第3次申請分(締切日7/10)受付中。※応募多数の場合は募集を打ち切りますのでご注意ください

【2022年】おすすめのクラウド型在庫管理システム9選!

おすすめクラウドシステム9選

「在庫管理の不備が原因で、クレームが発生してしまった」
「拠点を増やしたことで在庫管理が複雑になり、ミスが増えている」

そんな悩みを抱えている方は、少なくありません。

そこで検討したいのが、クラウド型在庫管理システムの導入です。
クラウド型在庫管理システムには様々な種類がありますが、今回は、下記9つの商品を厳選しました。

おすすめのクラウド型在庫管理システム9選

  1. 成長する在庫管理システム
  2. アラジンオフィス
  3. ZAICO
  4. eee CLOUD
  5. ロジクラ
  6. flam
  7. 楽楽販売
  8. TEMPOSTAR
  9. イチゴクラウド

この記事では、「クラウド型在庫管理システムについてよく分からない点が多い」という方に向けて、

クラウド型在庫管理システムとは一体何か?
クラウド型在庫管理システムを導入するメリット・デメリットは?

について分かりやすくご説明します。

この記事のポイント
  1. クラウド型在庫管理システムとは
  2. クラウド型在庫管理システム選びで重要な5つのポイント
  3. おすすめのクラウド型在庫管理システム9選
  4. クラウド型在庫管理システムを導入するメリット
  5. クラウド型在庫管理システムを導入するデメリット
  6. クラウド型在庫管理システムの導入をおすすめする人

適切な在庫管理システムの導入は企業の業績UPにも直結しますので、ぜひ最後までお読みください!

もくじ

1. クラウド型在庫管理システムとは?

クラウド型在庫管理システムとは

近年、多くの企業に注目されているクラウド型在庫管理システムですが、そもそもこれは、どのようなシステムのことをいうのでしょうか。
この章では、クラウド型在庫管理システムについてわかりやすくご説明します。

この章のポイント
  • クラウド型在庫管理システムとは
  • クラウド型在庫管理システムの主な機能

1-1.在庫管理システムはクラウド型とオンプレミス型に分類

「在庫管理システム」とは、商品の在庫を、一元管理するシステムのことをいいます。

この在庫管理システムは、社内にサーバーを導入するかどうかによって、「クラウド型」と「オンプレミス型(非クラウド型)」に分けられます。

在庫管理システムにはオンプレミス型とクラウド型がある

在庫管理システムのうち、社内にサーバーを導入せず、インターネットを介して在庫管理機能を利用するタイプのものを「クラウド型」と呼びます。
これに対して、社内にサーバーを設置し、システムを構築するタイプのものを「オンプレミス型」と呼びます。

1-2. クラウド型在庫管理システムの主な機能

在庫管理システムの主な機能は、下記の通りです。

在庫管理システムの主な機能

クラウド型在庫管理システムでは、企業内にサーバーを設置することなく、インターネットを介し、クラウド上でこれらの機能を利用します。

  • 在庫の一元管理機能
    在庫を一元管理する機能です。複数拠点に在庫を保管している場合も、その数や出荷状況などを一元管理することができます。
  • 入出庫管理機能
    商品の入出庫状況を管理する機能です。在庫数についてはもちろん、複数拠点間の商品移動についても管理することができます。
  • 棚卸管理機能
    通常、複数人で手分けして行う棚卸のデータを、一元管理します。
  • データ入力機能
    ハンディサイズの端末やスマートフォンなどの端末でQRコードやバーコードを読み取り、商品番号や商品情報を正しく判別・入力します。
  • データ分析機能
    過去に入力した在庫に関するデータをもとに、売れ筋商品やトレンドを分析したり、今後必要になる発注量や生産量を予測したりします。
  • 書類出力機能
    在庫に関する書類についてはもちろん、発注書や請求書などの作成をします。

2. おすすめのクラウド型在庫管理システム9選

おすすめのクラウド型在庫管理システム

ここでは、数あるクラウド型在庫管理システムの中から、おすすめの9システムを厳選してご紹介します。
今回は、下記5つのポイントをもとに、システムの特徴をまとめました。

システムの特徴5つのポイント

  • 機能
  • システム連携
  • 価格
  • サポート体制
  • 対応業種

クラウド型在庫管理システムの導入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

2-1. 中小企業の在庫管理なら「成長する在庫管理システム」

成長する在庫管理システム

出典:在庫管理110番

成長する在庫管理システムは、瀬戸内scm株式会社が提供するクラウド型在庫管理システムです。

標準搭載されている機能は在庫管理に「本当に」に必要なものだけに絞られているため、初心者でも使いやすいのが特徴です。
また、導入後は業種・業態に合わせたカスタマイズが可能で、自社のニーズに合った、本当の意味で「使いやすい」ソフトに成長させることができます。

