第5次申請分(申請締切日9/5)受付中。※第4次(8月8日締め切り分)のご応募は受付終了しました。

クラウド型『在庫管理システム』(自社仕様にカスタマイズ可能)

在庫管理システム

「在庫問題の解決に役立つExcelや在庫管理システムがない」

と長年、過剰在庫や不動在庫に悩まされている企業さまへ。

適正在庫を維持するための機能を搭載した在庫管理システムで、キャッシュフローの改善を目指しませんか?

資金繰りの悪化に歯止めをかける!『成長する在庫管理システム』

現場の不満を解消するために、在庫管理のプロが開発した、理想の在庫管理システムです。「多機能だけど使いたい機能は搭載されていない」「操作方法が難しくて現場で活用しきれていない」などのムダは一切ありません。

 

搭載された機能が100%使いきれると、過剰在庫や不動在庫の悪化を防止して、適正在庫が維持できるようになります。適正在庫によって、利益を生み出す仕組みが構築され、キャッシュフローが改善されていきます。


【30日間の無料お試しプランをご用意】

「いきなりシステムを導入するには抵抗がある」という方には、30日間の無料お試しプランを活用いただけます!

貴社の在庫問題業務に役立つかを、十分に判断いただける期間です。

↓今すぐご確認ください↓

クラウド型『成長する在庫管理システム』

ご好評につき

【30日間無料でお試し版】

を継続中!

✓搭載された入出庫・棚卸などの機能が「100%使いきれる」
✓操作ラクラク!シンプルなので新人従業員も問題なく使える
✓ユーザー数無制限(ライセンス課金なし)で導入できる

 

IT導入補助金(2022年度版)も利用できます!
『成長する在庫管理システム』のお試し版に申し込む

はじめてでも簡単に操作ができ
適正在庫の実現だけでなく、営業・経営企画にも活かせる!

 
『成長する在庫管理システム』を導入し

在庫問題を改善・解決された企業さま

企業さまの声

<こんなご感想をいただいています!>
●「画面が見やすくて業務で使いやすい」
●「社内全体で情報共有ができるようになった」
●「現場が円滑に回るようになった」
●「業務の期限を守れるようになった」
●「言った、言わないの無駄なやり取りがなくなった」
● 「ほかのシステムと連携できるのがいい」
●「システム以外のアドバイスも在庫管理のプロから受けられた」

あなたは今、こんなことで悩んでいませんか?

☑紙・Excelで在庫管理をしているが、取り扱う在庫数も増えてきて、限界を感じている。

☑紙・Excelで在庫管理をしているが、手作業によるミスが多く、労力もかかる。

☑高額の在庫管理システムを導入したが、一部の機能しか使っていない(たとえば、印刷機能など)。

☑特定の担当者に一任されており、誰でも在庫管理ができるようにしたい。

☑今のシステムは使いにくいため、売上分析などの必要な機能がない。在庫データを手入力するしかなく、結局システム以外にExcelも使っている。

☑今の高性能パッケージシステムは自社の管理には使用しない機能がたくさんある。ボタンやメニューが多くて覚えづらい。

☑サブスクのシステムを入れたが、自社に必要な機能がないうえに、カスタマイズもできない。自社仕様にカスタマイズをしたい。

☑過剰・滞留・不良在庫や廃棄が多い一方で、欠品も多い。適正在庫を実現して、キャッシュフローを改善したい。

在庫管理システムで
74%の企業が不満を抱えている

はじめまして。

 

「成長する在庫管理システム」開発者の岡本です。

主に、製造業、卸売業、建設業、小売業(EC)などの企業さまを対象にした、在庫管理コンサルタントをしています。

 

在庫管理担当者さまから、日々多くの相談が寄せられます。

なかでも、「会社の特定の人しかできない在庫管理から脱却したい」といった悩みを多く聞きます。

 

Excelや在庫管理システムの使い方が複雑で、「一部の人にしか使い方がわからない」「担当者に、休まれたり退職されたりすると操作ができないので困る」といった問題は珍しくありません。しかし、社内の属人化による問題は、在庫管理システムを導入し適切に使うことで、解消できます。

 

在庫管理システムとは、最新の在庫情報を更新して、誰でも管理・共有できるようになるシステムのことです。本来、在庫管理システムは、多くの製造業などの企業さまが悩まれている、「社内の特定の人に頼った在庫管理から、脱却したい」といった問題を解決するためのものです。

 

そのため、「特定の人しか、在庫管理システムが使えない」「人が変わると在庫管理システムを使いこなせない」という問題はいつまでたっても解決しません。このような悩みは、「自社に最適な在庫管理システムの選び方がわかっていない」ところに問題があるのです。

貴社に合わない在庫管理システムを導入している限り
在庫問題の解決は難しい

中部経済新聞に掲載された「中小企業の在庫管理システム利用実態調査」によると、在庫管理システムを導入した企業のうち74%が不満を抱えています。

在庫管理システムの導入に成功する企業の割合は、思いの外少なく、なんと導入した企業の内たった25%です。

数字から見ると、在庫管理システムを導入して成功している企業はわずか4社に1社です。

不満を抱えている企業は、導入した在庫管理システムが「業務フローに合っていない」「機能が足りない」「使い勝手が悪い」などを理由に挙げています。

 

結果的に、最近の機能を豊富に搭載しているにも関わらず、一部の機能しか使えていない、結局はExcelを使用しているという状況に陥るのです。

 

