IoT在庫管理システム初心者に重さのソリューションが最適な理由

企業が最も頭を悩ませるのが、在庫管理にかかる労力ではないでしょうか。しかし、これまでかかっていた労力や時間、さらに費用までも大幅に削減できるのが「IoT重量計を使った在庫管理システム」です。

近年はシステムのIoT化が進んだこともあり、多くの製品が販売されています。なかでも重さによる在庫管理システムは、導入が初めての企業に最適です。

現在、「導入を検討している」企業担当者の方に、「IoT重量計と連携した在庫管理システムが、初心者に向いている理由・利点・用途について」わかりやすく解説します。

重さによる在庫管理システムの仕組み

在庫管理システムは「在庫の管理方法」ごとに、いくつかの種類に分かれます。その中で最も扱いやすく、初心者向けのシステムが、在庫を感知するセンサーに重量計を利用するタイプです。

通常、重量計センサーは「はかり」や「マット」に組み込まれています。在庫を「はかり」や「マット」の上に置くことで、センサーが重さを読み取り、データをクラウド上のサーバに送信します。

在庫データはシステムと接続されたパソコンやスマートフォンなどの端末から、いつでも、どこからでも確認が可能です。重量計が在庫の重さデータを送信し続けるため、在庫量の増減が一目でわかります。

重量計が計測できる重さの限界は、製品によって異なります。重量計では、10g単位の細かな計測から、100kg以上する重い在庫の計測まで対応できるため、貴社に合った製品を選ぶようにしましょう。

IoT重量計の利点と用途

なぜ、システムの導入が初めての企業に「IoT重量計の在庫管理システム」が最適なのでしょうか。ここでは、システムを導入する際の利点と用途について解説します。

在庫の形状に関係なく管理できる

在庫管理センサーに重量計を利用する最大の利点は、通常の在庫管理方法では数量の把握が難しい形状の在庫でも管理できる点です。

たとえば、一般的な在庫管理方法であるICタグなどで管理を行う場合、箱や容器にタグを取り付ける必要があります。そのため、容器内のネジや釘などを少量ずつ使うケースなどに対応することができません。

その点、重さによる在庫管理であれば、在庫を重量計の上に載せるだけなので、モノの形状に関係なく量の増減を計ることが可能です。細かな部品の他、液体や粉末、ガムテープや梱包材等の間接資材など、どのような形状の在庫でも管理ができるのです。

そのような理由から、重量による在庫管理システムは、倉庫や工場の他、オフィスや飲食店、食品の卸売業者、衛生用品を扱う病院や介護施設などでも導入しやすいといえるでしょう。

コンパクトで場所を選ばない

重さによる在庫管理システムでは、重量計を使用します。重量計は多くの場合、1人分の机に広げられる程度の大きさです。そのため、導入に際して大きく場所を取らず、小規模な事業所でも導入しやすいです。

さらに、重量計は置き場所にも困りません。地面への直置きはもちろん、棚の上などに置くことで省スペース化しながら在庫を管理できます。

重量計一つひとつは、大きくはありません。しかし、重量計の製品によっては、複数の並べて設置をすることで、非常に重い在庫を管理することも可能です。そのため、重さによる在庫管理システムは、「取り扱う在庫の種類や、事業所の規模などの影響をほとんど受けることがない」といえます。

導入が容易

重量による在庫管理システムは、導入のしやすさや使いやすさにも優れています。導入時にシステムの設定を行えば、あとは「重量計を設置するのみ」となり、ほとんど手間がかりません。

加えて、システムそのものがシンプルにできている製品が多く、在庫管理システムが初めての人も扱いやすい傾向があります。

たとえば、当社開発の「成長する在庫管理」は、シンプルな機能と操作性を極限まで突き詰めた在庫管理システムです。事例として、手書きの帳簿で長年、在庫管理を行っていた企業様が、わずか4時間という短時間でシステムの導入に成功しました。

その後も、初心者にもやさしい操作性のため、パソコン操作に慣れていない従業員の方も迷うことなく使いこなすことができています。

「成長する在庫管理」の機能や特徴については、下記のページを参考にしてください。

「成長する在庫」の詳細はコチラから

低コスト

重さによる在庫管理システムの多くはシンプルなシステムを採用しています。そのため、導入や維持に大きなコストはかかりません。

一例を挙げると、重量計センサーの場合で、1台あたり月額500円程度から利用することができるのです。

このように、重量計センサーは低コストで導入・運用できるため、在庫管理システムが初めての企業や、システムに大きな費用をかけられない中小企業でも導入しやすいといえます。

在庫管理システムの導入前には専門家に相談を

在庫管理システムの導入に際しては、貴社の業務や課題を整理し、最適なシステムを選択することが最も大切です。

もし、これらの初動の工程を省略してしまった場合「導入したシステムが使えない」「複雑で従業員が使いこなせない」といった問題が起こる可能性があります。

また、導入前の事前準備は専門的な知識も必要となるため、すべてを自社だけで行うことは容易ではありません。

そこで、おすすめしたい方法が、導入準備を専門家とともに行うことです。業務や課題の整理、システムの選択などを専門家からアドバイスを受けながら行うことで、貴社に最適なソリューションを選ぶことが可能となります。

当社「在庫管理改善支援センター」では、在庫管理システムの導入支援も行っています。在庫管理とシステム双方の知識が豊富なアドバイザーが、貴社に合った方法をご提案します。
在庫管理システムの導入で迷っている方は、一度ご相談ください。

まとめ

重さによる在庫管理システムは、重量センサーにより在庫を管理するIoTソリューションです。

重量計を使ったシンプルな仕組みのため「導入コストの低さや操作性」「導入のしやすさ」「対応できる在庫の種類の豊富さ」など、在庫管理システムの導入が初めての企業様に最適な条件が揃っています。

システムを100%使いこなすために、導入前に必ず専門家に相談してから、貴社に最適な製品を選ぶようにしましょう。

IoTの在庫管理への活用に興味のある方はこちらへ

IoTの在庫管理への活用に興味のある方、導入してみたいけど、実際に「何から手を着ければ良いのかわからない」というときは、まずは在庫管理110番へお問い合わせください。