■他社の製品と異なる点

  • 他の製品よりもカスタマイズ性に優れている
  • 操作がシンプル

▼成長する在庫管理システムの主な特徴一覧

機能
  • 在庫管理機能
  • 入出庫管理機能
  • 拠点間の移動を一元管理する機能
  • 顧客、販売支援機能
  • 棚卸機能
  • データ分析、集計機能
システム連携
  • 各種システムとAPIで連携
  • 楽天市場やAmazonなど大手ECサイトとの連携が可能
価格
  • システム本体価格70万円
  • 基本保守費用は月額1万7,900円から
  • 30日間の無料お試し期間あり
サポート体制
  • 導入前のコンサルティングあり(※オプション)
  • システムは技術者が常に監視し、安定的かつトラブルのない運用をサポート
  • 電話によるサポートあり
対応業種 EC事業、販売業、卸売業、製造業など

下記に該当する方は、成長する在庫管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

成長する在庫管理システムの導入をおすすめする人

  • 初心者でも使いやすいクラウド型在庫管理システムを探している
  • 最初は在庫管理機能に絞り、利用する中で必要な機能を追加していきたい
  • 各種システムとAPIで連携できるシステムを探している
  • 自社業務に合わせてカスタマイズしやすいシステムを探している

2-2. 複雑な在庫管理もお任せ!アラジンオフィス

アラジンオフィス

出典:Aladdin Office

アラジンオフィスは、導入実績5,000社以上、リピート率98.2%を誇る、人気の在庫管理システムです。
このシステム最大の特徴は、業種や業態に特化した機能をパッケージ化して提供している点です。

適応業種は多岐にわたり、アパレル、食品はもちろん、医療や鉄鋼、非鉄業界にも対応しています。

また、アラジンオフィスではWEBとリアルの両面から在庫管理を支援する「CROSS-OVERソリューション」というサービスを提供しており、これを活用することで、ECサイトと実店舗、両方の情報を一元管理することができます。

■他社の製品と異なる点

  • 他社の製品に比べて、かなり幅広い業種に対応している
  • 他システムとの連携性に優れている

▼「アラジンオフィス」の主な特徴一覧

機能
  • 在庫管理、販売管理を中心としたパッケージを提供
  • 生産管理、輸入管理、プロジェクト管理などもオプションとして追加可能
  • CROSS-OVERソリューションにより、複数ECサイトと複数実店舗の一元管理が可能
システム連携
  • 下記のように、あらゆるシステムと連携可能
  • 販売、在庫、店舗管理システム
  • 会計システム
  • BtoB向けWEB受注システム
  • 業務改善ツール
  • ハンディターミナル
  • WMS、EDI、RFID、POS、CRM、RPA
  • オンライン請求書発行システム、伝票発行システム
  • バーコードタグ発行、RFIDタグ発行
  • 勤怠システム
価格 非公開
サポート体制
  • コールセンターあり
  • コールセンター応答率99.0%
  • 導入前に、専属チームによるコンサルティングあり
  • 導入後も、運用テストや訪問による研修、指導など、本稼働に向けたサポートを受けられる
対応業種 あらゆる業種に幅広く対応

アラジンオフィスの導入をおすすめする人
・ 複数の店舗とECサイトを運営しており、これらの情報を一元管理したい
・ 在庫管理がかなり複雑で、業務に支障がでている
社内に様々なシステムを導入しており、これらと在庫管理システムをしっかり連携させたい
業種、業態にあった在庫管理システムがなかなか見つからない

2-3. 簡単な操作で在庫管理を効率化する「ZAICO」

ZAICO

出典:ZAICO

ZAICOは、シンプルな機能でわかりやすく、誰でも簡単な操作で在庫管理ができる、クラウド型在庫管理システムです。
月額980円から利用できるうえ、あらゆるパソコンやスマートフォンでサービスを利用できるため、導入にあたって高額な専用機器を購入する必要もありません。

■他社の製品と異なる点

  • 他社の製品に比べて、利用料金が安い(無料で利用することも可能)
  • シンプルな機能で、初心者でも操作しやすい

▼「ZAOCO」の主な特徴

機能
  • 在庫管理機能
  • バーコード、QRコードのスキャンによる入出庫情報の管理機能
  • 複数拠点の在庫管理機能
  • 棚卸機能
  • 発注点管理機能(在庫数が設定値を下回ると、アラート表示)
システム連携 データのインポート・エクスポート機能により、他システムとのデータ連携が可能
価格
  • 初期費用なし
  • 月額980円から利用可能
  • 無料プランあり
サポート体制 メール、チャットによる対応がメイン
対応業種 EC事業・小売業・卸売業・販売業・輸入販売業・製造業など

下記に該当する方は、ZAICOの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ZAICOの導入をおすすめする人