在庫管理システムを本格的に導入すると数十万はかかります。さらに、貴社の業務に合わせてシステムを一から開発すれば、数百万・数千万円以上になることも珍しくありません。

 

在庫管理システムの導入・開発コスト、さらには作業員の人件費をかけているのだから、それ相応の成果はあるだろうと期待を寄せながらも、うまく活用できなかったという企業を見かけます。

 

しかし、いくら費用をかけても、貴社に合わない在庫管理システムを導入している限りは、「在庫問題を解決することは難しい」といえます。すると、在庫管理担当者に負担がかかり、これまでのように不良在庫や過剰在庫も増えていくばかりです。

 

Excelによる手作業や属人化からの脱却、適正在庫の実現を目指しても、現場からの不満が溜まっていく一方で、事態は悪化していきます。

Excelで苦労している在庫管理担当者様も
在庫管理システムで失敗したことがある経営者さまも必見!

 
在庫管理システムを選ぶポイントは
搭載されている機能を「100%使いきれる」こと!

 

企業に実益をもたらす在庫管理システムの条件は、搭載されている機能を「100%使いきれる」ことです。

投資を無駄にせず、現場に役立つ、貴社に合った在庫管理システムの条件と言い換えてもよいでしょう。

しかし、実際は以下のような条件を重視してしまうことがあります。

 

  • 最新機能が搭載されている
  • 機能性に優れている
  • 導入事例が多い
  • 比較サイト・ランキングサイトに掲載されている

 

実は、これらはすべて誤りです。

実際には、「100%使いきれる」ことが正解であり、正しい在庫管理システムの選び方です。

「100%使いきれる」には、搭載されている機能を余すことなくすべて使えるという意味があります。

 

残念ながら、一般的な在庫管理システムには使わない機能が搭載されているケースが多々あります。一方で、企業が本当に使いたい機能がないこともよくあり、前者後者どちらのケースであっても、使いきれていないのが現状です。

 

ゆえに、在庫管理担当者の不満が生じてしまうわけです。ではなぜ、使いきれない在庫管理システムが出回っているのでしょうか。理由は、システム開発会社のノウハウにあります。システム開発会社の大半は、システムの開発力は優れていますが、在庫管理の実務経験があるわけではありません。

 

開発会社は、需要予測や他システムとのAPI連携などの優れた機能を手がけることはできます。しかし、それが日々の在庫管理の実務で使えるか否かは別問題です。

 

このような背景から現場のフローやルール、やり方に合わず、現場の作業員にとっては操作が難しいシステムが完成してしまうのです。工場や倉庫の在庫管理担当者が「100%使いきれる」在庫管理システムにするためには、3つの条件があります。

  • 初心者でも使いやすい!
  • 必要最低限の機能
  • 導入カスタマイズができる

「初心者でも使いやすい」とは、新人従業員も簡単に使えることを意味します。そのためには、日々の在庫管理業務に必要な最低限の機能が搭載されていれば十分です。

 

もし、QRコード生成や発注点の自動通知など、追加で使いたい機能があれば「カスタマイズができる」ことで、貴社に本当に必要な機能だけ付け足せます(あらかじめ機能が固定されているパッケージシステムでは、自由にカスタマイズができません)。

 

また、企業規模が大きくなり、従業員や営業拠点が増えると、その数に合わせて、在庫管理システムのライセンスを増やさなければなりません。一般的なサブスクリプションサービスは、ライセンス数の上限が定められています。上限を超えて、ユーザー数やパソコンの台数を増やした場合、追加でライセンスの購入が必要です。

 

しかし、「ユーザー数無制限」で使用できる在庫管理システムであれば、ライセンス数の上限はありません。追加ライセンスの購入は不要です。無課金でユーザー数・パソコン台数を増やせます。

 

「初心者でも使いやすい」「カスタマイズができる」「ユーザー数無制限」これら3つの条件を満たす在庫管理システムこそ、工場や倉庫の在庫管理担当者が「100%使いきれる」在庫管理システムです。

実務経験があるからこそわかる
現場で本当に役立つ在庫管理システムを開発しました

私は、メーカー勤務時代、製造業の現場で長年の実務を経験してきました。工場の上流~下流工程までの幅広い業務に関わり、システム関連の事情に精通しています。

 

具体的には、情報システム部・SE(システムエンジニア)と連携して、現場と情シスの中間の立場で仕事をしていました。現場の要望をシステムに落とし込んだり、情シスの開発予定を現場に落とし込んだりしながらも、双方のちょうど良い点を見極めてプロジェクトを推進した経験があります。

 

また、2015年創業以来、在庫管理システムのご相談を受け、導入のご支援をする中で、Excelの在庫管理や在庫管理システムに関するお悩みをたくさん聞いてきました。

そのため、本当に必要な機能だけを提案できるのです。企業にとって効果があるのは、搭載された機能が「100%使い切れる」在庫管理システムです。先ほど3つの条件を提示しました。

  • 初心者でも使いやすい!
  • 必要最低限の機能
  • 導入カスタマイズができる

例えば、あらかじめ固定機能が実装されているパッケージシステムよりも、「使いながら、段階的に導入できるシステム」の方が成長段階にある企業には使いやすいことが挙げられます。小さく導入して徐々に大きくできることで、失敗しにくく低コストで済みます。

 

また「多機能よりも必要最小限の機能で、ボタンやメニューが少ない」方が覚えやすく、実務で便利です。ワンクリックでデータをExcelに抽出できる手軽さが現場で役立ちます。開発会社の大半は、リクエストに応じた機能を開発できますが、実務経験があるわけではありません。

