IoTの重さ計測による超簡単・手間なし在庫管理とは?効果やシステムを紹介!

在庫管理には膨大な人的・時間的コストがかかるもの
そう思われている経営者・在庫管理担当者の方は多くいるのではないでしょうか。

たしかに、在庫管理には多くの人手が必要です。
定期的な棚卸などでは、時間がかかるため従業員が残業をしなければならないこともあるでしょう。

しかし、
在庫管理にかかる人手・時間を大幅に削減できる方法
があるとしたらどうでしょうか?

今回は、在庫管理のプロが注目する最新の在庫管理ソリューション、
重さによる在庫管理ができる「IoT重量計」について、効果やメリット
を分かりやすく解説します。


【お試し可能】お気軽にお問合せください

在庫管理の主な方法

在庫管理には、さまざまな方法があります。
ここでは、一般的に用いられる管理方法と、そのメリット・デメリットについて解説します。

人の手による在庫管理

人の手による管理は、特別な設備やツールを必要としないため、導入コストがほとんどかかりません。在庫数が少ないなど、工数や費用をかけるほどではない場合に最適な方法です。

対して、大きな倉庫や工場など、膨大な数の在庫を管理する場合は多くの人手と時間が必要となります。したがって、そこには人件費という膨大なランニングコストが発生します。

また、在庫の確認と数の記録はすべて目視や手動で行うため、

数え間違いや記入ミスなどのリスクは決して低くありません。

バーコードによる在庫管理

バーコード管理は、大型の倉庫などを中心に導入されている方法です。
商品についたバーコードに商品情報を紐づけして、リーダーで読み取ることで、在庫情報がシステム上に保存されます。

紙媒体によるピッキングが不要になるため、管理の手間が低減されます。また、手書きやExcelでの在庫数管理で問題となる入力ミスや漏れを防ぐことも可能です。

しかし、バーコード管理では在庫一つひとつをリーダーで読み取る必要があるため、多くの人手が必要となります。抱える在庫数によっては、膨大な人件費や時間的コストを捻出しなければなりません。

RFID(ICタグ)による在庫管理

バーコード管理をさらに、一歩進めた方法として「RFIDシステム」による在庫管理があります。「RFID」では、商品に商品名や価格、製造年月日などが記録された電子タグを取りつけ、それを専用のリーダーで読み取って在庫を管理します。

「RFID」が、バーコード管理より優れているのは、

離れた場所から複数のタグを一度に読み取りできる点です。
そのため、在庫管理に要する人手や時間を大きく減らすことが可能です。

しかし、タグの価格は1枚10円以上と高く、導入に費用がかかるというデメリットもあります。
また、タグを読み取り在庫をチェックするのは人間です。
そのため、棚卸など定期的な人の手による在庫管理が必須となります。

このように、一般的な在庫管理の方法はいくつかあります。「どの方法が自社に向いているのか」「今の方法であっているのか」など迷ったときは、在庫管理のプロに相談されることをおすすめします。

プロの力を借りることで、貴社が抱えている問題点から最適な解決策を早急に見つけることができます。業者選びの際は、必ず実績があることを確認しましょう。

「在庫管理改善支援センター」 では、多くの実績があります。当ホームページでぜひ、ご確認ください。

【簡単・正確】IoTを使った“重さ”在庫管理とは?

在庫管理の大きな課題は、人の手による在庫管理により
膨大なランニングコストや管理ミスが発生する点です。

ここでは、このような問題を一度に解決する「IoT重量計」による在庫管理を紹介します。

IoT重量計を導入し在庫管理の手間を減らそう

IoT重量計は、重量計に接続したインターネットにより、コンピュータ上で在庫を一元管理するツールです。

使い方は非常に簡単で、重量計に在庫を載せる操作のみです。
入出庫の度に、重量計が在庫の重さの増減を感知しシステム上に記録するため、在庫量を迅速かつ正確に管理することが可能です。

また、人の目による確認や記帳、頻繁な棚卸が不要となるため、
在庫管理に取られていた時間・労力・人件費を大幅にカットすることも期待できます。

さらに、在庫の増減データを継続的に利用するため、消費動向が一目で把握でき、適正在庫を実現することにも役立ちます。データは重量計とリンクした端末により、数値やグラフとしていつでも把握できます。