  • 社内にある機器を利用して、クラウド型在庫管理システムを利用したい
  • システムの利用にかかるコストをなるべく安く抑えたい
  • シンプルな操作で在庫管理ができるシステムを探している

2-4. 幅広い業種に対応可能な「eee CLOUD」

eeecloud

出典:eee CLOUD

eee CLOUDは、テービック株式会社が提供するクラウド型在庫管理システムです。

受発注管理や入出庫管理、棚卸といった在庫管理に必要な機能が標準装備されており、汎用性が高いことから、様々な業種で導入することが可能です。
また、このシステムでは現在の在庫管理だけでなく、入出庫データをもとに将来発注する在庫の管理も行えるため、在庫切れや納期遅れなどのトラブルを防ぐことができます。

シンプルな見た目で、簡単な操作で在庫管理ができるのも、魅力的なポイントでしょう。

■他社の製品と異なる点

  • 搭載されている機能の汎用性が高く、幅広い業種で導入できる
  • 現在の在庫管理だけでなく、将来発注する在庫の管理もできる

▼「eee CLOUD」の主な特徴

機能
  • 在庫管理機能
  • 入出庫予定/実績管理機能
  • 倉庫移動予定/実績管理機能
  • 棚卸機能
  • 在庫アラート機能
  • 受発注管理機能
システム連携 既存システムとのデータ連携可能(Lite版・Standard版)
価格
  • 初期費用無料
  • 月額2万円から利用可能
  • 2週間の無料お試し期間あり
サポート体制
  • メールによるサポートが基本
  • 社外連携のサポートシステムあり
対応業種 EC事業・卸売業・販売業・製造業・サービス業など

下記に該当する方は、eee CLOUDの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

eee CLOUDの導入をおすすめする人

  • 在庫管理の正確性を高め、在庫切れや納期遅れなどのトラブルを防ぎたい
  • 製造業やサービス業でも利用しやすいクラウド型在庫管理システムを探している
  • シンプルな見た目で操作しやすいシステムを利用したい

2-5. 無料プランあり!EC事業に特化した「ロジクラ」

ロジクラ

出典:ロジクラ

ロジクラは、EC事業に特化した在庫管理システムです。
在庫管理に必要となる基本的な機能が標準搭載されており、複数拠点(3拠点まで)の在庫を一元管理することができます。

また、1拠点の在庫管理であれば、無料でシステムを利用できるのも嬉しいポイントです(出荷量50件/月まで)。

ただし、システムの利用には専用のハンディターミナルもしくは、システムと連携したiPhoneを導入する必要があります(Androidは非対応)。

■他社の製品と異なる点
・ EC事業に特化したシステムになっている
・ システムの利用には、専用のハンディターミナルなどが必要になる場合がある

▼「ロジクラ」の主な特徴一覧

機能
  • 在庫管理機能
  • 入荷、入庫管理機能
  • 出荷、出庫管理機能
  • 棚卸機能
システム連携
  • 外部システムとのデータ連携可能
  • 受注管理システム「ネクストエンジン」「CROSSMALL」と連携
  • ECカート「Shoppy」と連携
  • 店舗クラウドPOSシステム「スマレジ」と連携
  • 「STORES」と連携
  • ロボット物流サービス「XTORM」と連携
価格
  • 初期費用無料
  • 月額9,000円から利用可能
  • 14日間の無料お試し期間あり
  • 無料プランあり
サポート体制 電話、チャット、メール、オンライン面談によるサポート体制あり
対応業種 EC事業・小売業

下記に該当する方は、ロジクラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ロジクラの導入をおすすめする人

  • 拠点が3つまでの事業者
  • 無料でクラウド型在庫管理システムを利用してみたい
  • 社用のiPhoneがあり、システムを導入しやすい環境にある
  • EC事業に特化した在庫管理システムを探している

2-6. 在庫管理・販売管理を効率化したいなら「flam」

flam

出典:flam

「flam」は、株式会社FLIPLOGICが提供するクラウド型在庫管理システムです。
このシステムは販売管理に特化しており、在庫管理はもちろん、見積書の作成や売掛金の回収予定、販売・仕入れなどについても一元管理できます。

小売業の方、ECサイトを運営している方は、このシステムを上手に活用することで、日々の業務をかなり効率化できるでしょう。

■他社の製品と異なる点

  • 在庫管理だけでなく、売掛金の回収予定や販売、仕入れも一元管理できる

▼「flam」の主な特徴一覧

機能
  • 在庫管理機能
  • 販売管理機能(見積作成、受注、出荷など)
  • 売上管理機能
  • 入出金、売掛管理機能
  • 仕入れ管理機能
  • 各種帳票印刷機能
システム連携
  • データのアップロード、ダウンロード機能により、他システムとのデータ連携が可能
  • 会計システムとのデータ連携も可能
価格
  • 初期費用無料
  • 月額9,300円から利用可能
サポート体制
  • メールによる対応が基本
  • オプション料金を払うことで、電話サポートを受けられる
  • 年間70回以上の自動バージョンアップを実施
対応業種 EC事業・小売業・販売業など