 

当社では、これまでのノウハウを活かして、システムを導入する前の改善活動や業務の整理・整頓を支援しています(オプション)。一般的には、現在のシステムと置き換えて使い始めることで、失敗するケースが多く見られます。

 

現場は、ルールがあいまいな業務や判断が多くて複雑化しています。現状を把握せずに導入をして、歯抜けのシステムになってしまうのです。そのため、「100%使い切れるシステム」として、『成長する在庫管理システム』を開発しました。

 

『成長する在庫管理システム』という商品名には、次のような意味を込めています。

  1.  『成長する在庫管理システム』がお客様を成長させる(効率的な在庫管理とデータ活用による適正在庫の実現・キャッシュフローの向上・付加価値の発見)
  2. お客様の成長に合わせて『成長する在庫管理システム』も成長する(貴社に必要な機能が常に存在する)

つまり、『成長する在庫管理システム』は、ずっとお客様を支え続ける伴走者であるということです。

誰でも使える在庫管理システムで適正在庫を実現!
キャッシュフローが改善できる

『成長する在庫管理システム』を導入すると、簡単に在庫管理が一元化できるようになります。

面倒なExcelによる操作は必要ありません。同時編集による不具合・エラー、データ破損がなくなり、システムと併用した二次管理もすべて不要になります。

 

『成長する在庫管理システム』導入の大きなメリットは、なんといっても属人化がなくなることです。

例えば、「在庫管理専属の担当者が 休んで現場が回らない」「在庫管理システムに詳しい人 が退職してやり方をすべて見直さなければならない」ことで困ることはありません。

 

加えて、搭載機能は必要最小限です。『成長する在庫管理システム』は、どんな在庫管理システムよりもシンプルなので直観的に使えます。操作は1日で覚えられて、作業員の皆さんがストレスなく快適に仕事ができ、生産性・効率性の向上にも効果が見込めます。入社したばかりの新入社員やアルバイト・パート従業員でも、精度の高い在庫管理が遂行できるほど操作はシンプルです。

 

会社全体としては、費用を抑えて在庫管理システムを導入すると同時に、適正在庫によってキャッシュフローが改善されます。会社の成長に応じて、機能を追加できるため、貴社で一から開発するよりも、はるかに低コストな運用が可能です。

開発者プロフィール

開発者プロフィール
在庫管理コンサルタント 岡本茂靖

在庫管理110番運営者・瀬戸内scm株式会社代表取締役 

 

製造業の工場で、生産計画から資材調達、進捗管理、設計変更、システム改善・マスタ管理まで、幅広い業務を担当する。

 

改善活動にも多数携わり、生産指示の用紙削減率80%や、業務プロセスの抜本的な見直しなどを実現。

 

在職中に成功した改善を『もっと社会に役立てたい』想いが強くなり在庫管理コンサルタントとして独立。

 

現場が抱える本質的な課題を抽出し、業務の仕組みから改善を図るコンサルティングに定評がある。

独自開発をした『成長する在庫管理システム』は、使いやすいだけではなく、現場の作業フローに落とし込んで運用ができると、厚い支持を獲得している。

在庫管理セミナー
在庫管理セミナーでの講義風景
商工会議所のセミナー風景
商工会議所主催の講演会にて

企業の在庫管理の改善力を高めることを使命とし、1人で課題を抱える現場担当者を対象に、『誰でもできる在庫管理の仕組みづくり』をテーマにしたセミナー活動を展開。

公共団体や企業からの依頼でも講演実績が多数あり、製造現場の在庫管理レベルを底上げするための活動を続けている。

 

適正在庫を実現!はじめての人でも使いやすい
『成長する在庫管理システム』のご案内

『成長する在庫管理システム』は、現場の実務者目線で開発された「搭載機能が100%使いきれる」クラウド型の在庫管理システムです。

本来、在庫管理システムは、属人化リスクや不良在庫・過剰在庫など、製造現場が抱える課題を解決するソリューションとして誕生しました。そのためには、初心者でも実務で使いやすく、実用的な機能が搭載されていることが必要です。

 

しかし、実際は「在庫管理システムを導入しても、現場で必要な機能が搭載されていない」「在庫管理に精通した一部の従業員しか扱えない」など、既存の在庫管理システムに対する不満の声が後を絶ちません。

『成長する在庫管理システム』では、現場の不満を解消するための機能や使いやすさを、徹底的に重視しました。はじめての導入でも、既存システムとの入れ替えでも、簡単に始められます!在庫管理コストを下げながら、作業効率の向上や不良在庫・過剰在庫の解消を実現できます!

 

より多くの企業さまに「在庫管理システムの本当の効果を知っていただきたい」「Excel管理の手間をなくし、より生産性を上げていただきたい」「在庫問題に悩まされない仕組みを作っていただきたい」と当社は、考えています。

また、在庫管理システムをご検討中の方を対処に、当社は無料相談を受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

 

