瀬戸内scm中部経済新聞掲載

中部経済新聞に掲載されました

弊社が中部経済新聞(地方で唯一の日刊経済新聞)の取材を受けました。 在庫管理のみを扱っているという専門性と、今注目されているIoT技術を使用した数えない在庫管理を実現するIoT重量計が 目に留まり、取材を受けることとなり
在庫管理システム

在庫管理システム|現場が使いやすいツールの特徴と選び方

売れ筋や最新機能を備えた在庫管理システムが、日々の在庫管理業務で使いやすいとは限りません。 じつは、製造現場の作業員にとって、使いやすい在庫管理システムには特徴があります。 以下、3つのポイントです。 シンプルなボタンで

在庫管理システム導入の成否を分けるもの

在庫管理システムに関するお問合せをたくさんいただいています。 元々、私はプログラマーでもないですしSEでも無いのでシステム屋としては門外漢です。 しかし、導入したシステムについては成功しています。その差を分ける理由を考え
部品表

部品表(BOM・構成表)の作り方と活用方法

部品表は、製品を作るために必要な部品(原材料)とその数量を現すものです。 BOM(Bill of Materials)や構成表とも呼ばれます。料理に例えるとレシピのようなものです。 ※製品の生産とセット品を例にしてご紹介

在庫管理システムを導入する3つのメリット

在庫管理システムを導入するメリット  見える化  システムを導入すれば、誰でもどこからでも最新の情報を共有 できるので、確認作業を無くすことができます。 在庫管理業務で、最も時間を割かれるのが確認・調整業務です。 電話対

在庫管理システム導入の前に知っておきたい在庫管理の基本

在庫管理システムを導入して在庫管理業務を効率よくしたい・・・ そんな思いをお持ちだと思います。しかし、実務経験の無いシステム会社にいわれるがままに導入すると、返って効率が落ち混乱の元になります。混乱が生じる原因は在庫管理