在庫管理の教科書05_絶対に成功するシステム導入

¥6,800

システムを導入して不満を持っている会社は75%以上・・

せっかく導入したシステムをしっかり活用しませんか?

在庫管理システムを導入しようとしている皆様にお勧めです。

 

在庫管理の教科書はダウンロード教材です。

  • 何部でも自由に印刷して社内にシェアしてOKなので、本よりもお得。
  • スマホに入れておけばいつでも、現場でも見られます。
  • ただし、社外への配布や転載はご遠慮ください。

 

支払い方法

  • クレジット
  • 銀行
  • ペイパル

会社名義・経費でご購入の方は、領収書、請求書の発行も可能です。

ご購入後お知らせください。

カテゴリー:

説明

内容

  1. はじめに
  2. システムの導入を100%成功に導く方法
  3. 在庫管理改善支援センターが考えるユーザーに最良のITシステム導入
  4. システムは道具である
  5. システムに合わせるか、ユーザーに合わせるか
  6. システム導入は改善ありき
  7. ITシステムを知る
  8. ITシステムとは何か?
  9. ITシステムの教育者は使い手である
  10. ITシステムができることを理解する
  11. システムができない事を理解する
  12. システムを導入するメリット
  13. 客観的な判断ができる
  14. 仕事を縛る
  15. スピードアップ
  16. データを武器にする
  17. システム導入はなぜ失敗するのか?
  18. システムの導入で失敗する理由
  19. システムを導入することが目的になってしまっている
  20. 経営層がシステム導入に関わっていない
  21. 納期を優先している
  22. 見積もり優先
  23. システムを理解していない
  24. システムに一度に多くを求めすぎる
  25. システムに既存業務を詰め込み過ぎる
  26. 要件定義段階で漏れがある
  27. 日本と海外のシステムに対する考え方の違い
  28. 業務重視とシステム重視のシステムの特徴
  29. システム重視システムの特徴
  30. 業務重視のシステムの特徴
  31. ITシステム導入を成功させる秘訣とは?
  32. システムと業務改善の関係
  33. 業務改善は流れの改善
  34. 業務フローを書いてみる
  35. 業務改善するポイント
  36. 新しい仕事が増えて当然
  37. 専門家の助けを借りる
  38. これまでの習慣や常識は捨てる
  39. 在庫管理システムのあるべき姿
  40. 在庫管理の3つの制約条件
  41. 在庫管理システムが目指す最終形態
  42. 在庫管理と会計管理
  43. システムとはITではない
  44. システムの選定
  45. システムの開発の特徴
  46. ウォーターフォールモデル
  47. スパイラルモデル
  48. アジャイル
  49. 業務系システムに向いた開発手法とは
  50. システムのコスト
  51. データの保管場所
  52. 銀行がクラウドサービスを導入している
  53. 自社サーバー運営のコスト
  54. サーバーの管理者について
  55. 自社サーバー運営のリスク
  56. データはクラウドサービスを利用すべき
  57. クラウドサービスへの不安は、飛行機事故を気にするようなもの
  58. 失敗なくシステムの導入を成功させる手順
  59. 何をシステム化するかを決める
  60. マスターの設計
  61. 必須入力と入力制限
  62. マスターの登録方法
  63. 他システムのとつながり(既存・外部)
  64. システムの運用
  65. システム運用直後に伴う混乱をどう乗り越えるか?
  66. システムの成長
  67. システムの運用が崩れ始める瞬間を知っておく
  68. カスタマイズを実施する
  69. カスタマイズのコスト
  70. システムはいつ完成するのか?
  71. システム化によくある反対意見
  72. 忙しいからシステムを導入できない?
  73. 成長する在庫管理の特徴
  74. 言われた通りに開発しない
  75. あえてすべてをシステム化する必要は無い
  76. 導入のサポートが可能
  77. 他のシステムとの違い
  78. 終わりに

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。