第6次申請分(申請締切日10/3)受付中。
※第5次(9/5締め切り分)は受付終了しました。

在庫管理が全くできていない場合、何から始めれば良い?

紙による手作業の在庫管理
在庫管理110番、在庫管理アドバイザーの岡本です。 在庫管理のご相談で、在庫管理が全くできていない、何から始めたらいいのか、さっぱりわからない・・・ というご相談がありました。 在庫管理システムの導入が必要? バーコード

誤出荷を防止するためには?在庫管理システムが必須!

おすすめのクラウド型在庫管理システム
在庫管理アドバイザーの岡本です。 ユーザーの方から「注文と違う商品が届いた」「商品が足りない」などのクレームを受けたことがある企業の方は多いのではないでしょうか。誤出荷は企業イメージの低下などさまざまな悪影響を及ぼす恐れ

在庫管理システムの導入が失敗する理由はこれ!

課題抽出のステップ
在庫管理アドバイザーの岡本です。 皆さんは、在庫管理でこんなことに悩んでいませんか? ベテラン従業員の頭の中に全てがある(誰でもできるようにしたい) 在庫削減がうまくいかない(過剰・滞留在庫を減らしたい) システムを導入

失敗しないDX化を進めるために一番大切な事

在庫管理アドバイザーの岡本です。 DX化とは、業務をデジタル化して変革する事です。 DX化の前提となる業務のデジタル化とは、ITを導入することに他なりません。 しかし、単なるITツールの導入は、DX化とは言えないどころか

在庫管理ができない会社が多い理由はこれ!

在庫管理ができない理由とは
過剰在庫や欠品、業務の属人化に悩む会社が多いですが、あなたの会社はいかがでしょうか? 先日、酒造会社から在庫管理の相談を受けて、ヒアリングすると面白いことに気づきました。 それは、在庫数の精度(データ上の在庫数量と実際の

在庫管理システムを導入する3つのメリット

在庫管理システムを導入するメリット  見える化  システムを導入すれば、誰でもどこからでも最新の情報を共有 できるので、確認作業を無くすことができます。 在庫管理業務で、最も時間を割かれるのが確認・調整業務です。 電話対

在庫管理システム導入の前に知っておきたい在庫管理の基本

紙による手作業の在庫管理
在庫管理システムを導入して在庫管理業務を効率よくしたい・・・ そんな思いをお持ちだと思います。しかし、実務経験の無いシステム会社にいわれるがままに導入すると、返って効率が落ち混乱の元になります。混乱が生じる原因は在庫管理