IoT在庫管理の手法を徹底比較!今大注目のキーワードは「重さ」?!

昨今、在庫管理の分野では、IoT技術を在庫管理システムに利用し、適正在庫の実現や在庫管理の工数や負担を減らそうという動きが活発です。

IoTを活用した在庫管理システムにはさまざまなものが考案されていますが、現在、最も注目を集めているのが「重さ」をセンサーにより読み取りデータ化するソリューションです。

ここでは、一般的なIoT在庫管理システムの紹介と「重さ」によるシステムの利点について解説します。

IoTを活用した在庫管理とは?

IoTは、在庫管理と非常に相性の良いソリューションです。
「IoT」とは「モノのインターネット化」のことをいいます。在庫管理にIoTの技術を導入することでモノ(=在庫)をインターネットと接続し情報化することができるため、在庫の管理が行いやすくすなります。

在庫管理にIoTを導入する最大のメリットは「在庫の見える化」ができることです。在庫数や保管場所の情報がインターネット上に保存されるため、在庫情報を視覚的に把握できるようになります。

それにより、在庫の管理が素早く正しく行えるようになるのです。たとえば、「在庫数が合わない」「欲しい在庫の保管場所がわからない」「発注漏れが起きる」といった問題点の解消を期待することができます。

また、在庫の管理が簡単に、そして素早く正しくできるようになることで、
これまでかかっていた要な工数やコストを軽減して、機会損失を防ぐことが可能になります。

たとえば、棚卸が一例です。
棚卸は、在庫数を正しく把握して、欠品を防ぐために必要な作業です。IoT技術の導入により在庫を見える化することで、棚卸のたびにかかっていた人件費や時間などのコストをカットすることができます。

また、「在庫が足りない」という問題は、作業工程の停止に繋がり、商品の販売機会を逃すなど、多大な期間損失の原因となります。
在庫管理が容易になり、常に適正在庫を保てるようになることで、機会損失を減らし、利益の向上を期待することも可能です。

在庫管理の究極の目的は、手間やコストを省くこと。システムの導入には初期費用がかかり、導入準備に時間が必要ですが、一度導入することで永続的に業務効率が改善されます。長期的に見ると、全体的なコストの削減に大変効果的です。

IoT技術を使った在庫管理システムでは、ハンディターミナルやビーコン、重量計を使ったものなどが一般的です。

なお、IoT技術を活用した在庫管理システムの導入には 事前の業務整理と導入前の計画が必要不可欠です。そのため、在庫管理とシステムの専門家に相談すると失敗を防ぐことができます。

在庫管理システムの導入については、実績豊富な在庫管理110番へお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

在庫管理における主なIoTソリューション

ここでは、主なIoTによる在庫管理ソリューション

  • ビーコン
  • ハンディターミナル
  • 重量計

それぞれについて詳しく解説します。

ビーコンを使った在庫管理

ビーコンとは、無線通信機能がついたICタグや端末のことをいいます。
ビーコンを入荷した在庫に取り付けたものを、工場や倉庫内に設置したセンサーが読み取ることで、在庫の位置や数、ピッキング状況、出荷状況などを把握することができます。ビーコンによってはサウンドを鳴らす機能が付いたタイプもあり、在庫を探す手間を省くことも可能です。

ビーコンの長所は在庫の所在把握が簡単になる点と、一度設置すると高い精度で在庫管理ができる点です。短所は、ビーコン端末の充電が必要な点と、個々の在庫にビーコンを設置しなければならない点があげられます。

ハンディターミナルを使った在庫管理

商品に貼られたバーコードやQRコードをハンディターミナルで読み取り、在庫情報を管理する技術です。ハンディターミナルに連携した在庫管理システムが、在庫数の把握を容易にします。また、発注点を予測する精度も高まるため、急な在庫不足による作業の中断や納期遅れなどを防ぐことができます。

