安全在庫

安全在庫とは、需要変動などの不確定要素によって、
欠品を程度防ぐための在庫のこと。
安全在庫は、発注リードタイムの期間内に見込まれる
使用量に必要な在庫にさらに加算して持つ在庫のことです。

需要が一定であることはほとんどありません。
一見、需要が安定しているような品物でも、
季節によって変動したり、月末や月初に多くでたりと、
必ず動き(振れ)があります。

その動きに対応するのが安全在庫です。

安全在庫
仮に1日の使用量を10個と想定します。
その時、11個以上を使用するようなことになってしまうと、
1個足りません。
その分だけ欠品になってしまいます。

上記の図の場合、安全在庫を5個と設定して欠品対策に
したため、一時的な使用量の増加を乗り切ることができました。

上記のように、安全在庫で欠品を防ぐことができます。

安全在庫の計算方法

安全在庫の計算方法は以下の通りです。

安全在庫を求める式は、次の数値から成り立ちます。

式で表すと、以下のようになります。

安全在庫=安全係数×使用量の標準偏差×ルート(発注リードタイム+発注間隔)

安全在庫の安全係数

安全在庫の安全係数は、決まった値があります。

一般的に良く使われる値は、以下の表の値を使います。
安全在庫の安全係数

よく採用される安全係数は1.65です。
(欠品許容率5%)

安全係数とは、欠品をどれくらい許容するかというもので、
100%から欠品許容率を引いたものになります。

つまり、欠品許容率5%ということは、100回のうち5回は
欠品が起こるかもしれないということになります。

欠品許容率は、エクセルの関数のNORMSINVを使って
求めることもできます。
式で表すと、

欠品許容率=NORMSINV(1-割合)

欠品許容率5%の場合は、次のようになります。

NORMSINV(1-0.05)≒1.65

この式を使えば、上記の表に無い工場にとって
都合の良い数値を求めることができます。

使用量の標準偏差

安全在庫を求めたい対象の部品や製品の過去
の使用(出荷・販売)数量から求めます。

手計算だととても難しいですが、
エクセルの関数を使えば簡単です。

標準偏差を求める関数は、STDEV関数です。
エクセルには、標準偏差に関する関数がいくつか
ありますが、STDEV関数で問題ありません。

標準偏差を求めるとき、データが多ければ多いほど
現実的な値に近づきます。

ルート(発注リードタイム+発注間隔)

発注リードタイムと発注間隔の合計のルート(√:平方根)です。
平方根もエクセルのSQRT関数を使えば簡単に求められます。

発注間隔とは、次の発注日までの日数のことです。
定期発注の時だけに使います。

例えば、毎週水曜に発注する場合、計算する当日が
月曜日なら、発注間隔は3日になります。

なお、不定期発注(発注点発注など)の場合は、
発注する日は決まっておらず、必要に応じて発注
するため、発注間隔は0日になります。

安全在庫の計算例

安全在庫の計算方法

発注リードタイムが5日の部品だとします。
(実際にエクセルで計算しました)

欠品許容率を5%と設定します。

安全係数の表から、数値は1.65になります。

次に、STDEV関数を使って使用量の標準偏差を求めます。
(実務で計算する場合は、データ量はもっと多いほうがいいです。)

最後にSQRT関数を使って、発注リードタイムのルートを求めます。

それらを全て掛け算すると安全在庫が出ます。
安全在庫=6.8363という結果になりますが、6.8個という
数字は存在しないので、繰上げして7個にします。

これが今回の安全在庫になります。

安全在庫を計算できる書式をご用意しました。
その他にも在庫管理や在庫分析に役立つ書式が
ありますので、ぜひご利用ください。
在庫管理書式ダウンロード

使用量の標準偏差は適切か?

この安全在庫の求め方は、調査対象が正規分布であることを
前提にしています。
正規分布でないと、誤った結果になる危険があります。
そこで、ヒストグラムを作成してみて、データのかたちを
見てみます。
(正確に調べる場合は、検定をしますが実務でそこまで
求める必要はありません)

正規分布に近いかたちでしたら、問題ないです。

安全在庫で欠品を100%防ぐことはできない

安全在庫の目的は欠品を防ぐことですが、
事実上、欠品を100%防ぐことはできません。

どれだけ安全技術が進歩しても交通事故を100%なくす
ことができないのと理屈は同じです。

安全在庫の式を見ても分かる通り、確率から
安全在庫を求めています。

確率論では、限りなく100%に近づけることは
できますが、100%というのはありません。

もし、絶対に欠品を起こしたくないのであれば、
無限に在庫を持つ必要があります。

資金やスペースが無限にあり、余裕が有り余っている
場合は、無現に在庫を持って、品切れを0%にできる
かもしれません。(絶対に欠品を起こさないという
保証は誰にもできない)

理論上の安全在庫は実務では過剰在庫になりがち

この安全在庫の求め方を実際に実務で使ってみた感想です。

個人的な見解ですが、上記の式を使って算出した安全在庫
明らかに過剰でした。

データのばらつきもあるので、いくつか計算をしてみ
たのですが、これで求めた値を全ての在庫に適用すると
とんでもない在庫金額になります。

答えをはっきりと出したい、専門家(特にIT在庫管理シ
ステムの専門家)は、この式の使いたがることが多いですが、
実際に適用すると返って在庫が増えます。
(欠品がなくなりましたよね?と言われるかもしれませんが・・)

ここで求めた値はあくまでも目安にすることをお勧めします。
採用する場合も、徐々に減らす方向で考えたほうがよいと思
っています。

適正在庫安全在庫は違う。

安全在庫とは、在庫の下限値です。
安全在庫適正在庫と誤った説明が多く世の中に出回っています。
安全在庫

実際に、安全在庫を設定してさらに過剰在庫が増え大変困っている
会社もあります。

私は、
適正在庫とは、在庫の下限値だけではなく、上限値も決める事だと考えています。

つまり、次のような状態です。

適性在庫

適正在庫は、在庫の上限も設定するので、過剰在庫を防ぐことができます。
逆の言い方をすれば上限を設定してこそ、適正在庫と言えます。

私の経験でも安全在庫を設定すれば、安心と思っていると
在庫はどんどん増えます。

過剰在庫が多い時はなぜか欠品も増えるのです。
(それにも理由があります)




バナー_まずはこちらへ