クラウド型『成長する在庫管理システム』
お申し込みの流れ

STEP1

お問合せ

『成長する在庫管理システム』ご相談・申し込み専用フォームから、必要事項をご入力ください。

ご相談・お申込みはこちら
STEP2

ご要望機能

在庫管理アドバイザーがご要望をヒアリングします。必要に応じて専門家の観点から、ご提案します。要件をまとめお見積りします。

STEP3

開発・設定

ご要望いただいた機能を開発(設定)します。機能は段階的にリリースし、事前にマスター登録や機能に慣れることができます。

STEP4

利用開始

クラウドシステムなので、社内・社外どこからでも利用できます。なお、人数無制限(増額無し)で利用できます。

より詳しくプランや導入方法などを相談されたい方は、お問合せ時、任意項目も記入いただくとスムーズです。機能やIT導入補助金に関するお問合せも受け付けています。

おすすめの導入方法

『成功する在庫管理システム』には、入出庫や棚卸など、必要最低限の機能があらかじめ搭載されています。

導入後は、企業の成長に合わせて、ほかの機能を段階的にオプションで追加できます。

オプション例には、QRコード生成や既存の基幹システム連携といった機能が挙げられます。

しかし、少しずつ導入していくことで、追加機能の費用感がわからず不安な方には、「在庫管理110番」では次のようにして機能の導入をおすすめ しています。

  1. まずはお問い合わせください
  2. 追加したい機能の洗い出しを行う
  3. 見積もりを行う
  4. 機能の導入の優先度を決める(専門家の観点からアドバイス)
  5. 最優先の機能を追加した状態で運用を開始する
  6. 運用の進捗に応じて、順次システムに機能を追加していく

<予算化をオススメします>

最優先ではない大きな機能については、あらかじめ見積もりを取って予算化しておきます。

そうすることで、 無駄なく素早く低コストで、使いやすく、そして会社にとって必要な機能だけを盛り込んだ在庫管理システムになります。 

一度にカスタマイズをシステムに組み込み、運用スタートをするのではなく、運用しながら順次追加していくスタイルです。

この方法のメリットは、運用中に気づいた事をカスタマイズに修正を加えて、取り入れることができます。

予算の消化具合を見ながら、カスタマイズの範囲を決めていきます。

  1日で覚えられる!
使いやすくて操作が簡単な
【成長する在庫管理システム】とは!?

クラウド型『成長する在庫システム』:貴社に必要な機能だけを搭載!はじめての方でも使いやすい、中小企業・ベンチャー企業向けの在庫管理システム。

(入出庫・ロケーション・顧客・販売支援・棚卸・分析・集計・マスタ管理など。パーツオーダーで、貴社オリジナル仕様にカスタマイズが可能)

【成長する在庫管理システムの6つの特徴】

  • 誰でも簡単に使える!
    シンプルで馴染みやすい画面と操作なので、4時間あればすぐに操作を覚えられます。
  • 低コストなのに本格的!
    通常の2分の1以下のコストで、本格的なシステムを導入できます。
  • 機能を選択して導入
    パーツオーダー機能で貴社に必要な機能だけを選択できます。
  • 万全のセキュリティ体制
    5種のセキュリティ対策で、オンブレよりも安心。格安なコストでデータ漏洩と消失を防ぎます。
  • どこでも使える!
    クラウドなので自宅・営業先・出張先からでもネット環境さえあれば、どこでもつながります。
  • ユーザー数無制限
    会社単位で契約のため、ユーザーが何人増えても、パソコンを何台導入しても月額料金は変わりません。

販売商品である在庫管理システムは、「世の中にある在庫管理の不満」を解消するために当社が開発しました。理論だけではなく、実務を知っているからこそわかる「現場で本当に使える」これまでにないクラウド型の在庫管理システムです。

初心者でも、1時間で使い方を覚えられるほどのシンプルさが特徴。それでいて毎日の在庫管理業務で欠かせない入出庫、ロケーション、顧客・販売支援などの基本機能を搭載しており、インターネット環境があればどこからでもアクセルすることができます。

さらに、在庫管理担当者のやりたいことがすべて実現できる柔軟なカスタマイズ機能を装備。会社の成長に合わせて、在庫管理システムも成長します。

 

 

『成長する在庫管理システム』の特徴を紹介します

成長する在庫管理システム_わかりやすい画面 

※タップすると拡大できます

上記の画面は、成長する在庫管理システムの操作画面です。「Excel」に近い見た目が特徴です。
在庫管理アドバイザーは実務で在庫管理システムを使っていたユーザーでもあります。

在庫管理システムは毎日使います。見やすさ・わかりやすさはとても大切です。
初めて使う新入社員・パート・アルバイトの方が、普段から見慣れて、使い慣れている「エクセル」に近い操作画面にしました。

操作画面を直観的に理解できて、すぐに覚えられます。
徹底的に見た目にこだわり、どんな初心者でも使いやすいものを開発しました。

『成長する在庫管理システム』の基本機能

入出庫
入庫登録
出庫登録
メモ登録
日付検索機能
品目検索機能
ロケーション検索機能
取引先検索機能
入出庫区分検索機能
ロット検索機能
ロケーション
移動元・移動先登録
メモ登録
日付検索機能
品目コード検索機能
品目名検索機能
ロケーション検索機能
ロット検索機能
顧客・販売支援
受注・納期管理(予定日・完了日)
購買履歴
売上分析
棚卸
棚卸差異表示
棚卸結果の即時反映
全棚卸データ照会可能
循環棚卸に対応
分析・集計
在庫分析(回転率、期間集の総入出庫数、開始・完了時点在庫数)
売上分析(取引先別の売上の予定・実質金額、期間指定可能)
マスタ管理
品目マスタ
品目分類マスタ
在庫区分マスタ
管理区分マスタ
ロケーションマスタ
取引先マスタ
取引先区分マスタ
担当者・権限管理マスタ
貴社に必要な基本機能に無い・・・、そんな心配はご無用です!
成長する在庫管理システムは弊社独自のパーツオーダー機能で、貴社に必要な機能をオプションで追加できます。

