IoTを在庫管理・品質管理の現場へ導入するメリットと“その効果”とは

在庫管理・品質管理における問題を解決する方法として、
IoTが注目を集めています。

IoTを導入することによって納期や品質、生産における各業務・工程で発生するトラブル・リスクをリアルタイムで把握でき、改善へと導いてくれるからです。

「生産現場の稼働を、いかに効率化させられるか」
これは、リードタイムの短縮、欠品や過剰在庫を改善したい在庫管理・生産管理担当者にとって、大きな命題です。IoTをソリューションに活かすためにも、導入をするメリット・効果を解説します。

なぜ生産現場でIoTを導入した方が良いのか

現在、IoTは日常生活に役立つアイテムに導入され始めている一方で、
企業・工場における生産現場でも注目を集めています。

「なぜ、生産現場でIoTを導入した方がよいのか」を、解説します。

IoTを生産現場=工場にも活用できる

IoTは、“Internet of Things”の略語で、物のインターネットと一般的にいわれています。生産現場におけるIoTは大きく2つの種類にわかれます。

  1. 製品のIoTです。例えば冷蔵庫・冷凍庫・倉庫内の入出庫、温度管理・調整などを、インターネットを通して行います。
  2. 部品の加工やFAといった設備・機材などのハード面でデータを活用する工場のIoTです。

工場のIoT化が注目されているのは、工場内の品質管理・在庫管理に関するあらゆるデータをリアルタイムに収集できる点です。

IoTを生産現場に導入するメリット

具体的にIoTを生産現場に導入するメリットを見ていきましょう。
おもに6つのメリットがあげられます。

  1. 生産性向上
  2. 業務改善
  3. コスト削減
  4. 品質向上
  5. 納期の短縮
  6. 人材不足対策

生産現場で一元管理したデータはクラウド環境で連携させて、
分析ができるようになります。

これまで見えなかったことがデータになり、
蓄積された在庫・受注・原価情報の傾向から、無駄なプロセスを洗いざらいにして、最適な改善計画を立てることが可能です。
結果的に、6つのメリットがもたらされます。

在庫管理と品質管理に焦点を絞って、メリットをあげておきましょう。

在庫管理では、ロット別・ロケーション別、または保留品在庫の管理など、より高度な在庫管理ができるようになります。

品質管理においては、品質の状態や不良・欠品情報を分析。不良・欠品となった原因を分析して、生産ライン・プロセスの改善へとつなげます。

IoTを導入するデメリットと注意点

IoTを導入するメリットを紹介しましたが、予め注意しておきたいのは「どんな問題でも解決してくれるツールではない」ということです。

IoTを生産現場に活かして、生産性を飛躍的に伸ばしたり、品質を向上したりする企業が存在する一方で、導入に失敗をしてしまうケースもあります。

IoTを導入する上でのデメリットと注意点について、解説します。

IoTを導入する3つのデメリットとは

デメリットとしてあげられるのは3点あります。

  1. 導入コスト
    初期投資・イニシャルコスト、担当者への教育など、場合によっては、割高になる可能性もあります。
  2. メンテナンス
    設備のメンテナンスには、人手がかかります。メンテナンスマニュアルの作成も必要です。
  3. セキュリティ問題
    情報漏洩、不正侵入によって基幹システムが外的に操作されるリスクです。大きな事故や損害を招く恐れがあります。

IoTを導入する注意点

4つの注意点は、以下のとおりです。

  1. 課題・目的を明確にする
    活かし方は企業によって違います。何が問題になっているかを具体化させて、計測できる数値で目標を設定することです。
  2. チームのフレームワークが必要
    IoTを導入しても、活かすのは人でありチームや組織、企業です。従業員が守るべき、業務面でのルール整備が必要です。
  3. セキュリティ対策
    在庫管理・品質管理の担当者から経営者まで教育を行い、セキュリティ対策の意識を浸透させること。
  4. アジャイル型のシステム開発
    IoTのシステム開発は、現場でデータを取ってみないと分からないことも
    多く、最初に完璧な設計をすることが難しいです。現場でデータを取りながら、
    システムを開発・調整するアジャイル型のシステム開発が求められます。

IoT導入を成功させるためには

はじめてのIoTの導入でわからないことが多い場合は、
成功事例や専門業者から学ぶことが近道です。

膨大な情報が集積している在庫管理・品質管理において、成功を収めるポイントは、どこに着目をすればよいのでしょうか。

IoT導入を成功させるために、事例と導入方法をお伝えします。

IoTの成功事例

物流機器・輸送機器のレンタル事業を行う「ユーピーアール株式会社」を紹介します。これまでは、物流資材であるパレットの紛失管理・入出庫管理・棚卸のために、多大な時間を要していました。

しかし、IoTの導入によって、パレットの出入荷の管理を実現。補充費用の削減や適切な在庫管理により、運用コストを適正化することができるようになりました。

このように、IoT導入に失敗しないためには、適切なアドバイスが行える専門業者に相談してみることもひとつの方法です。

実務経験を10年以上持ち、業務プロセスで実績を出している在庫管理110番が企業の困りごとの相談を承っています。

IoTは、どのように導入できるのか

IoTを導入する際、専門業者を選ぶときの基準は3つあります。

  1. 専門的で実績のある企業
  2. サポート体制があること
  3. 個別の相談ができること

導入メリットや活用術がWebサイトに掲載されていても、実際にサポートを受けたい場合、どこへ注文・問い合わせをすればよいかわからない場合が多いものです。

その点、在庫管理110番なら、個別相談が気軽に行うことができるため、アフターフォローにおいても手厚いサポートを期待することができます。改善の分野で実務経験10年以上の経験豊富な専門家が、IoT導入の成功と企業の悩みを解決へと導きます。

適正在庫を把握して品質向上へと

IoTを在庫管理・品質管理の現場へ導入するメリットと、効果について解説をしました。

人手による在庫管理・品質管理には限界があり、効率性も下がります。過剰在庫の削減や適正在庫を把握して、品質向上へとつなげるために、IoTは大いに役立つことでしょう。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入したいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。

在庫管理へのIoT活用の関連記事