下記に該当する方は、flamの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

flamの導入をおすすめする人

  • 初期費用を安く抑えたい
  • 販売業に特化した在庫管理システムを導入したい
  • シンプルな操作で在庫管理ができるシステムを探している

2-7. 手厚いサポートを受けられる「楽楽販売」

楽楽販売

出典:楽楽販売

楽楽販売は、在庫管理はもちろん、業務データの集計・分析に適したクラウド型在庫管理システムです。
CSV形式でのデータ取り込み・出力による外部システムとのデータ連携ができるのはもちろん、APIの利用が可能であるため、色々な種類のシステムと連携させることができます。

初期費用がかかること、月額料金が高めであることがネックですが、手厚いサポートを受けられますし、セキュリティ対策も万全です。

■他社の製品と異なる点

  • 手厚いサポートを受けられる
  • 外部システムとの連携性に優れている

▼「楽楽販売」の主な特徴一覧

機能
  • 在庫管理機能
  • 受発注管理機能
  • 見積管理機能
  • 請求管理機能
  • 営業案件管理機能
  • 顧客管理機能
  • プロジェクト管理機能
システム連携
  • 外部システムとのCSV形式でのデータ取り込み、出力による連携が可能
  • 他システムから送信される定型メールの内容を解析し、そのデータを登録
  • APIによる外部システムとの自動連携が可能
価格
  • 初期費用15万円
  • 月額6万円から利用可能
  • 無料お試し期間あり
サポート体制
  • システム導入前に、営業担当によるコンサルティングあり
  • スタッフによる、メールや電話での手厚いサポートあり
  • 学習ツール、動画マニュアルの提供あり
  • 個別相談会の開催あり
対応業種 EC事業、卸売業、販売業、製造業など

下記に該当する方は、楽楽販売の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

楽楽販売の導入をおすすめする人

  • APIを利用して、色々な外部システムと連携させたい
  • サポート体制が充実したクラウド型在庫管理システムを利用したい
  • セキュリティ対策が万全なシステムを利用したい

2-8. EC事業に特化した在庫管理システム「TEMPOSTAR」

TEMPOSTAR

出典:TEMPOSTAR

TEMPOSTARは、EC事業の在庫管理に特化した、クラウド型在庫管理システムです。
楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどと連携可能で、複数のECサイトを運営している方も、各サイトの在庫情報を一元管理することができます。

また、電話サポートに対応しており、障害発生時は即時に対応してもらえますので、在庫管理システムを初めて導入する方も安心して利用できるでしょう。

■他社の製品と異なる点

  • EC事業に特化したシステムになっている
  • 電話によるサポートを受けられる

▼「TEMPOSTAR」の主な特徴一覧

機能
  • 在庫管理機能
  • 受注管理機能
  • 商品管理機能
  • 複数のECサイトの在庫情報を一元管理
システム連携
  • 楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどに対応
  • 各種物流システムと連携可能
  • 各種決済システムと連携可能
  • 伝票発行システムと連携可能
価格
  • 初期費用無料
  • 月額10,000円から利用可能
  • 30日間の無料お試し期間あり
サポート体制
  • 電話サポートあり
  • 24時間有人体制で障害の有無を監視し、障害発生時は即時に対応
対応業種 EC事業

下記に該当する方は、TEMPOSTARの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

TEMPOSTARの導入をおすすめする人

  • EC事業に特化したクラウド型在庫管理システムを導入したい
  • 電話サポートを受けられるシステムを導入したい
  • まずは無料で、システムの利便性を実感してみたい

2-9. アパレル業界に特化した在庫管理システム「イチゴクラウド」

イチゴクラウド

出典:イチゴクラウド

イチゴクラウドは、アパレル業界に特化したクラウド型在庫管理システムです。
基本的な在庫管理機能により複数拠点の在庫を一元管理できるのはもちろん、ECショップの作成代行サービスやWEB展示会開催のサポートも受けられます。

イチゴクラウドにはまた、過去の在庫データや販売データなどから売れ筋商品を予測する機能や、最適な営業手法を提案する販促機能も備わっています。

在庫管理だけでなく経営戦略、販促戦略まで立てられるというのは、事業を拡大させたい方にとって魅力的なポイントでしょう。

■他社の製品と異なる点

  • アパレル業に特化したシステム構成になっている
  • アパレル関連のECサイト運営のサポートを受けられる

▼「イチゴクラウド」の主な特徴一覧

機能
  • 在庫管理
  • 過去のデータをもとにした課題解決支援
  • データ分析
  • ECサイト作成代行サービス
  • 顧客対応代行サービス
  • WEB展示会の開催サポート
システム連携 非公開
価格 非公開
サポート体制 電話、メールによるサポートあり
対応業種 アパレル業・EC事業