貴社に必要な機能を選択して追加できる
パーツオーダー機能

 

※タップすると拡大できます

成長する在庫管理システムは、あなたの会社の業務に合わせて必要な機能だけを追加できるシステムです。

  1. QRコード生成
    品番などのQRコードを作成します。リーダーやハンディターミナルで読み取りできるようになります。
  2. グラフ作成
    入出庫と在庫数の推移が視覚的にわかりやすくなります。
  3. 棚ラベル作成
    棚や部品などに貼り付けできるラベルを作成します。
  4. 帳票作成
    在庫一覧を印刷して、配布できるようにします。
  5. 発注管理
    仕入先・外注先への発注を管理し、無駄な仕入の予防、納期管理ができるようになります。
  6. 受注管理
    販売先・出荷先の受注を管理します。出荷もれ、納期管理ができるようになります。
  7. 自動通知
    発注点や過剰在庫を自動で通知し、在庫確認の手間を省き、適正在庫を実現します。
  8. システム連携
    貴社にある既存の基幹システムや会計、販売、生産管理システムなどとAPIで連携します。
  9. ECサイト連携
    大手ECサイト(アマゾン、楽天)、貴社の独自ネットショップの在庫を一元管理できます。

基本機能・上記9つのオプションのほかに、貴社の業務に合った機能をカスタマイズで追加できます。

『成長する在庫管理システム』は、パッケージシステムでありながら、ほぼ制限無しであなたの会社の業務に合わせて必要な機能が追加可能です。

機能が豊富なパッケージシステムは、メニューが多く複雑で覚えるのに時間がかかります。さらに、貴社に必要な機能が無いということもよくあります。

その逆で貴社に不要な機能がたくさんあるのも実情です。(*パッケージシステムとは、決まった機能が搭載されている既成ソフトウェアのこと)

『成長する在庫管理システム』なら、パーツオーダー機能で、貴社の業務に合わせて必要な機能を追加できます。

パーツオーダー機能のメリット

  • 貴社に必要な機能が揃います
  • 貴社に不要な機能はありません
  • 企業の成長に合わせて、段階的に導入できます
  • シンプルで覚えやすく使いやすいシステムになります
  • 徐々に追加できて、失敗しにくく低コストで済みます

IT導入補助金で対応可能な機能はこちら

  • 管理したい項目の増減
    管理項目の追加や削除ができます。入力式、選択式いずれも対応可能
  • 自動処理
    入出庫や在庫移動など、操作やある条件(例えば在庫がゼロ個)に達したときに自動で処理を開始や通知します
  • 帳票作成
  • 帳票印刷‗単票
    帳票を印刷出力します。バーコード等の出力も可能です
  • 帳票印刷‗一括
    帳票を印刷出力します。1枚ずつではなく、全部または一部、一括で出力します
  • システム間連携
    成長する在庫管理システムと他システム(市販・スクラッチ問わず)をAPIまたはCSVで連携します
  • 適正在庫アラート
    決めた在庫水準に達した時に、ユーザーにメールで通知します
*【IT導入補助金】とは、経済産業省が主催する補助金のひとつで、ITツールを導入する経費の してもらえる制度です。ただし、注意が必要です。IT導入補助金に申込みができる募集期間はあらかじめ決まっています。募集期間にあわせて、IT導入補助金で『成長する在庫管理システム』の導入を検討されたい企業さまや担当者さまは、「在庫管理110番」までお問合せください。
IT導入補助金の専門ページはこちら

クラウド型の在庫管理システム

『成長する在庫管理システム』はクラウド型システムです。
インターネット環境とノートパソコンさえあれば、どこからでもアクセスできます。
会社単位で利用契約を結んでいるため、パソコンを何台導入しても、ユーザーが何人増えても、月額料金は変わりません。

在宅・出張先から接続
クラウド型システムなので、インターネット環境さえあれば在宅・出張先・営業先からでも在庫管理システムにアクセスできます。

ノートパソコンに「成長する在庫管理」を導入するだけでOKです(特別な設定不要)。在宅や出張、営業先からでも在庫を確認できるので、いちいち本社に在庫を問い合わせて確認する必要はありません。
 

また、クラウド型の在庫管理システムは、セキュリティ対策も万全です。Microsoftのサーバーを使い、専用アプリケーション化など外部からの攻撃に対して5重のセキュリティ対策を実施します。在宅や移動中など社外からでも、安心して在庫管理システムにアクセスすることができます。

一方、貴社の業務に合わせて、一から開発をするフルスクラッチの在庫管理システムでは、ブラウザを使用します。その場合、情報漏えいやサーバー攻撃への対策を、社内ネットワーク上で講じなければなりません。セキュリティ対策が不十分であれば、社外からアクセスをすることで、ウイルス感染や不正侵入などサイバーセキュリティのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

ユーザー数無制限で利用できる
追加コスト必要なし
『成長する在庫管理システム』は、パソコンを増設した時、人員を増やした時にライセンスを新たに購入する必要はありません。

一般的なサブスクリプションサービスは、ユーザーを増やした時、使用するパソコンを増やした時に、追加ライセンスが必要です。
 
しかし、成長する在庫管理システムは追加ライセンス一切不要です。
 
月額費用が増えないので大人数でも低コストで使用できるシステムです。

業務効率化に役立つ7つの機能

在庫管理は日常業務です。
細かいちょっとした「できない」ことが日常的なストレスになり、業務スピードにも悪影響です。
日常業務をスムーズに進めることができるように、さまざまな便利機能を実務経験に基づいて盛り込みました。