IoT重量計には(ときにはオプションとして)自動発注機能が付いています。
設定した在庫数よりも少なくなるとシステムが自動的に発注してくれるため、
発注の手間も無くなり、在庫切れに悩まされることもなくなります。

IoT重量計の導入には、初期費用と多少のランニングコストがかかります。
しかし、「簡単」かつ「正確」な管理が実現するため、人の手による在庫管理の問題が一度に解決できる方法です。

  • 慢性的な人手不足
  • 従業員の大きな負担
  • 在庫管理に手間や時間が取られる

といった課題を抱えている企業に「最適なソリューションである」といえます。

IoT重量計は導入しやすい!

在庫管理の方法は重量センサーを搭載したマットの上に在庫を置くだけ。
Wi-Fiにより重量データをシステム上に送信、残量や個数をリアルタイムに把握します。

場所を選ばないマットは使い勝手がよく、倉庫や工場の他、オフィスや店舗などにも導入されています。

液状や粉状の製品でも、細かくグラム単位から管理することができます。

IoT重量計導入時の注意点

一見、導入するだけで現行の在庫管理の課題を解消してくれそうなIoT重量計ですが、
利用にはいくつかの注意点があります。

  1. IoT重量計が自社の在庫管理に適切な方法であるかを検討すること
    なぜなら、“自社に合った”適切なシステムを選ばなければ、期待した効果が得られないことが往々にしてあるためです。

    システムの導入前には、自社の在庫管理が抱える問題点の明確化、および費用対効果の検証を行い、導入すべきかどうかの検討を十分に行いましょう。
  2. 導入計画を立てること
    新しいシステムの導入は、従来の管理方法を180度転換することに他なりません。
    計画を行わずに導入すると、結果「使えない」あるいは「使わない」ことにもなりかねないのです。そのため、導入計画を立てることは必要不可欠となります。

以上2点の留意点は、導入前に必須の検討事項でありながら、大変な労力がかかる作業です。専門的な知識がないと、正しく検討することが難しいでしょう。

IoT機器の導入に失敗しないためには、専門家の意見を取り入れましょう。

在庫管理に実績のあるプロからコンサルティングを受けることで、
自社に最適なソリューションを発見・導入することができます。

在庫管理改善支援センターにおいては、過剰在庫1,000万円削減を成功させた実績があります。また、在庫管理の教科書作成や各種セミナーでノウハウを提供している他、企業様を対象にコンサルティングを行っています。

在庫管理に関する相談も、随時受け付けています。在庫管理システムの導入にお悩みの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。貴社に最適な在庫管理方法を提案致します。

まとめ

手作業による在庫管理では、バーコード管理や「RFID」など管理を助けるシステムが普及しています。しかし、在庫量によってはそれらのツールを用いたとしても、最終的には“人海戦術”となってしまい、膨大な人的・時間的コストが発生します。

一方、IoT重量計はそのような課題を一度に解消する可能性を秘めた画期的なソリューションです。

IoT重量計の最大の特徴は使い勝手がよいこと
簡単・正確な在庫管理が可能になるため「在庫管理にかかるコストや手間を減らしたい」と考える企業担当者の方は、ぜひ導入を検討してみてください。

重さによるIoT在庫管理は「究極の」数えない在庫管理

  • 置くだけで設置完了。余計な設備投資は不要です。
  • 入出庫の時ももうバーコードを読み込んで、数字を打つ必要はありません。
  • 正確な在庫数がミスなくリアルタイムでわかります。
  • 時間のかかる棚卸も一切不要です。

在庫を載せるだけ手間なく、正確な在庫管理ができます。
まさに重さを使ったIoT在庫管理は究極の在庫管理方法です。

重さを使ったIoT在庫管理に興味のある方はお気軽にお問合せください

重さを使ったIoT在庫管理に興味がある。
実際に導入してみたいという方はお気軽にお問合せください。

また、導入してみたいけど実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」、
「私の会社でも簡単に導入できるのか?」というご相談でも構いません。

まずはお気軽に在庫管理110番へお問い合わせください。


【お試し可能】お気軽にお問合せください