下記に該当する方は、イチゴクラウドの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

イチゴクラウドの導入をおすすめする人

  • アパレル業に特化したクラウド型在庫管理システムを利用したい
  • 在庫管理だけでなく、経営や販促に役立つ機能もあるシステムを探している

3. クラウド型在庫管理システム選びで重要な5つのポイント

クラウド在庫管理システム選びで重要なポイント

現在、多くのベンダーからクラウド型在庫管理システムが販売されていますが、その機能や特性は、商品によって実に様々です。
企業の在庫管理に必要な機能は業種や業態によって異なり、販売されているシステムの中には、自社に適したものもあれば、そうでないものもあります。

システムの機能や特徴をよく理解せず、自社に適さないシステムを導入してしまうと、在庫管理に問題が生じ、大きなトラブルを引き起こすことにもなりかねません。

そこで、必ず確認したいのが下記5つのポイントです。

クラウド型在庫管理システム選びのポイント

この章では、クラウド型在庫管理システムを選ぶ際に重要な、5つのポイントについてご説明します。

3-1. 自社の在庫管理に必要な機能が備わっているか確認

在庫管理110番

クラウド型在庫管理システムを選ぶ際、まずチェックすべきなのが、自社の在庫管理に必要な機能が備わっているかという点です。

現在、多くのベンダーがクラウド型在庫管理システムを提供していますが、その機能は商品によって様々です。
どんなに優れたシステムでも、自社の在庫管理に必要な機能が備わっていなければ、高い導入効果を発揮することはできません。

クラウド型在庫管理システムを選ぶ際はまず、自社に在庫管理に必要な機能をすべて洗い出し、検討している商品にその機能が備わっているかどうか、確認しましょう。

また、在庫管理システムの機能の中には、「利用する中で初めてその必要性に気付く」というものもあります。
それを見越したうえで、機能面をある程度カスタマイズできるシステムを選んでおくのもおすすめです。

3-2. 社内のシステムとデータ連携できるかどうか確認

社内のシステムとデータ連携できるかどうか確認

販売管理システムや生産管理システム、基幹業務システムなど、既に何らかのシステムを社内に導入済みの場合、そのシステムとクラウド型在庫管理システムの間でデータ連携できるかどうかについても、必ず確認しておきましょう。

導入するシステムが社内のシステムと連携できるか

システム間でのデータ連携ができないと、既に利用しているシステム内の情報を一切利用せず、在庫情報だけを別で管理するという、かなり非効率な作業をすることになってしまいます。

クラウド型在庫管理システム選びにおいて、社内システムとデータ連携ができることは必須条件といっても過言ではありませんので、必ず確認しましょう。

また、データ連携の可否を確認する際は、その「方法」についても確認しておくことが大切です。

▼システム間のデータ連携方法の種類

データ連携方法 概要
ファイル転送 データを送る側のシステムから、必要な情報をファイル出力し、これを、SMB、FTP、CIFSなどの通信規格により、データを受け取る側のシステムに送信する。
API
  • システムの一部をインターネット上で外部に公開し、その情報を共有。
  • APIの利用によるシステム間のデータ連携がリアルタイムで可能になる。
  • ただし、APIを実装するには社内にプログラミングの知識を持つ人が必須。
  • また、APIで連携しているシステムの機能に変更があった場合は、その都度、プログラムの改修作業が必要。
メッセージ
キューイング
  • データを送る側のシステムから、一度、第三のシステムにデータを預け、受け取る側のシステムが、ここからデータを受領する。
  • 送信側・受信側ともに、好きなタイミングでデータの送受信ができるものの、大容量のデータ送受信には不向き。

どの方式にもメリット・デメリットがありますので、どの方式が自社に向いているのか、検討している方式でデータ連携するとして、現実的に問題なく運用できるのか、慎重に検討しましょう。

3-3.システムの利用料金が適正かどうか確認 システムの利用料金が適正かどうか確認

クラウド型在庫管理システムを選ぶにあたっては、システムの利用料金が適正かどうか、という点についてもしっかり熟慮しましょう。

システム導入にあたり考慮すべき主な費用は、下記の通りです。

▼システム導入にあたり考慮すべき費用

  • 初期費用…システムを導入するにあたり、1度だけ必要になる費用
  • ランニング費用…毎月のシステム利用料金
  • 人件費…システム運営の責任者の選任など、システム導入によって発生する人件費
  • その他費用…スタッフの教育コスト、端末導入費用など

クラウド型在庫管理システムは、「初期費用+月額利用料」という料金体系になっているものが一般的です。
そこでまずは、自社の在庫管理に必要な機能があるシステムの利用料金がどのくらいなのか、しっかりリサーチしましょう。

■ 初期費用と月額利用料以外の費用が必要になるケースもある!