在庫管理データのエクセル抽出

 

※タップすると拡大できます

システムのデータを使ってExcelでレポート作成、分析・集計のために加工する・・・
というシーンは意外と多くあります。

CSVデータは抽出できるが、直接エクセルでデータを抽出できるシステムがこれまでほとんどありませんでした。

成長する在庫管理システムでは、一覧画面に表示されたままのデータを右クリックだけで簡単にExcel化できます。

商品に詳しくない人でも写真で特定できる

※タップすると拡大できます

現場の人は商品の事をよく知っていても、実際にお客様から問い合わせを受ける事務員や新入社員は、商品知識が無いということも現場ではよくあることです。

そこで、商品や部品の写真、図面を登録できるようにしました。
名前だけでは判別しづらい類似品、商品知識の無い新入社員でもどんなものかが一目でわかります。

図面登録にも活用できるので図面管理にも使えます。

履歴自動記録

履歴の保存期間が決められている(例えば、2年以上経過したデータは削除)システムの多い中、『成長する在庫管理システム』は、入出庫・移動・棚卸の履歴を全て自動保存しています。

どれだけ古いデータであっても、データはいつでも取り出せます。もちろんExcel化も可能です。

顧客・販売支援機能

販売(出庫)データがすべて残っているため、販売分析ができます。

商品の販売と取引先データを組み合わせて、顧客の購買・対応履歴と、蓄積した販売データをもとに、売上分析(顧客別・商品別・カテゴリー別等)、ランク分け、粗利率管理(仕入・販売単価登録で可能)が可能です。

クラウドシステムなので、例えば営業部門が営業先で本社に問い合わせることなく、ノートパソコンで顧客の購買履歴や売価などを確認できます。

商品・部品写真、図面の登録

1品目ごとに商品写真・図面を登録できます。

名前だけでは判別しづらい類似品、商品知識の無い新入社員でもどんなものかが一目でわかります。図面登録もできますので、図面管理にも使えます。

複数枚の写真登録も、単位ごとに登録可能です(※カスタマイズ対応)

適正在庫アラート(オプション機能)

  • メールで担当者に自動でお知らせ
  • 手間なく漏れなく、早期発見
  • 欠品、長期在庫を自動で検知

膨大な数の商品や部品を1点ずつ担当者が見るのは、大変な労力です。
欠品・過剰・不良在庫になる予兆を自動で検知してあなたにメールでお知らせするので、毎日在庫確認は不要です。

欠品・過剰在庫の自動検知で適正在庫を手間なく実現でき、欠品も長期在庫も効率的に対応できます。
見落としがちで、気づいた時にはもう遅い・・・という状態を未然に防止します。適正在庫を維持するために用いることができます。

適正在庫を実現することで、以下のメリットが得られます。

  • 資金繰り改善
    無駄な仕入れを抑制し、資金滞留を防ぎ、資金繰りを改善します。
  • 機会創出
    気付かずに売り逃し、陳腐化を防ぎます。売り上げや在庫消化の機会を逃しません。
  • コスト削減
    在庫確認の手間や長期在庫による保管場所の圧迫を未然に阻止します。

棚卸差異が一目でわかる(循環棚卸にも対応)

 

※タップすると拡大できます

一斉棚卸だけではなく、一部のロケーションや品目、ロットだけ、また循環棚卸にも対応しています。
棚卸データの取りまとめも時間はかかりません。(棚卸結果をExcel化もできます。)

在庫精度を上げるための棚卸差異の原因調査にもすぐに取り掛かれます。
なお、棚卸結果は過去のデータを全て保管しています。

『成長する在庫管理システム』の保守・運用サポート

技術保守サポート
サーバー管理
データの保護
OSのアップデート対応
サーバーやデータの管理や保守をお客様で行っていただく必要はありません。
システムは専門技術者が常に監視を行い、安定的にかつトラブルなく運用できるように万全の態勢を取ってます。
予期せぬデータのクラッシュや、OSのアップデートに対応し、データのバックアップも取得しています。
技術運用サポート
基本保守料金17,900円~
電話・メール・訪問にて対応可
対応可能時間:9:00~18:00
システム導入後の基本的な操作やシステムに蓄積されたデータの活用、オプションの追加やカスタマイズの相談も随時受け付けています。

万全のセキュリティ体制

成長する在庫管理システムは、大切な基幹データである在庫データをセキュリティで守ります。

お客様でデータを守るために一般的なクラウドサービスには真似出来ない柔軟な対応が可能です。

常時バックアップ(最大24時間前のデータを保存)、最新のウィンドウズアップデートにも随時対応します。

  • IDとパスワードの発行
  • ブラウザではなく専用アプリケーションを開発
  • お客様ごとにアプリケーションの通信設定ファイル
  • データセンタとの通信はIPアドレスフィルタを使用
  • データ通信は、TLS1 ・2 によって通信内容を暗号化
  • グローバルIP制限
  • 指定したサーバーに設置
  • 貴社の保有するサーバー環境に設置

『成長する在庫管理システム』導入後は

こんな改善が実現します!