長所は、在庫をバーコードやQRコードで管理するため、在庫の置き場に制限がないことです。また、パッケージソフトの一機能として販売されていることも多く、自社に合わせて必要な機能を選択・カスタマイズしやすい点も魅力です。

なお、在庫を入庫する際は、一つひとつを手作業でスキャンして読み取る必要があるため、若干の工数が必要になります。

重量計を使った在庫管理

インターネットに接続された重量計に在庫を載せることで、在庫数を管理するシステムです。

重量管理なのでネジなどの小さな部品や飲み物などの液体、粉状のもの、印刷用紙などの紙なども管理できます。モノの形状を選ばずほとんどの在庫を正確に管理できるため、あらゆる業種に向いています。

自動発注機能がついているものもあり、在庫切れを予防することも可能です。タグやビーコンなどのように在庫に直接取り付けるものではなく、在庫をIoT重量計が仕組まれたマットや棚の上に載せるだけなので手間もかかりません。

マットタイプのものは大掛かりな設備が必要ではないため、小さな店舗やオフィスにも導入が可能です。重量計1台が月々500円程度のものからあり、費用を安く抑えることができることも利点です。

導入コストや手間がかからないのは重量計!

IoT技術を利用した在庫管理システムは、センサーの種類によってさまざまなものがあります。いずれにしても、それぞれの長所や短所、費用、操作性などを比べて、自社に合ったものを検討してください。

最も汎用性があり、導入コストや手間が抑えられるのは重量計を使ったソリューションです。在庫を重量計の上に置くだけなので、扱いやすさにも秀でています。初心者向けであるため、初めて在庫管理システムの導入を考えている企業に向いています。

ただし、どのソリューションでも綿密な計画や準備が必要です。準備をせずに導入を決めてしまうと「思っていたよりも使い勝手がよくない」「自社の在庫管理には向いていない」といった結果になってしまう可能性もあります。

システムの検討には、在庫管理に詳しい専門家に意見を求めるのが最も安全です。当社在庫管理110番は在庫管理の専門家です。過剰在庫1,000万円削減を成功させた実績がある他、在庫管理の教科書の執筆、各種セミナーの開催、コンサルティングなども行っています。

在庫管理に関する相談も、随時受け付けています。当社は多くの実績を持っているため、貴社の現状に最適な在庫管理システムの提案を行うことができます。初めて在庫管理システムの導入を検討されている経営者の方や企業担当者の方は、お気軽にご相談ください。

重さによるIoT在庫管理は「究極の」数えない在庫管理

  • 置くだけで設置完了。余計な設備投資は不要です。
  • 入出庫の時ももうバーコードを読み込んで、数字を打つ必要はありません。
  • 正確な在庫数がミスなくリアルタイムでわかります。
  • 時間のかかる棚卸も一切不要です。

在庫を載せるだけ手間なく、正確な在庫管理ができます。
まさに重さを使ったIoT在庫管理は究極の在庫管理方法です。

まとめ

IoT技術と在庫管理システムを組み合わせることで、在庫管理の手間やコストを圧倒的に削減することが可能です。

現在、主流なIoT在庫管理ソリューションには、センサーの種類によって「ビーコン」「ハンディターミナル」「重量計」の3種類があります。

なかでも「重量計」はモノの重さを計るため、液体や粉状のものなど在庫の種類を問わず活用できる点が魅力です。業種や事業規模に関わらず導入でき、コストも低く抑えられるため、初めて在庫管理システムの導入を検討する企業に最適なソリューションといえます。

重さを使ったIoT在庫管理に興味のある方はお気軽にお問合せください

重さを使ったIoT在庫管理に興味がある。
実際に導入してみたいという方はお気軽にお問合せください。

また、導入してみたいけど実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」、
「私の会社でも簡単に導入できるのか?」というご相談でも構いません。

まずはお気軽に在庫管理110番へお問い合わせください。


【お試し可能】お気軽にお問合せください