クラウド型の在庫管理システムを導入したとして、これをすぐに使いこなせる人は多くありません。
システム運営にあたっては責任者を任命する必要があるでしょうし、スタッフの教育も必要になるでしょう。
その場合、システムの利用料金に加え、人件費やスタッフの教育費用が必要になります。

また、これまで紙ベースなどアナログな方式で在庫管理をしていた場合、システム導入にあたりパソコンやタブレットなどの端末を購入しなければならず、そのための費用も必要になります。

これらをふまえた上で必要になる概算費用を予め算出しておくと、システムを導入するかどうか、導入するとしてどのくらいの価格帯のシステムを選ぶのか、判断しやすくなるでしょう。

3-4. セキュリティ対策が万全かどうか確認

セキュリティ対策が万全かどうか確認

クラウド型在庫管理システムを選ぶ際は、「セキュリティ対策」についてもよく確認しておきましょう。

クラウド型在庫管理システムを利用する場合、在庫管理に関する一切のデータは、各端末ではなくクラウド上に保存されます。
もちろん、クラウド上のデータは強固なセキュリティにより保護されていますが、データ保存を社外に委託している以上、漏洩のリスクがないわけではありません。

クラウド型在庫管理システムのセキュリティ体制は、サービスを提供するベンダーによって異なりますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

3-5. サポート体制が整っているかどうか確認

サポート体制が整っているかどうか確認

クラウド型在庫管理システムを選ぶにあたっては、サポート体制が整っているかどうか、という点についてもよく確認する必要があります。

特に、初めてこの種のシステムを利用する場合、実際に運用を開始した後で、沢山の疑問点がでてくることが予想されます。
こういった場合にしっかりサポートしてもらえなければ、どんなに優れた機能のシステムを導入しても、宝の持ち腐れになってしまいます。

サポート体制が充実していることは、システムを有効活用するうえで非常に重要なポイントです。
システム選びにあたっては、下記のようなポイントをチェックしておきましょう。

サポート体制の充実度を判断するためのチェックポイント

  • 操作方法などに関する問い合わせに対して、きちんと対応してくれるか
  • サポート窓口の種類(メール、チャット、電話など)
  • 問い合わせに対するレスポンスの速さ
  • データ漏洩など事故防止のためのメンテナンス体制は万全か
  • データ漏洩など万一のことが起きた場合のサポート体制はどうなっているのか

クラウド型在庫管理システムの中には、無料トライアル利用が可能なところもあります。
サポート体制に不安がある場合は、無料トライアルを活用してみるのも一つの方法です。

4. クラウド型在庫管理システムを導入するメリット

メリット

クラウド型在庫管理システムの導入には、下記のようなメリットがあります。

クラウド型在庫管理システムを導入するメリット

ここでは、これら5つのメリットについて詳しくご紹介します。

4-1. システムの導入コストが安い

システムの導入コストが安い

クラウド型在庫管理システムを導入するメリットとしてまず挙げられるのが、システムの導入コストが安い、という点です。

例えば、自社内にサーバーを設置してシステムを構築する「オンプレミス型」の在庫管理システムを導入する場合、初期コストとして数十万円〜数百万円の費用がかかります。

これに対してクラウド型の在庫管理システムは、クラウド上のサービスを利用する形でのシステム導入となりますので、初期費用をかなり安く抑えられます。
中には、初期費用無料で運用をスタートできるシステムもありますよ!

4-2. サーバーの設置・管理が不要

サーバーの設置・管理が不要

クラウド型在庫管理システムの導入には、サーバーの設置や管理が不要、というメリットもあります。

社内でシステムを構築するオンプレミス型システムの場合、サーバーの設置が必要になりますし、システム導入後も定期的な保守・管理業務が必要になります。
そのためには専門知識のあるスタッフを配置する必要がありますし、これを外部委託する場合、それなりのコストがかかります。

これに対してクラウド型の在庫管理システムでは、クラウド上のシステムを利用するため、社内にサーバーを設置する必要がありません。
また、クラウド上のシステムの保守管理は基本的に、これを提供するベンダーが行います。

つまり、クラウド型の在庫管理システムならば、サーバーの設置や管理の必要がなく、そのための手間とコストを大幅に削減できるのです。

4-3. インターネット環境があれば場所を問わず利用できる

インターネット環境があれば場所を問わず利用できる

クラウド型在庫管理システムには、インターネットに接続できる環境さえあればどこでも利用できる、というメリットもあります。

クラウド型のシステムでは専用ページにログインするだけで、在庫状況を、いつでもどこでも把握できます。
そのため、在庫状況を日報やメールといったアナログな方式で報告する必要がなく、これにかかる時間やコストを大幅に節約できます。