誰でも簡単に操作・管理をして、適正在庫が維持できる優良企業へ
  • 在庫の一元管理によって、最新の在庫数が把握できるようになります。リアルタイムの在庫管理で、欠品や過剰在庫を防ぎ、適正在庫を維持します。資産である在庫を現金化できるので、安定した利益の創出が可能です。
  • 貴社に必要最低限の機能が搭載され、はじめての担当者・作業員でも覚えやすく、誰でも使えるようになります。すぐに実務で活かせるため、入社したばかりの従業員も生産活動に参加できます。労働力を有効活用できる最大のメリットは、企業の生産性が向上することです。最大限の成果を上げることで、ライバル企業との競争力が付きます。
  • Excelなどを使った二次管理が不要です。作業にかかる無駄な手間やコストを削減でき、代わりに、優先度の高い業務に人的資源を集中させることができます。業務の効率化を実現しながら、さらなる業績拡大が図れると同時に、従業員の残業時間を削減して、ライフワークバランスの推進も後押しします。
  • 在庫管理の方法が、システム化によって統一されるので、誰でも在庫管理ができるようになります。詳しい人がいなければ、わからないという属人化リスクで現場が対応できず、混乱に陥ってしまうことはありません。担当者不在で生産活動が遅れる、もしくは止まる事態を避けられます。商品を安定供給することで、顧客からの信頼を獲得できます。

お客さまの声をご紹介

『成長する在庫管理システム』導入後の変化は?

【お客さまの声①】業務で使いやすい!検索・データ修正も簡単

【建設資材小売・卸売(愛知県)会社のお客さま】

画面ひとつでいろいろな操作(業務)できるので分かりやすいです。検索もしやすいですし、データの修正も簡単にできて助かります。

今後は全ての商品在庫から請求書作成までシステムで一本化したいです。発注書処理を行えば、納品書から請求書までリンクして再入力をなくして、管理の一本化をしたいと思っています。

在庫管理においては発注管理、置き場管理、販売分析から販売戦略につなげたいと考えています。

【お客さまの声②】デジタルとアナログの両立を実現!現場が円滑に回りだした

【躯体工事・型枠工事(兵庫県)会社のお客さま】

システム屋だとシステムだけですが、「在庫管理」という部分でいうとシステムとかデジタルだけじゃなく、アナログの部分も活用しながら、紙ベースでできるところは済ませる。うちの仕事の作業内容に落とし込んでもらったので、やりやすいなと思った。その辺はお願いしてよかったと思います。

システム導入後、言った、言わないの無駄なやり取りが無くなりました。システム導入前は、ほぼ毎日のようにあった現場の「発注書おくったやん」というウソがつけなくなったからです。履歴が残るので。うやむやにして自分の依頼を通すことも減りました。

現場サイドが感じているのは、私たちが毎日発注や搬入の事前連絡を事務所がしているので、「ものすごくきっちりやりだしたな・・・」と思っていてるようです。それで自分たちもきっちりやらないと、という意識の変化を感じます。

現場の職長も朝礼や昼礼をする時に、現場の各班の親方達が全員同じ情報を見ているのでやりやすい。たとえ親方が見てなかったり、職長に質問があっても「(システム情報が共有されている)グループLINE見たら載ってるよ」と言えるようになったので、職長の仕事の後押しもできているのかなと思う。現場が円滑に回る一つにはなっていると思うし、役立ててほしいです。

シンプルな操作画面・機能で

導入後、1日で覚えられる

『成長する在庫管理システム』は貴社が必要としている機能だけを搭載しており、直観的に操作が行えます。

搭載している機能が多ければ、ボタンが増えて操作が複雑になり、実務での活かし方も難しいため、新入社員や新任の在庫管理担当者には使いこなせません。在庫管理に精通した一部の担当者しか操作できず、属人化を招くことになります。

『成長する在庫管理システム』なら、はじめて使う人でも、1日で使い方を覚えられます。

もしも操作を誤って、本来遷移したいページとは違う画面が表示された場合でも、直感的な操作ができるので、リカバリーもすくに可能です。入社して間もない従業員でも、現場に配属されたばかりの作業員でも、すべての人の使いやすさを考えぬいた在庫管理システムです。

出入庫・ロケーション・棚卸など、実務で必要な機能だけを搭載しています。シンプルな最小限のボタンで、Excelのような見慣れた画面が特徴です。アイコン付きのわかりやすいメニュータブに、表形式の見やすいデータ一覧表で、1日あれば使い方を覚えられます。

様々な条件で検索ができ、あいまいなキーワードでもデータ検索ができます。製造現場の作業員が混乱することなく、安心して導入できます。

専門家による導入支援コンサルティングも可能

『成長する在庫管理システム』が、「自社に合うのか一度試してみたい」という方に、試用プランをご用意しております。

30日間無料で『成長する在庫管理システム』を利用していただけます。

また、導入・運用に関する支援を望まれる方は、コンサルティング(訪問またはオンライン)を有料 でご提供しております。

価格帯は以下のとおりです。

  • コンサルティング訪問:150,000円~
  • オンライン:72,000円~(6時間以内が目安)

より具体的な価格は、貴社の状況をお聞きしたうえでお見積りします。お気軽にお問い合わせください。

貴社にもっとも適した方法で、導入・運用が始められるように当社がサポートいたします。

 

 

今すぐ!誰でも使いやすい

 

成長する在庫管理についてよくある質問

 

