をリアルタイムで網羅できるようになります。

IoTセンサーは既存の受注システムにも、連携が可能です。工場、倉庫、小売、医療、介護の現場で、在庫状況を把握するだけでなく、管理データから適正在庫の把握まで、在庫管理業務における問題解決を一手に引き受けます。

IoTのセンサーを導入するメリットと、業界別の事例

在庫管理のソリューションとして取り上げたIoTのセンサー。どのようなメリットが得られるのでしょうか。

在庫管理を円滑に進めるだけではありません。業界別の事例とともに、導入するメリットを紹介していきます。

IoTのセンサーを導入するメリットとは

在庫管理・棚卸し・発注を完全に自動化することで、従業員や既存システムによって生じるミス・手間を省けることがメリットです。

例えば、発注ミスや欠品によって生じる損失を未然に防ぐことができます。ルート営業・配送の効率化や、在庫スペースと廃棄ロスの低減にもつながります。

IoTのセンサーを導入する業界別の事例

IoTのセンサーを導入する事例を、業界別で紹介します。

物流業界

大規模な倉庫でのオペレーションが改善されます。資材・サンプル欠品による納期を短縮させることや、配送効率を向上させるなど、日々の在庫管理や受注業務の自動化が実現します。

流通業界

棚や商品コンテナへの補充、バックヤードの在庫発注を効率的、自動的に行うことによって、売り逃しや廃棄ロスを防止することが可能です。

工場

製品の需要に応じて、各資材・仕掛品・生産機械の予備品、メンテナンス部品の在庫量を適宜に管理することが可能です。資材管理における生産性を上げます。

IoTのセンサー導入を失敗させないポイント

IoTセンサーは、在庫管理において有効なソリューションとなります。売上アップとコスト削減どちらも実現することが可能です。

しかし導入を誤ると、問題の解決には結びつきません。IoTセンサーを導入する上で、失敗しないためにも「気をつけたいポイント」を述べます。

IoTセンサーの導入における注意点

失敗を招きやすいのは、目標・目的が設定されていないケースです。「どの問題を」「何のために解決したいのか」を明確にしなければなりません。

ゴールを設定していても、現場の従業員に浸透していなければ効果がありません。IoTセンサー任せになって、トラブルの原因になる可能性があります。

目標が曖昧である場合、自社に適切ではないIoTセンサーを導入してしまう恐れも生じます。

注意点としてセキュリティ対策が挙げられます。IoT機器へのサイバー攻撃が増加傾向にあるため、万全のハッキング対策が必要です。

IoTは、どのように導入すれば成功できるのか

IoTの「導入メリット・活用術」がインターネット上で掲載されていても、問い合わせ先や申し込み先がわからないケースが多々あります。

IoTの導入を考えている場合、実績のある専門会社を選びましょう。個別相談が可能でサポート体制が整っている専門会社が安心です。

在庫管理110番では、IoTセンサーの導入について相談を受け付けています。在庫管理改善の分野で「実務経験10年以上を持つ経験豊富な専門家」が、貴社の悩みを解決します。

まとめ

在庫管理おいて、IoTのセンサーは「どのような役割を果たしてくれるのか」「どのような導入をするメリットや注意点があるのか」について解説をしました。

導入を成功させることができれば、劇的に在庫管理業務が改善することでしょう。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入したいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

在庫管理へのIoT活用の関連記事