また、クラウド型の在庫管理システムならば、顧客との商談先からシステムにアクセスし、在庫状況を確認したり、受注情報を入力して在庫を確保したりすることも可能です。

タブレットやスマートフォンを使い、いつでも在庫を確認できるというのは、クラウド型在庫管理システムならではの魅力といえるでしょう。

4-4. 在庫情報をリアルタイムに監視できる

在庫情報をリアルタイムに監視できる

複数拠点の在庫情報をリアルタイムで一元管理できることも、クラウド型在庫管理システムならではのメリットです。

クラウド型の在庫管理システムでは、各拠点で入力した下記のようなデータが、すべてクラウド上に保存されます。

  • 在庫数量
  • 入出庫量
  • 受発注量
  • 拠点間の在庫移動情報

そしてクラウド上に保存されたデータは、いつでも、どこでも、リアルタイムで確認することができます。

複数拠点の在庫情報をリアルタイムに確認できれば、在庫数を正確に把握できるのはもちろん、発注ミスや在庫切れによるトラブルを防いだり、過剰な在庫をなくして倉庫のスペースを確保したりすることも可能です。

クラウド型の在庫管理システムならば、本社と倉庫の距離が遠い場合や、繁忙期に拠点を臨時で増強した場合でも、正確な在庫管理ができるでしょう。

4-5. システムの拡張が容易

システムの拡張が容易

クラウド型在庫管理システムには、システムを容易に拡張できる、というメリットもあります。

クラウド型の在庫管理システムにはいくつかのプランが用意されているものが多く、商品の種類が増えたり、システムを利用する人数が増えたりした場合、プラン変更をするだけでシステムの拡張をすることができます。

また、クラウド型在庫管理システムの中には豊富なオプションが用意されているものがあり、追加料金を支払い、これをプラスすることで、自社のニーズに合ったシステムにカスタマイズすることも可能です。

オンプレミス型システムで同じことをしようとすると、かなりの時間・手間・コストがかかるところ、わずかなコストで容易にシステムの拡張ができるのは、クラウド型ならではの魅力といえるでしょう。

5. クラウド型在庫管理システムを導入するデメリット

デメリット

クラウド型在庫管理システムの導入には、下記のようなデメリットもあります。

ここでは、これら3つのデメリットについて詳しく解説します。

5-1. オフライン環境では利用できない

オフライン環境では利用できない

クラウド型在庫管理システム最大のデメリットといっても過言ではないのが、オフライン環境ではシステムを利用できない、という点です。

というのも、クラウド型の在庫管理システムでは、インターネットを介し、クラウド上にあるシステムを利用します。
そのため、インターネットにつながっていないオフライン環境では、システムを利用することができないのです。

例えば、何らかの原因により倉庫のパソコンからインターネットにアクセスできなくなった場合、在庫管理システムが利用できず、業務が滞ってしまう可能性があります。

マルチデバイス対応によりオフライン状態の弊害を回避

近年は、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからも利用できるシステムが沢山あります。
パソコンとは別のネット回線を利用するスマートフォンやタブレットを予め用意し、これらの端末からもクラウド型在庫管理システムにアクセスできるようにしておくと、安心でしょう。

5-2. システムの導入と運用にあたりスタッフの教育をする必要がある

システムの導入と運用にあたりスタッフの教育をする必要がある

クラウド型在庫管理システムの導入には、システムの運用にあたって社内教育をする必要がある、というデメリットもあります。

特に、これまでアナログな方式で在庫管理をしていた場合、この種のシステムを導入すると、在庫管理の方法や業務の流れなど、あらゆる環境が大きく変化します。
そのため、システムの導入後は在庫管理に関わる全てのスタッフを対象に、教育を行う必要があります。

この社内教育を怠ると、システムが稼働したときにこれを使いこなせず、大きなトラブルが起こったり、それにより業務がストップしたり、といった事態に陥りかねません。

システム運用後は最低でも1週間〜10日程度の教育期間が必要ですので、導入から本格稼働までにはある程度余裕をもったスケジュールを組んでおくことが大切です。

5-3. システム障害や情報漏洩のリスクがある

システム障害や情報漏洩のリスクがある

クラウド型在庫管理システムのデメリットとしては、システム障害や情報漏洩のリスクがある、という点も挙げられます。

例えば、災害や大規模停電などが原因でシステムに何らかの障害が発生した場合、在庫管理業務がストップしてしまいます。
また、ハッキングなどにより意図的にシステム障害が引き起こされたり、情報が漏洩したりするリスクもあります。

