在庫管理が強い企業の共通点は儲かること

儲かる企業は、企画や商品力の強さに着目されることが多いですが、
その裏側を支えるオペレーションがキャッシュと利益を生む源泉になります。

特にお金に直結する在庫管理に強さが光っています。
在庫管理は、単なる生産性の向上による効率化、コスト削減だけではなく
売上アップ、顧客満足につながる儲ける仕組みです。

在庫管理で売上を上げて、顧客満足を得ている企業をご紹介します。

アップル

1995年に倒産の危機を迎えたアップルですが、その後劇的な
復活を果たしました。ipodやiphoneなどの商品力が注目されますが、
その裏側には在庫管理の改革がありました。
商品点数の絞り込みや、倉庫の集約、部品の標準化など、在庫管理の
改善で行われる手法により、アップルを苦しめていたキャッシュ不足を
解消しました。

コストコ

コストコは、アメリカンサイズの大容量の商品を安く
購入できることで人気です。営業利益の70%以上を年会費から
得ているそうです。
これを支えているのが在庫管理です。

コストコは広大な敷地ですが、商品点数は5000点もないと
言われています。ちなみに、コンビニの商品点数が3000~4000点
くらいだそうなので、商品がとても少ないと言えるでしょう。

コストコは売れない商品は置きません。
売れない商品はすぐに排除される仕組みがあるからです。

これにより、製品の種類数が絞られ、商品を安く仕入れることができます。
さらに大量仕入なので、安く買うことができます。
売れない商品を排除し、売れる商品に絞っているので、製品はどんどん
売れていきます。

鳥貴族

激安の居酒屋チェーン店です。焼き鳥メインで280円均一で若者に
人気です。創業1986年、店舗数は450を超えてます。
メニュー数は一般的な居酒屋の約25-50%も少ないため、大量仕入れ
、廃棄ロスも減ります。
焼き鳥を外注化せず、国産鶏肉を仕入れ串打ちを内製化することにより
コスト削減とともに仕入にかかるリードタイムを短くしています。
結果的に高い鮮度で顧客満足を獲得しています。

いきなりステーキ

製品の種類を限りなく限定しています。
そのため、廃棄ロスを減らし、オペレーションの効率化が両立
できています。
また、立ち食いとすることで、顧客の滞在時間が減ります。
つまり顧客の回転率=在庫回転率が良くなります。
また、焼いてから提供まで10分を切るスピードも顧客回転率
を押し上げています。(工場で言う製造リードタイム

アースミュージック&エコロジー

第2のユニクロと言われるアパレルブランドです。
創業以来の20年間借入れなしで売上高1000億円を
達成しています。
その秘密は在庫回転率にあります。
徹底してROA(総資産利益率)を高める姿勢で、店舗を小さくして
固定費と店頭在庫を抑えています。
また、製品寿命が短くすぐに不良在庫になりがちなアパレルですが、
在庫の消化率を常にチェックし、細かく値引きを行うことで、値引きによる
利益のロスを最小限に抑えています。

儲かる企業の共通点

あえて製造業ではない4社を取り上げましたが、
全ての企業において共通点があります。

それは、次の5点です。

  1. トップの決断
  2. 絞り込み
  3. ロスの徹底排除
  4. 生産性の向上
  5. 現状分析

トップの決断

トップが在庫をどう持つかということを販売戦略から逆算して
徹底しています。ブレない姿勢、やり抜く意思、そして社員が
それを守る環境が出来上がっています。

絞り込み

製品を絞り込み、無駄な在庫を持たないという戦略を
取っています。アースミュージック&エコロジーのように
店舗数を小さくして、置ける在庫の量を物理的に制限するという
方法もあります。(コンビニの戦略と似ています。)

ロスの徹底排除

廃棄や値引き、売れ残りのロスを徹底的に排除しています。
ひとつひとつの価格は小さいですが、積み重ねるとロスの金額
は大きく膨らみます。

生産性の向上

オペレーションの簡素化や基準化を徹底しています。
いきなりステーキのように製品を絞り込めば、社員の習熟する
技術の種類数は少なくて済み、同じ作業が増えるので習得スピ
ードは格段に向上します。

現状分析

どの企業も在庫分析を怠っていません。未来の予測は、現在ある
材料からしか分かりません。「勘」は人により精度が変わります。
分析をすれば数値になるので、基準さえあれば誰にでも判断が
できます。

お金の種は工場に落ちている

売上アップというと、営業や集客、マーケティングなど外に目が向きがち
ですが、実は工場の中に「お金の種」がたくさん落ちています。
そのお金の種は、在庫の種類、量、状態を見ればすぐに分かります。
在庫管理をキーにしたしくみ作りこそ、企業が儲ける仕組みです。

在庫管理に学びの場を!

在庫管理改善支援センターは、在庫管理に解決策が見出せず
お悩みの経営者、担当者向けに「学びの場」を2つご用意しました。

在庫管理講座に行く時間が無い方
ご自宅で学びたい方に
在庫管理の教科書のご案内

講師から直接学びたい方に
短期間で学びたい方に
在庫管理セミナー



儲かる企業の共通点の関連記事