在庫管理の教科書

お客様の声
ご購入者はこれまで在庫管理の経験が全くなかったそうですが、
在庫管理の教科書を使って、長年の問題を解消しました。

在庫管理に悩む皆様へ

在庫管理担当者・管理者のための在庫管理

私自身、在庫管理の実務をずっとやっていましたので、
在庫管理担当者の辛さはよく分かります。

  • 会社から在庫管理を命じられた
  • 会社からいきなり在庫を減らせと言われた
  • 仕事を引き継いだが、前任者は勘と経験だけでやっていたので困っている
  • 在庫管理のことを相談できる人が社内にいない(詳しい人がいない)

在庫が多すぎると減らせと言って怒られ、
在庫が少ないと欠品で怒られ、

周囲から相反することを各部署や上司から言われるので、
何をどうすればいいのか、お一人で悩んでいるのではないでしょうか?

在庫管理の課題と悩みを解決

在庫管理の教科書はそんなあなたのお悩みを解決します。

  • シンプルで分かりやすく、すぐに実践できる
  • 在庫管理の未経験者でも改善に成功しています
  • 建設業や医療・介護業でも改善に成功してます

部下をもつ管理者の場合は、部下の教育や指導、研修にも
在庫管理の教科書は役立ちます。(印刷やコピーが自由にできます)

ボタン-在庫管理の教科書担当者入り口top

経営者のための在庫管理

在庫管理の教科書は、次のいずか1つでも当てはまる経営者に
お勧めです。

  • 毎月資金繰りが厳しい
  • 事業を継承して、在庫の多さに愕然とした
    ‐毎月の在庫金額が売上を上回っている
  • 税理士に在庫を減らすように言われた
  • 人材確保に苦労している
  • 棚卸に掛かる時間を減らしたい

作れば売れる、仕入れれば売れるという古き良き時代はもう終わりました。

  • 多品種少量生産
  • 増える競合企業(インターネット・海外)
  • 商品寿命の短命化
  • 人口減少

経営を取り巻く環境は、年々厳しくなっています。
これまでの常識や方法は通用しません。

銀行が助けてくれない時代がやってきます

突然ですが、銀行とお付き合いはありますか?
銀行との取引が無い企業は存在しませんよね。

当然ですが銀行はあなたの会社の決算書を見ています。
その中でも特に注目しているのは売掛金と在庫です。

なぜ、このような事をお伝えするのか?
それは、中小企業と密接にかかわっている地方銀行は、
これからどんどん経営が厳しくなると言われています。

  • 名ばかりの「地方」銀行、25年には86%が赤字の試算も
  • 地銀の6割、9年後には本業で赤字 金融庁が試算
  • 単独では生き残れない!地銀の経営統合、再編が加速

銀行の融資に詳しいある税理士はこう言いました。

銀行も経営が厳しい、だから「経営が危ない」と判断した企業に
はできるだけお金を貸したくないんです。

銀行の監査をしている公認会計士からも指摘をされるそうです。
「このような財務体質の会社にお金を貸すのは問題ですよ」と・・・

かといって、一度に融資を止めてしまうと倒産してしまう。
そうなると貸倒れてしまい、元本すら回収できず共倒れになってしまう。

そのため、銀行はこっそりと徐々に融資を引き揚げる計画を作ります。
例えば、徐々に融資額を引き下げて、中小企業の首をちょっとずつ絞めていく・・・
といった方法を取るそうです。

銀行に頼らない強い財務体質の会社を作る

銀行からの融資に頼らなくても、経営できる状態にしておかなければ
いけません。
その一番の近道は在庫管理です。

在庫管理は、次の2点にとても効果的です。

  • 資金繰りの向上
  • 生産性向上(コスト削減)

キャッシュフローが良くなり、しっかりとお金が残る仕組み
を作れます。

健全な決算書になれば、銀行から高い信頼を獲得できるでしょう。
資金繰りに冷や冷やすることなく、設備投資など、「いざ!」という
時に銀行が気前よくお金を貸してくれる土台を作っておきましょう。

人材の確保

元々、中小企業は人材の確保が厳しいです。
追い打ちをかけるかのように、
人口減少で人材確保が益々厳しくなっています。

当センターが考える在庫管理は、
「分かりやすく、誰にでもできる」

在庫管理担当者を雇う必要はありません。
在庫管理未経験者でも改善に成功しています。
在庫管理の教科書があれば、一から育てることができるでしょう。

一度作り上げた仕組みは、会社を発展させる原動力になる財産
になります。

ボタン-在庫管理の教科書経営者入り口top