クラウド型在庫管理システムを選ぶ際は、機能面やコスト面だけでなく、セキュリティ面や万一のときのサポート体制などについても、入念に確認しておくようにしましょう。

6. クラウド型在庫管理システムの導入をおすすめする人

クラウド型在庫管理システムの導入をおすすめ

クラウド型在庫管理システムの導入をおすすめするのは、下記のような方々です。

クラウド型在庫管理システムの導入をおすすめする企業

上記に該当する方は、システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

6-1. 在庫管理システムの導入にかかるコストを抑えたい人

在庫管理システムの導入にかかるコストを抑えたい人

「システムを活用した在庫管理をしたいが、システム導入にかかるコストはなるべく安く抑えたい」という方には、クラウド型の在庫管理システムをおすすめします。

「4. クラウド型在庫管理システムを導入するメリット」でも解説したように、このタイプのシステムではクラウド上のサービスを利用するため、オンプレミス型のシステムのように、社内にサーバーを設置したり、社内でシステムを構築したりする必要がありません。

そのため、システム導入にかかる初期費用をかなり安く抑えられます。

どのような機能を搭載するのか、外部システムとどこまで連携させるのかによっても異なりますが、例えば、既にインターネット環境があり、操作に使えるパソコンなどがそろっている場合、初期費用0円でシステムを導入することも可能です。

在庫管理システムの導入にかかるコストを少しでも安く抑えたいならば、クラウド型の在庫管理システムを検討してみてはいかがでしょうか。

6-2. 複数拠点の在庫情報をリアルタイムに一元管理したい人

複数拠点の在庫情報をリアルタイムに一元管理したい人

複数拠点の在庫情報をリアルタイムに一元管理したい方にも、クラウド型の在庫管理システムをおすすめします。

クラウド型の在庫システムでは、本社や倉庫などの各拠点からはもちろん、外回りの営業担当者も出先から、在庫情報や販売情報、受発注情報などを入力することができます。

複数拠点の在庫の一元管理

そして、入力された情報はクラウド上にすぐさま保存され、保存されたデータは、システム利用者であれば誰でも閲覧することが可能です。

従来、複数拠点の在庫管理では、

  1. 各拠点から在庫情報を報告
  2. 各拠点からの在庫情報を収集
  3. 収集した在庫情報を集計
  4. 各拠点に伝える

といった手順を経る必要がありました。

これに対してクラウド型在庫管理システムでは、複数拠点の情報を「リアルタイム」に「一元管理」できるため、在庫管理にかかる時間と手間を、大幅にカットすることができます。

複数拠点の在庫管理方法に悩んでいる方、在庫を保管する拠点が増えたことを機に在庫管理方法を見直したい方は、クラウド型在庫管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

6-3. 在庫管理システムを少しずつカスタマイズしたい人

クラウド型在庫管理システムは、自社に導入後、システムを少しずつカスタマイズしていきたい方にもおすすめです。

というのも、クラウド型の在庫管理システムには基本機能に加えて様々なオプション機能が用意されており、契約プランをアップグレードしたり、オプションを追加したりするだけで、導入した機能を自由にカスタマイズできるのです。

  • 最初はシンプルな機能だけを導入し、操作に慣れてきたら色々な機能を追加したい
  • まずは必要最低限の機能を導入し、スタッフが操作に慣れてきたら、他の機能を追加したい

という方は、クラウド型在庫管理システムを検討してみてはいかがでしょうか。

■ 在庫管理システムにお悩みの方は、ぜひご相談ください!

在庫管理110番

在庫管理110番では、クラウド型在庫管理システムに関するさまざまな相談を、無料で行っています。

  • 自社内に在庫管理システムを導入したいけれど、どんな機能が必要なのかわからない
  • どんな在庫管理システムを導入すればいいのか、判断しかねている
  • 在庫管理システムを導入してはいるものの、その機能を上手く活用できていない

など、在庫管理に関するお悩みがあれば、どのようなことでも気軽にご相談ください。

まとめ

在庫管理システムの導入

クラウド型在庫管理システムでは、下記のような在庫管理機能を利用できます。

在庫管理システムの主な機能

また、クラウド型在庫管理システムの導入には、下記のようなメリットがあります。

クラウド型在庫管理システムを導入するメリット

現在、多くのベンダーからクラウド型の在庫管理システムが販売されていますが、その機能や特徴は様々です。
そのため、どのシステムを導入するのか選ぶ際は、下記のような点について必ず確認するようにしましょう。

クラウド型在庫管理システム選びのポイント

ただし、クラウド型の在庫管理システムは、誰にでも無条件におすすめできるわけではありません。
この種のシステムには多くのメリットがある反面、下記のようなデメリットもあるからです。

クラウド型在庫管理システムを導入するデメリット

クラウド型在庫システムの導入を検討するにあたっては、これらのデメリットについても十分理解しておくことが大切です。

その上で下記に該当する方は、クラウド型在庫管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

クラウド型在庫管理システムの導入をお勧めする人

在庫管理システムを上手に活用すれば、複雑な日々の在庫管理業務を効率化することができるでしょう。