 
自社に必要な機能がありません。大丈夫ですか?
パーツオーダー機能で対応可能です。
ただし、IT導入補助金で対応できない場合もあります。
弊社の管理項目はたくさんあります。追加できますか?
パーツオーダー機能で追加可能です。
財務・会計機能はついてますか?
申し訳ありません、非搭載です。
会計システムとの連携(CSVまたはAPI)で対応可能です。
受発注管理は可能ですか?
カスタマイズで対応可能です。
※IT導入補助金対象外
伝票は発行できますか?
帳票類の印刷はパーツオーダー機能で対応可能です。
一括出力もできます。
バーコード・QRコードで管理できますか?
バーコード・QRコードを出力可能です。
リーダーを別途ご用意ください。
どんな業種にも使えますか?
建設業や病院・介護事業所などの消耗品管理も可能です
ユーザーごとに利用制限(権限)を持たせられますか?
可能です。入力制限をしたり、見られる画面を制限したり、様々な権限設定ができます。※IT導入補助金対象外
 
自社の基幹システムと連携できますか?
連携可能です。
自社の会計システムと連携できますか?
連携可能です。
自社の販売管理システムと連携できますか?
連携可能です。POSとの連携もできます。
ECサイトとの連携はできますか?
連携可能です。
複数のECサイトの在庫を一元管理、ECサイトに最新の在庫データを反映させることもできます。
※モールやシステムにより対応できない場合もあります。
ハンディーターミナルに対応できますか?
カスタマイズで可能です。
※IT導入補助金対象外
 
パソコン何台まで導入できますか?
無制限です。
ライセンスは会社ごとなので、何台でも可能です。
ユーザーの登録数に制限や課金はありますか?
無制限です。
自由にユーザー追加していただけます
複数のユーザーで同時に使っても大丈夫ですか?
はい、50人くらいまでなら同時アクセスしても問題ありません
 
一度実際に使ってみたい、どうすればいいですか?
デモで30日間ご利用いただけます。
デモシステムはどんな機能が使えますか?
ユーザー権限設定、品目一括インポート以外の全ての基本機能が使えます。
デモシステムでパーツオーダー機能やカスタマイズ機能は試せますか?
申し訳ございません。
各ユーザー様ごとにご要望が違いますので、お試しできません。(開発対応となります。)
 
自社だけで導入に不安があります。コンサルティングは可能ですか?
可能です。
ご支援の形態は、訪問またはオンラインをご選択できます。
保守サポートはありますか?
操作とシステム保守に関するサポートがあります。
 
導入にいくらくらいかかりますか?
システムの本体価格は70万円です。
あとはパーツオーダー(オプション)・カスタマイズの開発費になります。
だいたい総額で400万円以内に収まります。
保守費用はいくらくらいかかりますか?
基本保守は17,900円です。
あとはパーツオーダー(オプション)・カスタマイズの開発工数によって異なります。
1開発工数(人日)あたり月額660円です。
導入コンサルティングいくらくらいかかりますか?
訪問は1回あたり180000円、オンラインは98000円です。
※いずれも6時間以内
 
どこからでもアクセスできますか?
データはクラウド上にあります。
システムをインストールしたパソコンでインターネット環境さえあれば、どこからでもアクセスできます
クラウドはセキュリティが心配です。
信頼性の高いMicrosoftのサーバーを使い、専用アプリケーション化など外部からの攻撃に対して5重のセキュリティ対策しています
オンプレミスには対応していますか?
申し訳ありません。
非対応です。

 

今すぐ!誰でも使いやすい

 

追伸

私は、上記のような問題を解決するために、在庫管理システムの代わりに、Excelを使っていました。しかし、仕事から解放されるわけではなく、むしろ、負担は大きくなる一方でした。

 

そのとき、私はこう思っていました・・・「世の中の在庫管理システムは使いにくい。現場担当者の業務に合わせて開発されておらず、労働時間を増やし、生産性を下げるITツールである」。日々ストレスを抱えていました。

 

そして、在庫管理コンサルタントとして独立をした私は「今のままでは、業務の生産性や効率性は上がらない。実務者が本当に使いやすい在庫管理システムを作って、製造現場を改善していきたい」という想いを、抱くようになったのです。実用性を考え抜いてたどり着いた答えが、本文で紹介してきた、搭載した機能を100%使いきれる『成長する在庫管理システム』です。

 

機能は追加するものという考えに基づき、カスタマイズを前提として開発をしています。そのため、ユーザーの「こんなことを実現したい」に応えられます。必要な時に必要な機能だけ追加していくことができるので、無駄なボタンがありません。貴社に入社したばかりの従業員でも、使いやすいシンプルなデザインが特徴です。

 

創業以来27年間、手書き伝票一筋だった超アナログ経営の企業さまでは、わずか4時間で導入が完了しました。Excel経験のない在庫管理担当者でも、操作方法を1日で覚えて、導入翌日から使用しています。導入後は、一切、問題は起きていません。

 

『成長する在庫管理システム』で、製造現場の作業員を仕事から解放したいと、私は考えています。このことは、企業全体で見れば、生産性や効率性の向上につながることを意味します。さらに、過剰在庫などの在庫問題を解決して、適正在庫が維持でき、キャッシュフローを生み出せるようになることが、在庫管理システムの理想的な活用方法です。

 

不満を抱えたまま既存の在庫管理システムやExcelを使い続けるかどうかは、従業員1人の負担を増やすか減らすかという話ではありません。会社の将来の利益を失うか、生み出すかという、経営にかかわる重大なテーマです。

 

「搭載された機能100%使いきれる在庫管理システム」で、適正在庫を実現して、キャッシュフローを改善したい企業さま・担当さまは、今すぐ『成長する在庫管理システム』にお申し込みください。

 

在庫管理コンサルタント 岡本 茂靖